FC2ブログ

映画『パラサイト 半地下の家族』

今公開中の韓国映画。私は先月アイスランド行ったときに飛行機の中で観た。なかなかおもしろかったと思っていたら、日本公開後も評判がいいらしいのでご紹介。


主人公のキム一家は、父母に学生の息子、娘がいる4人家族。学生のバイトを含めて全員が失業中で、半地下の汚い部屋で貧乏暮らしをしている。そんなある日、息子が友人のピンチヒッターでお金持ちのパク家の子供の家庭教師を引き受けたことから運命の歯車がまわり始める。

機転を利かせて、家族全員が他人のふりをして運転手、お手伝いさん、家庭教師などとしてパク家にもぐりこんでいく前半は、そんなうまくいくわけないじゃーんってツッコミながらもケラケラ笑えるコメディタッチ。

ところが後半、この家の地下室に前の家政婦夫婦が隠れて暮らしていたことが見つかってから、ホラーというかサスペンスというか、怒涛の展開となっていく。

最初笑わせて途中からシリアスになり、泣かせて終わるって韓国映画のあるあるだ。しかしこの映画は泣くというよりは、もうお口あんぐりな結末。え~、そんなのあり?っていう、予定調和のなさは、そういえば韓国ドラマでもときどき見かけたパターンだったかも。

お父さん役のソン・ガンホという俳優さんは、古くは『シュリ』『JSA』『殺人の追憶』など、日本でもヒットした作品でも主演していて、韓国映画では超有名な大物だ。ホン・ジュノという監督も、たぶん私が知っている唯一の韓国人監督かもという有名な人。

そしてこの作品は昨年のカンヌ映画祭でパルムドールを受賞。さらに今年のアカデミー賞でも、作品賞、監督賞など6部門でノミネートされている。

貧乏人と大富豪って、韓国ドラマでもいつも出てくる世界だったけど、この映画でも描かれている格差社会が、今となっては全世界的にホットなテーマってことなのかな。


2020.01.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画など



映画『人生をしまう時間』

埼玉県の堀ノ内病院というところの訪問診療チームに200時間密着し、その中の2人の医師と、彼らが担当する9人の患者の看取りを追ったドキュメンタリー映画。


公式サイトはこちら

この中に登場する、全盲の娘が二人暮らしで父を看取る話は見たことがある?と思ったら、以前NHKで放映した番組の拡大版として制作されたのがこの映画だったらしい。

その番組は、2018年6月に放送された「BS1 スペシャル 在宅死 “死に際の医療”200日の記録」。You Tubeに動画が残ってた(→こちら)。

医師のひとりは、なんと森鴎外の孫という80歳。東大病院の名外科医だったが、もっと一人ひとりと密接に関わりたいという思いを抱えて終末期医療に携わるようになった。自分で車も運転し、まだまだシャキッとしているとはいうものの、老老介護ならぬ、老老診療? でもその姿を見ていると、年が近いからこそわかりあえる空気というものがあるように感じられて、病院の第一線で経験を積んだ人が、定年後にこういう役割に回るというのは、理にかなっているようにも思われた。

たとえば、ショートステイを嫌がる患者に、「家族を楽にさせてやらなきゃ」と諭す場面。「その間家族は温泉とかにも行けるじゃない」「私留守番できるから行っていい」「いやいや、それじゃ家族は温泉に入っててもくつろげないでしょ、その辺のことも考えてあげないと」というようなやりとり。「自分だって明日はどうなるかわかんないけど、お互いにがんばりましょうよ」とかね。患者としても、自分と年の近い人から言われるほうが素直に受け取れるだろう。

一方で、50代の末期がん患者のケースでは、うーん、その言葉は100歳近いお年寄りならともかく、50代の人が受け取るにはちょっと?と感じられる部分もあったり。その点、本来この患者の主治医になっているもうひとりの50代医師の方が、よりその気持ちに寄り添えている印象もあった。

いずれにしろ、どちらの医師も、患者本人だけじゃなく、介護にあたる家族の気持ちも慮っているシーンが印象的だった。

どの患者のケースも、医師と本人、家族の会話だけを淡々と追う。ナレーションもない。こちらに掲載されている監督のインタビューによると、映画化に関してはあえてメッセージ性を打ち出さないという方針でつくったという。ケースバイケースで何が正解とは言えないテーマだけに、その方が見る人がそれぞれの受け取り方ができてよいのかもしれない。

ひとつ個人的に思ったのは、母のときに訪問医療をやってもらう先生をもう少し時間をかけて真剣に探せばよかったということ。亡くなる半年ほど前に3ヶ月ほどお世話になった医師は、あの頃も書いたけれど、すごく若くて、どちらかというと冷たい感じのする人だった。何か嫌なことがあったというわけじゃないけど、私も母本人も「この先生に任せれ安心」みたいな気分にはなれなかった。

あのときは、最初に何人かの先生に断られて、受け入れてくれる人なら誰でも!みたいなわらをもすがる気持ちになって、即決しちゃったのだった。でも結局、最期の看取りまでは無理ですということになって、緩和病棟を探すことになった。あの状況ではそれも仕方ないかなと思っていたけれど、それにしても、もう少し私や母の「気持ち」に寄り添ってほしかったなぁと思う。

母が亡くなった後、在宅医療に関する本などをたくさん読んで、もっと親身になってくれる医師に出会えていたら、いろいろ違ったのかもと思ってしまう。「もっと頻繁にお見舞いしてあげればよかった」というようなことは、「いや、でもあのときはアレが精一杯だった」と自分を納得させてるけど、この点についてだけは、もっとうまいやり方があったはず……と悔やまれる。映画が出てくる病院が埼玉だっただけに、この先生に診てもらっていれば!とかね。同じ埼玉とはいえ距離的に通ってもらえる範囲だったかどうかは分からないけれど。

「悔いのない介護はない」って言うけどね。そんな後悔をしないためにも、この手の情報探しは早め早めに、気持ち余裕のあるうちに!が大事と改めて思ったのでした。

2020.01.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画など



是枝監督、カトリーヌ・ドヌーヴ主演の『真実』

是枝監督が、フランスの大女優とタッグを組んだということで昨年話題になった映画。日仏合作という感じではなく、エンドロールの字幕で名前が出てくるだけで、知らずに見たら普通のフランス映画だ(フランス人がどう感じるかはわからないけど)。


ドヌーヴが演じるヒロインは70歳になる国民的大女優。毒舌でわがまま、言いたい放題、やりたい放題。でも演技に関しては妥協しない。その分家庭を顧みなかったので、娘は反発している。そんな彼女が手記を出版することになり、「嘘ばっかり」とその内容に文句を言うために娘家族がニューヨークからやってくるところから物語は始まる。

彼女は今ある映画の撮影中。その映画とは病気の治療のために違う星に住み、7年に1度だけ帰ってくるという女性を描いたSFストーリー。宇宙に行っているヒロインは年を取らないのでいつまでも若いまま、やがて娘の年齢を追い越してしまう。この劇中劇の部分でも母娘の関係がフォーカスされつつ、大女優と娘の母娘の葛藤の歴史が描かれていく。

ヒロインは、一口で言って嫌なオバサン(笑)。でも、かっこいい。往年の美貌はよく知らないけれど、今もなお美しいし、太った体もむしろ貫禄美というか。是枝監督のインタビュー記事で「(是枝監督の作品によく出ている)樹木希林を彷彿させる」という表現があったけど、たしかに「トシを取って何が悪いの」とでも言いたげな凛とした姿は通じるものがあるかも。(後から気がついだけど、去年のちょうど今日、是枝監督、樹木希林出演の『日々是好日』を見てた!)

登場人物が過去を振り返るところで、「記憶はいいかげんなもの」みたいなセリフが何度も出てくる。ある人がそう思い込んでいた事実も、他の人から見ればまた違った事実がある。タイトルの「真実」っていうのは、その人それぞれの記憶の中にあるもので、ただひとつ正解があるわけじゃない、というようなこと?

特段おもしろいストーリー展開があるわけじゃないけれど、ずっと目が離せなかったし、印象に残るシーンやセリフもあったりで、なかなか良かったかなと思う。

ところで、カトリーヌ・ドヌーヴって名前はよく知ってるけど、この人の出ている映画って何か見たことあったっけ?と思って作品リストを見てみたら、ひとつだけあった。


初老の夫婦がマンション探しをする物語で、たぶんカトリーヌ・ドヌーヴの映画だとは意識してなかった。普通のきれいなオバサンだと思ってたかも(笑)。(そのときの日記はこちら

アマゾンプライムで無料で見られるものもいくつかあったので、若き日々の作品も見てみようかな。


2020.01.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画など



映画『記憶にございません』

先月書いたまま下書きで残っていた日記。

三谷幸喜監督の最新作『記憶にございません』を観てきた。6本みたら1本無料のTOHOシネマで観たので、久々のロードショー中の映画だ。

movie.jpg

三谷幸喜の映画は前はよく観てたけど、いつの頃からか「つまらない」という噂を聞いて遠ざかっていた。今回たまたま暇だったので。

中井貴一演じる主人公は史上最低といわれる総理大臣。石を投げられたのがきっかけで記憶喪失になり……というドタバタ喜劇。いかにも三谷幸喜にありそうな筋書きだ。

感想としては、基本はコミカルでクスクス笑えるシーンはたくさんあったものの、思ったほどじゃない。意外にストーリー寄りというか、よくも悪くも普通な感じ。レビューを観ても「後味がよかった」「おもしろかった」という声がある一方で「物足りない」「あっさりしすぎ」「長く感じた」という声があるのは、よく分かる。個人的にも冗長でひねりも少なかったなぁという印象。すべて予想通りというか。草刈正雄のオチなんて特に。映画なので、もうちょっと、ハラハラしたり、え?ってびっくりするようなシーンも欲しかったような。

三谷映画につきものの、「こんなところにこんな人」シリーズでは、元NHKの有働さんは、最後の方のシーンになってやっと気がついた。この配役はなかなかおもしろかった。若い人は絶対知らないだろう(笑)山口崇は、セリフもいっぱいあるシーンだったのに、最後に顔と名前のテロップが出るまで気が付かなかった。もう82歳だって!(お元気です)

最後に文字だけのテロップで「天海祐希」というのを見つけて、「どこ?」と気になり、帰宅後検索してみたら、あ~これは絶対わからないわってシーンだった。知らないで見て気がついた人がいたらすごい(笑)。

そんな感じで、すっごい面白かったとは言えないけど、金返せ!というほどつまらなくもない映画でした。


2019.11.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画など



映画『旅の終わり世界のはじまり』

書きそびれたけど、ちょっと前に見た映画。公式サイトはこちら


前田敦子主演のこの映画を見た理由は、全編ウズベキスタンロケで撮られた映画だから。ウズベキスタンは、そのうち行ってみたいと思って狙っているところなのだ。

ウズベキスタンってどんなとこ?という人のために、「ウズベキスタン」というGoogle画像検索で出てきた画面のキャプチャを貼っておこう。
uzu.jpg

前田敦子演じるヒロインは、テレビの旅番組のレポーターという設定。ディレクターやカメラマン、アシスタントの男性3人とクルーを組んで、現地から旅レポートを撮影して歩いている。グルグル回る遊具に何度も乗せられてゲーゲーしたり、生焼けのまずい料理を食べさせたりと過酷な体験もしながら、プロ根性を発揮してにこやかに画面に収まる。そんな彼女は、本当はミュージカルをやりたいという夢がある。しかし今はその夢を封印して目の前の仕事を淡々とこなしていた彼女が、ある体験を経て、何かを見つける?みたいなお話。

いわゆるアイドル映画ではなく、ちゃんとした映画という印象。ほとんどすべてがあっちゃんが写ってるカットで、走るシーンも多くてなかなか大変そう。個人的には、普段よく旅番組を見るので、その裏話をのぞいたようで興味深かった面もあった。

肝心のウズベキスタンは、ものすごくきれいに撮ってるというわけでもないので、これを見たからといって「やっぱりぜひ行かなくちゃ!」と思うことはなかったけど、雰囲気をつかめたのはよかったかな。

近いうちに行けますように!



2019.09.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画など



«  | ホーム |  »

びっけのおすすめグッズ

カレンダー(月別)

12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: