Entries

テープ起こしの神ソフト「okoshiyasu2」のウィンドウの大きさを修正する

最近、取材してきた内容をテープ起こしする機会が多い。そこで重宝しているのが、「Okoshiyasu2」というソフト。前にも紹介したことがあるので、詳しくはそのときの記事をどうぞ。(okoshiyasu2は、スゴイぞ

ただし、このソフトは公開されてから大分たつもので、更新は行われていない。動作確認されているのはXPまでなので、その後のOSには完全に対応していないところがある。無料ソフトなので文句を言えないのが辛いところ。

たとえば、私の使っているWindows7だと、ウィンドウの中に表示されている文字がすべて見えない。どういうことかというと、このプログラムを起動したときに小さなウィンドウが立ち上がるのだけれど、ウィンドウが小さすぎて、操作ボタンなどが表示されないのだ。ウィンドウサイズは固定されているのでマウスでドラッグして大きくすることもできない。

okosyiyasu1.png 

※設定変えてからキャプチャしたので、無理矢理トリミングした画像だけど、イメージとしてはこんな感じで、右下が切れちゃうの。

ただ、いろいろ調べて、iniファイル(設定ファイル)をちょっと書き換えてあげるだけで解決することが分かった。

ということを見つけたのは随分前なんだけど、ちょっと前にPCをリカバリしたときにまたインストールし直しになって、振り出しに戻ってしまった。「えっとー、何か方法はあったはずなのに、なんだっけ?」と思い出せなくてまた検索の旅に出る羽目になった(自分のブログには書いてなかった)。

同じことを繰り返すのもなんなので、今回はちゃんと書いておかなくちゃ。

iniファイルの場所は、

【C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\Okoshiyasu2】

プログラムを一回終了した状態で、上記のフォルダの中にある、Oko2.iniというファイルをメモ帳などで開き、以下の部分を修正して上書き保存すればOK。

SelfHeight=350  ←表示画面の高さ
SelfWidth=450  ← 表示画面の横幅
lblPosition2Left=230 ←タイムが表示される部分の左端
lblPosition2Top=70 ← タイムが表示される部分の上から

※赤字にした部分が、修正した箇所。

再びプログラムを起動すると、ウィンドウサイズが大きくなって、画面が全部見えるようになりまする。

okosyiyasu.png 


これで解決!→未来の自分&検索でたどりついた誰かさん。

ちなみに、もうすぐWindows10へのアップグレード期限がきちゃうけど、10にしてもこのソフトちゃんと動いてくれるかなぁ???



Wordの単純作業をツールボタンに登録する

去年から関わってる単行本の執筆。事情があってお尻がのびのびになっていたのが、いよいよ終わりが見えてきた。

9割方は書き終わっていて、見直し作業中。原稿はWordで普通に横書きしているんだけど、出版の印刷は縦書きになる。縦書きの場合、2桁の数字は半角で、それ以外の1桁、3桁以上の数字やアルファベットは全角にしないと、印刷にしたときに横向きになっちゃう。

入力時からそのように変換すると、ATOKの辞書が学習しちゃうので不便。他の原稿は、特にWeb媒体だったりすると横書きなので。

だから、入力は普通に半角にしておいて、最後に全角に直す。

単行本1冊分となると量も多いので、これが結構な作業。マクロを組めば、一括で変換もできるっぽいのだれど、2桁の数字は半角のままにしておかないといけないので、使えない。

最初は、「Ctrl+Y」という、「直前の操作を繰り返す」ショートカットキーを利用してやってた。だけど、「Y」のキーって真ん中ぐらいにあるので、Ctrlと同時に押すのは結構大変。

それを続けてたら、手が痛くなってきちゃった。いかん。このまま続けたら腱鞘炎か何かになりそう。

急がば回れで、いろいろ調べて、「半角を全角にする」という操作を、「CtrlL+Q」というショートカットキーに割り付けることにした。

方法は簡単。

こちらのページに図入りで詳しく載っているので、やってみたい人は見てみてね。

これで、劇的にラクになった~。

さー、ラストスパートがんばりましょー。

ネットワークプリンタがつながらないトラブルを解決

なんだか昨日から、つながらない病に悩まされていて疲労困憊。

最初はスリープから復活するとインターネットがつながらなくなった。→なんとなく解決?

次はプリンタがつながらない。

うちのプリンタはWiFi対応モデルなので、PCとは直接ケーブルではつながってない。なのでつながらなくなると、ややこしい。。。

WiFiの設定をやり直してみても、ダメ。いったんPCからプリンタをざっくり削除して再びインストールしようとしたら、今度はインストールができない。「プリンタの追加」でネットワークプリンタの一覧に見えてこないのだ。

困った。困った。困った。

いろいろ悩んだあげく、ようやく印刷できるようになったので、(また同じことがあったときのために)覚え書き。

1.「スタート」→「コンピュータ」の画面で、左側の「ネットワーク」をクリック。

2.ここにはプリンタが見えていたので、それをダブルクリックすると、Webブラウザ上にはこんな画面が表示される。

canon.png

3.右下の「詳細設定」をクリックすると、「通信状況」の詳細が表示されるので、そこからIPアドレスをコピー。

4.「スタート」→「デバイスとプリンタ」→「プリンタの追加」→「ネットワークプリンタを追加します~」

5.「探しているプリンタはこの一覧にありません」をクリック

6.「TCP/IPアドレスまたはホスト名を使ってプリンタを追加する」をクリック。

7.さっきコピーしたIPアドレスを入力

これで、無事プリンタが追加され、印刷できるようになった!

何がいけなかったのよく分からないので、また再発しそうで嫌だなぁ。
あいかわらず、PCからWiFi経由のネットはつながらないし。。。

OneDriveの無料プランが縮小される?

今朝、パソコンを起動したら、いきなりブラウザにこんな画面が。

002d97d23b9d02d5147b6b34b8a52f0d.png

マイクロソフトがやっているクラウドサービスOneDriveの容量を表示した画面。

OneDriveは、ずいぶん前から無料で利用できる容量ぎりぎりになっていて、PCを起動するたびにデスクトップ右下に警告画面が出るようになっていた。その吹き出しをクリックすると容量を確認もしくは有料プランへ変更できるこの画面が表示されるようになっている。いつもは無視しちゃうんだけど、今日はたまたま、間違えて、クリックしちゃったみたいだ。

そんな偶然でたまたま開いた画面。ついでなので、「無料ボーナス」をクリックしてみると、誰か新規ユーザーを紹介すれば、その人と私と両方に0.5GBずつ無料容量が増えるというリンクが表示された。「SNSに投稿」なんていう親切なリンクまであるので、久しぶりにまた宣伝でもしてみようかと思い立った。

となると、改めて説明しなくちゃいけない。最近使ってないから自分でも良く覚えてないので、お勉強の旅にでてみると。

前書きが長くなったけど、ここからが本題。

なんと、このOneDrive、今までは基本無料で使えるプランの上限が15GBまでだったのが、5GBに縮小されるという。2015年11月2日にアナウンスされたようで、新システム移行時は「2016年初旬」としか発表されてない。

ただし、2016年の1月中に「ある申し込み」をすれば、従来のユーザーはそのまま15GBまで無料で使えるというのだ。

マイクロソフトによる情報ソースはこちら

はて。私の場合、まさにその「無料の15GB」プランなんだけど、実際は、さっき書いたようなボーナスなどですでに40.5GBも使ってる。(残りは1.6MBらしい)

無料プランが15GB→5GBになったら、どうなるんだろう?あっさり5GBに戻っちゃうことはなさそうだけど、ボーナス部分だけが上乗せされて、つまり10GBだけ減って30.5GBになるの?

情報をあさってみても、答えは見つからない。

ただ、容量をオーバーしている人にはマイクロソフトから個別にお知らせメールが届くとある。そんなの見た覚えないんだけどなぁ。でも、旅行行ってる間に貯まったメールだと、タイトルだけざーっと眺めて気づかずに消しちゃったかもしれない。

いずれにしろ、新システムに移行されてから1年はそのまま保存しておいてくれる猶予期間があるらしいので、即座に削除されちゃうということではないらしいけど。

私の場合、ここにしか保存してない昔の写真がたくさんあるので、もし使えなくなるなら、またどこか他の場所に保存しなおさないとだ。HDDより大手のクラウドの方が安全とか思ってた時期もあるけど、こういうことがあるから、やっぱりコワイよね。

と、宣伝にならない話になってしまったけれど。。。
結果的に、知らなかった情報をキャッチできたので、ラッキーというべきか。
これを機会に現在保存してある昔の写真をローカルに戻して保存容量を空けて、スマホ→PCへの一時的なインポート用に使うっていう使い方がいいかも、と個人的には思い始めてる。

とりあえずスマホの写真を自動的にPCにアップロード(同期)できるという意味では、とてもとても便利なものです。なので、一応宣伝も付け加えておこう(笑)。

で、最初に戻って。
スマホとPCの写真、簡単に同期できないかなぁと思ってる人がもしいたら。
このリンクから登録してもらうと、私もあなたも、0.5GBボーナスで容量が増えます。

そして、すでに使ってる人は、冒頭にリンクをはったMSの公式サイトに、無料で15GB使い続けるための申し込みリンクがあるので、そちらからどうぞ。2016年1月中なので、忘れないうちに、今すぐやるのがよろしいかと。簡単なので。

Googleカレンダーの共有スケジュールをiPhoneから見る

新年になって、新しい手帳をに取り替えて!と言いたいところだけど、iPhoneを使うようになってからはスケジュールはオンラインのみでの管理になってる。Googleカレンダーを使うとパソコンとiPhoneで同期して使えるのがとても便利なので。毎年新しい手帳を買わなくても良いし、何年前の予定もさかのぼれるしね。

ただ、私以外の家族の予定は、相変わらずリビングのカレンダーに手書きされていた。家族もみんなGoogleカレンダー使ってくれれば便利なのに……というぼやきを何年も前にここで書いた記憶があるけど、みんな一向に関心を示さないのであきらめて、壁に貼られたカレンダーを見て自分のGoogleカレンダーに手動で入力するという面倒臭いことを続けていた。

それが、今年。 ついに、わが家も全面デジタルに移行が決定!!!!パチパチ

リタイヤして以来、趣味のオーディオのお友だちづきあいに忙しい夫がGoogleカレンダーの使用を承諾してくれたのだ。

さっそく共有設定をして私の方からも見えるようにした。……はずなのに、なぜかPCからは見えるけど、iPhoneからは夫の分の予定が見えない。なんで~??

教えてGoogle先生!

Google先生を介してたどりついた一般人のブログによると、iPhoneで共有カレンダーを見るには,別途設定が必要らしい。

http://www.google.com/calendar/iphoneselect 

上記URLにアクセスすると、表示させたい共有カレンダーを選択できるようになってるので、チェックを入れればOK。

このブログでは、iPhoneでアクセスしろと書いてあったのでそうしたけど、今PCでリンクをクリックしても同じ設定画面に飛ぶので、大丈夫かも。

iPhoneのカレンダーアプリで設定項目を探しても見つからなかったのは、iPhoneのカレンダーはあくまでGoogleカレンダ-と同期しているだけだから、Googleカレンダーの方で設定しなくてはダメだったわけだ。

そして、その設定画面はパソコンでGoogleカレンダーを開いているときには出てこないので、iPhone用の設定画面にブラウザからアクセスする、ってところが味噌だったわけで。

またそのうち忘れちゃったときのためのメモでした。
なお、Googleカレンダーの共有の仕方については、リンク貼ったブログに出ていたので、そちらを参考にどうぞ。

Appendix


クリックで救える命がある。

Profile

びっけ

関東在住で松田聖子と同じ年。フリーでライターをしてます。

Extra

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: