母の入院準備

無理矢理決断したカナダ旅行をなんとか無事に終えて、ほっとしたのもつかの間。


母が「入院したい」と言ってきた。最初はまるで在宅の先生から勧められたかのような言い方だったのだけれど、良く確認してみると、自分から「入院した方が楽になりますよね?」と話題を持ち出して、先生に「そうだと思います」と言わせたらしい。

「痛い」とか「ご飯を全然食べられない」というのは前から言っていることで、電話でさも重大な感じでも、直接会ってみると、大丈夫じゃん!ってことが多かったので、実際のところはよく分からないけど、いずれにしろ本人的に「もう限界」と感じているのは事実だ。どうやら、母自身は「自宅で過ごす」ことには何のこだわりもないようす。あくまで自宅にこだわるのは、父のことを考えての私たちのエゴというもの。そばで生活の面倒も見て上げられない状態では、これ以上ガンバレというのも酷な話だよね。そもそも父しかそばにいない状態で、誰が母の最期を看取るのか、というのも実はむずかしい問題だと感じてた今日この頃なので、やはり最期は入院するのがいいのかなと、私も思い始めていたところだった。

ここのところ診察のたびに痛み止めの量を増やしてもらっているのだが、あまり効き目はないとのこと。先生も「本来ならもっときめ細かく増やしてあげたいけれど、急に何倍にも増やすことはできないので」と言う。そもそも「痛みが強くなれば、2週間に1回の処方では間に合わなくなる」というのは、先生が緩和病院探しを勧めてきたときにも言っていたことだった。まさにその時期になっているということね。

火曜日にその電話をしてきて、そのときは父のこともあるので「急ぐ話ではないけれど」と言っていたので、1,2週間かけて準備を進めて・・・というつもりでいた。病院に問い合わせても、今現在だと差額ベッド(一日1万円)がかかる部屋しか空いていないというし。父のためのヘルパーさんを依頼し、ペースに慣らしつつ、空きを待つのがいいかなと。

ところが今日木曜日になったら、「高い部屋でもいいから、早く入りたい。もうお金には換えられない」という。痛い、痛いと言いつつ、また2週間先生を待つだけという状態が耐えがたいらしい。在宅の先生に対して「頼りない」「親身になってもらえない」という不信感もあるようだ。

本人曰く、顔の腫れもひどくなってきたらしい。「あの先生はそいういうのは一切治療してくれないんでしょ?」と言う。いやいやそれは、入院したって同じであって、どんな病院に入院してもどうにもならないのだと告げるとちょっとショックだったようだけど、仕方が無い。

いずれにしろ、もう少し痛みをなんとかしてもらいたい、食べられない分点滴でもなんでもしてほしい、というのが本人の希望なのだ。

そうとなれば一日も早く入院させてあげなくては。

再度病院に電話をしその旨告げると、「最悪明日でもいいですか?」と言われたけれど、日曜日に両親と姉と私とケアマネさんも交えて今後のことを相談する予定なので、最短月曜日でいいですとお願いする。「確認して折り返します」と言われたきり、今日はタイミングが合わなくて返事をもらえなかったのだけれど、たぶんなんとかなるだろう。

そこまで辛そうな母にこれ以上食事の支度をさせるのも不憫なので、とりあえず明日金曜の夕飯分はお弁当を届けるように手配した。土曜日も手配して、日曜日は私が行くので作ってあげれば、もう母はお台所に立たなくてすむ。だからあと3日がんばって!と言ったら、ほっとしたようだった。

病院を探すと言い出したときは本人は不満げだったけど、結局あの時点でアクションとっておいたのは大正解だった。と、母も分かってくれたかな。

あとは、父の世話をどうするか。ケアマネさんの知恵も借りつつ、うまい方法に落ち着くといいのだけれど。

ってなわけで、いよいよ最終ターンに入りまーす。

2017.07.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 介護



読書録:『アリガト謝謝』


2011年の東日本大震災のとき、台湾の人たちがもっとも多額の募金をしてくれたというのはよく知られている。これは、台湾在住30年の文筆家が、そのことを取材し物語仕立てでまとめた本。おおざっぱに言って、なぜ台湾の人はこんなにもしてくれたの?という素朴な疑問に答える内容となっている。

第一章は、台湾の事実上の日本大使館に勤める若い女性の目から「その日」の台湾の様子が描かれる。第二章では、台湾各地の人がどんな風に募金活動に参加したかをさまざまな人の目線で見る。そして第三章では、台湾からの支援に感謝しようとひとりの女性が行動を起こし、ネットで仲間を募り、台湾の新聞に感謝広告を掲載するまでの話。

感謝広告プロジェクトの過程では、その女性をバッシングする声なども出てきたりするけれど、基本、すべてが「いい話」でまとめられていて、さわやかな感動物語という感じ。

実際、うちの夫も震災直後に台湾に出張に行き、街中のあらゆるところに募金箱があってビックリしたと話していた。そもそも台湾が大変な親日国であることは日本でも有名な話。同じ日本統治を受けた国なのに、なんで?という疑問は私も感じていて、昔その手の本を読んだことがある。自分が台湾に旅行したときも、通りがかりの人にすごく親切にしてもらったこともあった。

とはいえ、あまりに「台湾は日本が好き」話ばかりなので、ちょっと面はゆいところはある。特に筆者が在台30年とはいえ日本人なので、これが純粋な台湾人の書いたものなら、もっと素直に感動できたかなという気もするかな。

それは差し引いたとしても、ここに書かれていることはウソじゃないだろうし、読んでいて心が温かく物語だと思う。

もし、台湾っていう国、あんまりよく知らないんだけど?という人がいたら、ぜひ読んでみるといいと思うよ。

2017.07.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書録



暑い暑い日本に帰ってきた

日曜日の夜、無事羽田便で帰国。


覚悟はしてたけど、暑いにゃー。なまじ1週間涼しいところにいた分、よけいに辛いかも?(^^;)(ザマーミロ!と思ってる人いるでしょ?(笑))

8月開催の東京五輪、カナダから来た選手は日本ではベストパフォーマンスを発揮できないのではと心配になったよ。。。

さて、突然のカナダ逃避行の旅。

おかげさまで、日常のさまざまから解放されて悠久の大自然に触れ、なんか人間なんてちっぽけだよねー、いろんなこと、自然の営みの前にしたらなんでもないじゃん!的な気分を味わえたのは大収穫かな。

2年前の世界一周のときにナイアガラの滝(トロント)に入って以来、二度目のカナダ。前回は東海岸、今回は西海岸ということもあって、同じ国でもだいぶ雰囲気が違って見えた。

夏のトップシーズンとあって観光客が多かったけど、半分以上は中華系。毎日中国語と韓国語を耳にしない日はなかった。最近はヨーロッパに行ってもそういうことは多いけれど、特にバンクーバーの街は、そもそも東アジア系の移民の人がものすごく多いようで、働いている人もほとんどが黄色人種な感じ。羽田からバンクーバーが行きは8時間って近さだからね。食べ物屋さんもアジアンフードがいっぱいある。きっと、ヨーロピアンな人たちが来たら、むしろすごく違和感があるのかも。

あと、インド系の人が多かったのも印象に残った。サリーを着た女性、頭にターバンを巻いた男性。インドとカナダってちょうど地球の間裏っていうぐらい、距離的には離れてるけど、同じイギリス連邦の国だからなのかなぁ。

お店では、スタバとサブウェイがどこにでもあったのも目についた。(入ってないけど)

ところで、バンクーバーといえば、7年前に次女が短期留学をした街。滞在中に聞いてみると、通っていた語学学校が私たちの泊まっていたホテルのすぐ近くだということが分かったので、一応外観だけ見物してきた。

あの甘ったれな次女が、よくもこの知らない街で、ひとりで1カ月過ごしたよねと、ちょっと感無量。当時はLINEとかなかったのも良かったのかな。今だったら、いちいち「ママ、どうしよう!」ってヘルプが来ちゃいそうだ(笑)。手段がなければ、それなりに自分でなんとかするものね。

いずれにしろ、バンクーバーは日本人が住む外国としては多分すごく住みやすい街。ヨーロッパ好き、歴史好きな私からすると、わーっ!っているだけでテンション上がるような雰囲気ではないけれど、今回は、下調べもほとんどなくのんびり大自然を満喫が目的だったので、大満足。

2017.07.18 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 日々のできごと



バンクーバーに来たよ

カナディアンロッキーを5泊6日で満喫したあと、カルガリー経由で飛行機に乗り、バンクーバーに戻ってきた。ここで2泊して土曜日の夕方飛行機に乗り、羽田には日曜日の夕方着く予定。
日本でのいろいろはすっかり忘れて、100%エンジョイ!と言いたいところなのだけど。。。
実は3日目の夜に寒くてヒーターを入れて寝たら喉をやられて、あらマズイ、、と思ってたら、どんどん体調が悪化。4日目の夜はずっと高熱にうなされて死にそうだった(涙)。今回は行きの飛行機で酔うこともなく順調だと思ったのに、まさかこんな目にあうとはね。我ながら自分の体力のなさ?病弱?が嫌になる。もー、せっかくきたのにー!のどぬーるを忘れて来たのは、痛恨のミスだった!
おまけに、ちょうどその頃日本では母が私に連絡がつかないと大騒ぎしていたようで。要件は母の勘違いで、大したことはなかったんだけど。wifiの入るところまで来た時に姉からのLINEをキャッチして、うんざり。
とまあ、いろいろなんだけど、喉はまだかなり痛いものの大分元気になったし、母の様子も大丈夫そうなので、あと2日羽根を伸ばさせてもらおう。
愚痴ばかりじゃなんなので綺麗な写真もはっておきまーす。基本はとっても楽しんでます!




2017.07.15 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類



グレイトネイチャー!

土曜日の夜便で出発して時間を逆戻りしてその日の夜遅くに、バンクーバー、カルガリー経由でバンフという街に到着。
今のところなんとかお天気にも恵まれて、大自然を満喫してます。


ところで、バンフとかレイクルイーズとかいう地名を聞くと思い出すのが、ずーーーっとむかしに見たドラマ。時任三郎が出てて、カレーライスがなんとか? うーん思い出せないと思って調べて見たら、「ライスカレー」ってタイトルだった。陣内孝則とか中井貴一も出てたのね。懐かしいなあ。覚えてる人いるかしら?

2017.07.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類



«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: