逃げたアワビ

今年は、長女も次女もいない私の誕生日。当日は、夫が電話会議だというので、一日遅れの昨日、地元のお店でお祝いしてもらった。

このお店、カウンター席では目の前の鉄板でシェフが焼いてくれるのを見せるのがウリらしい。予約の電話でも、「お二人様ならぜひカウンターで」と勧められた。

この日は、2人用の美食家コースとやらをオーダー。フォアグラだのアワビだの伊勢エビだのステーキだのが、ちょっとずつ味わえるというもの。お肉をドカンというよりこういうのが嬉しい。

まずは前菜のようなものが出た後、フォアグラを焼きだしたシェフ。塩を振ったり油をひいたり仕草も、なにげにパフォーマンスを意識してる感じ。片面を焼いて、ひっくり返して、そろそろ焼けたかなというところで、食べやすいように鉄板の上でカットしようとしたら……。

身が柔らかすぎて、グシャグシャに潰れちゃった(笑)。

そしたら、シェフったらおもむろに首をかしげ、そのフォアグラを鉄板の隅のゴミ入れ?にポンって捨てちゃったよ~。あれ、もったいない。食べる分にはかまわないのに。でも、シェフのプライドが許さないのかな。

そして、また1からやり直すのを待つこと10分ぐらい?(今度は崩れないように粉つけて焼いてた)

やっとありつけたフォアグラは、そりゃー柔らかでおいしゅうございました♪

そして、次に取り出したのがアワビ。

これまた、パフォーマンスを意識した動作でひっくり返したり切れ目を入れたり。最後に、手前に引き寄せようとしたとたん……。




なんと、アワビが床に落下!!!!!!!!!!!



シェフ。ため息……。
もちろん、目の前の私たちが凝視していたのは百も承知。私たちが息を呑んだのも伝わっただろう。「イキがいいですねぇ」ぐらい言ってあげればよかったかなと、後から思ったけど、あのときのあの凍り付いた雰囲気では、何も言えなかった-。

さすがに1回厨房に戻って、心を落ち着けるシェフ(笑)。


再びアワビを持って登場。その後は、伊勢エビもステーキもガーリックステーキも、ハプニングなく終わりましたが。


いやー、それにしても。落ち込んだだろうなぁ。
年齢的には私たちと同じぐらい?の、ベテランぽいシェフなのよ。
(注:後に夫の証言によると、「もっとずっと上だろう」とのことでした)

この日、私たちがいる間、他にはお客さんがいなかったこのお店、フォアグラとアワビなんて高級な食材ムダにしちゃって、儲けがふっとんじゃったのではないかと心配(笑)。

帰宅後も、思い出すたび夫と二人笑いが止まらない。
おかげで、楽しい?思い出になりました。
お味は、とってもおいしかったよ~。
(シェフが目の前で貸し切りだったので、写真は自粛)
(シェフが見つけて落ち込むとかわいそうなので、今回はあえて店名は伏せておきます)


2011.08.26 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 食べ歩き



お誕生会@渋谷

今度の日曜は長女の23回目の誕生日。たまたま昨日私が東京で夕方に取材だったので、夜みんなで落ち合って食事をすることにした。

場所は、渋谷マークシティ内のイタリアン。
トラットリア ディペッシェ パッパーレ イタリア

この店を選んだ1番の理由は、駅に近いこと。マークシティ内なら駅から直結で行けるから寒くないだろうと。現地で集合にしてもみんな分かりやすいかなとも思ったし。

ところが。
1番に着いた私。マークシティに着いてフロアガイドを見ると、このお店は2階なのに、1回外に出て外階段から直接入ることしかできないらしい。そんな~。なんとかたどり着けたけど、みんなわかるかな。

とりあえず「1階を突き進んで、一度外に出てはいるみたいだよ」と、全員にメールしておく。

数分後、夫から電話。「わかんないよ~」。
しょうがない、電話越しに音声ナビ。

ましてや次女、わかんないだろうなぁ。マークシティ自体知らないっぽかったし。(一応都内の大学に通う大学生なのだが)

やはり電話がかかってきたので、またまた音声ナビ。「わかんないよ~、こんなの。」

まもなく長女からも「今駅着いたよ~」と電話があった。ただ、彼女は自分でフロアマップを見ながら電話してきたようで、「説明すると、あ、わかったわかった。」とすぐやってきた。私と同じく説明書を読むのが嫌いじゃない長女なので、まずはフロアマップを見て探すという思考回路も同じなんだな、きっと。(それ、フツーだと思うけど!)

ということで、なんとか4人が無事集合。

頼んだのはぐるなびコース3000円なり。

110120_1923~01
前菜のブルスケッタ。

続く、
「サラダ 本日炙り鮮魚のカルパッチョ サラダ仕立て」は、写真とりわすれ。。

110120_1945~01
イベリコ豚のラグーとキタアカリ芋のクロケッタ(=コロッケ)


本日のパスタ(燻製ホタテのクリームソース)とメインのシーフードのトマト煮みたいのも、写真撮り忘れ。

110120_2049~01

デザート。

110120_2048~01

予約のときに頼んでおいたら、長女の分だけHappyBirthdayって飾りをつけてくれたよ♪

気取った感じのレストランではなく、割とカジュアルな感じ。
お味はどれも、おいしかった。
ドリンクは、ロゼのフルボトルを夫と私、長女の3人で飲んで、未成年の次女はグレープフルーツジュース。

2時間ほどいて外に出てみると。
あれれ、マークシティ閉まってる。ってことは中を突っ切れないのね。
ってことで、結局寒かった。。。残念。すぐ駅なんだけどね。

2011.01.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 食べ歩き



シロコロ!

昨日、近所のホルモン屋に行った。目的は「シロコロ」。さて、知ってる人はどのぐらいいるかしらん?

「シロコロ」とは、要するにブタの腸らしいんだけど、これが去年11月の「B-1グランプリ日本一」になったとかで、今、地元じゃちょっとしたブームなのだ。

このグランプリ、つまりは各地のB級グルメのコンテストみたいなものらしくて、去年11月に行われた第二回大会で、見事シロコロが一位に輝いたというわけ。

元々、この辺はホルモン焼き屋さんが多いんだけど、このニュースが報じられて以来、シロコロの食べられる店が大人気。昨夜行った「とび蔵」という店も、ちょっと前まで閑古鳥で、毎日お店の前でチラシ配りしていたぐらいで、いつ潰れるかと思っていた。それが、このシロコロバブルで、毎日満員の大盛況。実は先日も行こうとしたんだけど、「シロコロはもう売り切れ」と言われてリベンジだったのだ。

で、そのシロコロ。
CA390035001.jpg

食べてみると、別に特別おいしいってもんでもなく(笑)。
いや、普通においしいけど、一度食べてみればもういいや、っていう程度。
白くて、ころころしてて、見た目はかわいいけどね。
名前がかわいらしいのも女性客に人気のポイントかも。
ブームが去るのも早そうだけど。

このお店、うちから徒歩3分程度のところにあるんだけど、実はもうちょっと手前、徒歩2分程度のところに、地元では有名なホルモン焼き屋がある。こちらは、今までも行列のできる人気店だったけど、シロコロブームで前にも増しての大人気のようす。今度こっちにも行って食べ比べしてみようかな。

ロマンスカーではるばる食べに来たレポートもあった(笑)。

何はともあれ、街の活性化には役立っているのかも。

2009.01.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 食べ歩き



世界一の朝食

「卵料理の王様、 "世界一の朝食を作る"男」こと、ビル・グレンジャーって、ご存じ?

前に「英語でしゃべらナイト」に出てたのを見たんだけど、その後、あちこちでも話題になっていたみたいな彼、この3月に鎌倉にお店をオープンしたらしい。

話題の店だけあって、連日行列ができる大賑わいだとか。昨日、夫が平日休みをとれたので、ドライブがてら、行ってみることにした♪

目指すは、bills SHICHIRIGAHAMA。場所は七里ヶ浜の海岸通り沿い。

朝8時半頃出て、しっかり渋滞にはまって、たどりついたのが、9時50分頃。お店は9時オープンなので、すでに満席。しかも1時間待ち。。名前だけ書いてもらって、向かいの海岸で時間をつぶすことにする。

GAIKAN.jpg

これが、お店の外観。コンクリート打ちっ放しで、オシャレというか地味というか、看板とかも目立たない。あらかじめ写真で見てなかったら、わからなかったかも(笑)。レストランはここの2階。

STREET.jpg

お店の前は、すぐ海岸通り。ここにも隣接の駐車場があるけど、食事をしてもタダにはならないらしいので、もっと安いという、通りをはさんで向かいにある、鎌倉プリンスの駐車場に入れた。1時間400円。

SEA.jpg


江ノ島はすぐそこ。それほど暑くもなく、風が気持ちよかった。でも、日差し浴びまくりで日焼けしたかも~。
TENNAI1_20080618230852.jpg


11時ごろ、ようやく入れた。店内は、すごくゆったりしたレイアウト。調度品もこだわって選んでる感じでおしゃれ。

TENNAI2.jpg


カウンター席もあったけど、海に背を向ける形になるので、もったいないかな。

080617_1105~0001


オーダーしたドリンクは、、、なんだっけ。名前忘れちゃった。ピンクのがイチゴとなんとかのジュースで、長いほうがローズなんたらレモンウォーターとか、そんな感じのすっきり味。

080617_1106~0001

スウィートコーンフリッター
カリカリ、さっくりのフリッターはコーンのほのかな甘みがする。トッピングには、ベーコンとか、アボカドとか。

080617_1115~0001

一番有名な「リコッタパンケーキ」
ふわふわのパンケーキは、それほど甘くなくておいちい。バナナ添え。

どちらも、うわさにたがわずおいしかったけど、量はほんのちょびっと。
しめて、4200円なり。朝食で! 高っ(笑)。

ま、お店の感じはよかったし、「話の種」としてはよかったけど、この値段と、行列を考えるとねぇ。
私たちが帰る頃には、「2時間待ち」って言われてたし。平日でこれだと、休日はどうなるやら。これから夏になると、ただでさえあの辺は、すごい渋滞なのに。きっと車を止めるのもむずかしいんじゃないかなぁ。

結局、朝ご飯をほとんど食べず、ブランチの時間になっちゃったのに、お腹いっぱいにならなかったので、隣のセブンイレブンでおにぎり買って食べた(爆)。


AMALFI.jpg

駐車場に戻って、ふと見上げると、すぐそばに、いつか行ったイタリアンレストラン「アマルフィ・デラ・セーラ」が!(赤いパラソルのところ)→前に行ったときの日記はこちら

あそこは、おいしいけどそれほど高くないし、どの席からも海が見えるし、開店ちょっと前に行けばOKだし。もう一度行きたいな。





2008.06.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 食べ歩き



長崎旅行記アップしたよ

長崎旅行の写真を、ちょびっとフォートラベルにアップしました。
長崎旅行記その1(浦上~稲佐山)
長崎旅行その2(やすらぎ伊王島)
長崎旅行記その3(グラバー園など)

それ以外のマメネタを写真でご紹介。
080503_1328~0001

ざぼんアイス。
RIMG0206-1.jpg

ビールではありません。ざぼんジュース。

RIMG0182-1.jpg

長崎名物「角煮まん」

RIMG0208-1.jpg

カステラ神社??中に何があるのかは、謎。

RIMG0155.jpg

長崎港で見かけた不思議なクレーン車。なぜ、キリンのラッピング?と思ったら、どうやら「高みの見物」をさせてくれるサービスらしい。

RIMG0161-1.jpg

あちらでの移動はもっぱら路面電車を利用。こちらにもPASMOみたいなものがあるらしい。「積増」って、チャージのこと?

お天気に恵まれたのはよかったけど、暑かった~。そして、どこへ行っても、とにかく坂や階段の多いこと(;;)。おまけに、ほとんどが石畳なので、足が、足が・・・。長崎の人はみんな健脚なのでしょうか。

そういえば、街を歩いているときに、道案内をしてくれた地元のオバチャンが階段を下りながら教えてくれた話によると、長崎ではゴミ収集のときに、ゴミ箱をソリのようにして、階段をすべりおろすのだそうだ。こちらのページに写真付きで説明があったので、ごらんあれ。生活の知恵~。

今回の旅は、ひとことでいうと、「歴史をお勉強する旅」だった。原爆だったり、隠れキリシタンだったり、出島の貿易だったり、幕末の出来事だったり。行った先々で、展示してある説明文をじっくり読むことが多かった。特に初日に行った原爆資料館では、被害の記録だけでなく、核開発の現状なども詳しく解説してあり、核廃絶への真剣な思いが感じられて、いろいろと考えさせられた。幕末の歴史というのも、今まであまりよく知らなかったのだけれど、もっとお勉強してみたいな、なんて思ったり。そういう意味でも、いろいろと収穫のあった旅行だったような気がする。






2008.05.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 食べ歩き



«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: