Entries

勝手にモノビジョン

ここ何年か、ずっと困っていた老眼対策。(←もう開き直ってハッキリ書いちゃう)

すごい近眼なので、裸眼なら近くは見えるけど、遠くが全然みえない。
近視用のメガネやコンタクトだと、遠くはみえるけど、近くが見えない。

そこで、遠近両用メガネとか、遠近両用コンタクトとか、いろいろ試してきた。
(これまでの出来事は、←のカテゴリメニューから「メガネとコンタクト」ってやつをみてね)

最近は、家の中では中近メガネ、外に出かける時は遠近両用コンタクト、もしくは遠近両用メガネにしていた。しかし、いよいよ老眼が進んできたらしく、遠近両用といえど、メガネやコンタクトをしていると近くが見えない。
特にここのところ、旅行先でスマホの地図を見るようになると、これが見えにくいのは致命的。そこで仕方なく、外に行くときも、コンタクトではなく遠近両用メガネをして、近くを見るときはメガネをはずしてみるという方法しかなくなってしまった。でも、いちいちメガネをはずすのも、面倒くさいし、年寄りくさいし。

そこで、いろいろ考えた結果、コンタクトレンズのモノビジョンってのを試してみることにした。

これは、以前眼科医にも聞いたことのある方法で(眼科医の意見)で、左右どちらかの度を意図的に落とすことで、片方で遠くを見て、もう片方で近くを見るという「分業制」にするというもの。

本当は、ちゃんと眼科医に行って視力を計ってもらって処方箋をもらうのがいいのは分かってるんだけど、最終的に買うのはネットで買いたい(値段が全然安い)。処方箋だけもらってネットで買ってもいいんだけど、今までの経験からいって、眼科の室内って明るいので、特に近くが、そこではよく見えたような気になった度でも、実際の生活で使うと、全然見えないじゃーんということが多かった。

眼科医に行くのが面倒くさかったこともあって、えーい、自分で処方しちゃえ。

何年か前に宮古島に行ったとき、水の中でお魚がよく見えるように、バッチリ遠くに合わせて検眼してもらったときの度数が、右が-5.25、左が-4.75だった。そこで、とりあえず左だけ2度下げて、-2.75のレンズを買ってみた。

つまり、右は-5.25、左は-2.75。

つけた途端は、左が全然見えてない状態(裸眼よりちょっとマシ程度)なので、なんだか見えにくい。だけど、数分すると慣れてくるのか、それほどストレスなく遠くがみえるようになった。実質右だけで見てるような感じなのかな。

その状態で、電車に乗り薄暗い中で本を読んでも、スマホを見ても、おおお。ちゃんと見えるじゃん! 今度は左目だけで見てるのね、きっと。

片目だけを使うってのは、頭が痛くなったりするのではと心配してたけど、実際はそんなことはなかった。

結果的には、遠近両用コンタクトやメガネをしていたときより、遙かに快適に遠くも近くも見ることができた!

おお、これがモノビジョンってやつか。。

この方法のメリットはもうひとつあって。

遠近両用コンタクトだと、どうしても2週間タイプになってしまうので(ワンデーもあるけど、クオリティが悪くて使えないというのが定説)、私のように月に数回しか使用しない場合は、かえって割高になってしまう。その点、今回の方法だと、買うコンタクト自体は(若い人が買うのと同じ)ワンデータイプなので、割引き率が大きいこともあってかなり安く手に入る。これもうれしい。

ということで、先日の石垣旅行もコンタクト入れたまま、遠くの景色も近くの地図もスマホも見ることができたというわけ。

ちなみに、ワンデーで気に入ってるのがこれ。

ワンデーアキュビュートゥルーアイ、1日タイプ#BC:9.0 パワー:-2.50ワンデーアキュビュートゥルーアイ、1日タイプ#BC:9.0 パワー:-2.50
()
アキュビュー

商品詳細を見る


ワンデーの割には、ペラペラしてなくて扱いやすいし、乾燥しにくい。最初、片っ方だけ前から持ってた違うレンズを入れて、片方だけこのトゥルーアイを入れて出かけたときに、明らかにこちらの方が乾燥しなくて、レンズによってこんなに違うのかとビックリした。


もちろん、本来コンタクトは医療機器なので、ちゃんと専門医の検診を受けるべき。なので、「勝手に」というのはオススメしないけど、モノビジョンという方法自体はかなり快適なのでオススメということで。

私も、しばらく眼科医行ってないし、今度一度ちゃんと見てもらってこよう。寄る年波で、何かの病気もあったりするかもしれないし。

遠近両用メガネとコンタクト

前に(家の中で)なくした遠近両用メガネが、やっぱりどうしても出てこないので、あきらめて作ることにした。

最近、お出かけのときは遠近両用コンタクト、もしくは近眼の度が弱くなってしまった普通のコンタクトで、家の中にいるときは中近用メガネを使っている。

中近とは、レンズの上方をパソコンの画面を見るのにちょうどいいぐらいの弱めの度数、下方を手元の資料など小さい文字を読むためにもっと弱くした度数にしたもの。テレビを見る時なんかは弱すぎて少し見えづらいときもあるけど、家の中にいるには、まあまあこれで事足りる。

問題は、近所に買い物にいくときだ。この中近メガネではさすがに外を歩くのはちょっと厳しい。つまり遠くがほとんどみえないので。遠く用のメガネだと商品説明の文字が見えない。かといって、いちいちコンタクトを入れるのも面倒くさい。

となると、やっぱり「遠近」のメガネがあると便利よねぇということで、また作ることにしたというわけ。

110512_1912~01

今度は見つかりにくくならないように、ちゃんとフチに色がついてるのにした!

最近はすぐ近所のメガネスーパーで作っている。メガネスーパーも高級店とは言い難いけど、以前作ってた3000円ショップみたいな激安店に比べると、はるかに丁寧に検眼してくれる。思うに値段の差って、フレームやレンズ自体の差はよくわかんないけど、どれだけ手間かけてくれるかの違いのほうが大きいかも。

店内には他にお客もいなくてヒマそうだったので、ついでにいろいろ聞いてみた。

遠近両用メガネというのは、基本的には遠くを見る用で、レンズの下中央付近が近く用の弱めた度になっている。この「近く」用はあくまで「おまけ」だと思ってほしいと。目線を下げるだけでなく中央に持ってこないとその度数には合わないので、焦点を合わせるには、本などを意識的に下部中央に持ってくる必要があると。

そして、暗くなると見えづらくなることについて。
「暗くなると瞳孔が開くので、絞りが甘くなってピンとが合いにくくなるんです」
なるほど。そりゃそうだ。

そして遠近両用コンタクトは、ソフトよりハードの方が優秀。とはいえ、あの小さなレンズを多焦点で作るには無理があるので、どうしてもメガネに比べると「遠くも近くもバッチリ」状態からは遠くなる。遠くを優先して近くはまあまあ見えればいいか、近くを優先して、遠くはあまりみえなくても我慢するか。つまり、どちらにしても「妥協」が必要だと。

いずれにしろ、メーカーが作った遠近両用コンタクトのパンフレットに書かれているような「これだけでバッチリ」というのは、到底無理。このことは、いざ作る段階になるとどの眼科医もレンズやさんも口を揃えて同じことをおっしゃる。

まあ、結局のところ、自分の目でピントをあわせる能力が衰えちゃった以上、どんなレンズでもメガネでも、若い時のように不自由なくすべてが見えるということは無理って事だ。

これが、ここ数年いろいろあがいてきた私の結論。
メガネやコンタクトを複数持って、状況に応じて使い分けるしかないってことだ。
悲しいけれど、これが現実。

とりあえず、今度作ったメガネはなくさないようにしようっと。

再び遠近両用コンタクト

先日、知人のHさんが遠近両用コンタクトを作ったというメールをもらった。
ちょっと前に会ったときに、「作ろうと思っている」という話を聞いたところだったので、興味深く読んでみると。

Hさんの場合、私が使っているのと同じボシュロムのマルチフォーカルをお試しで使ってみたけど、イマイチよく見えなかったとのこと。そこで、違う眼科でジョンソン&ジョンソンのバイフォーカルというのを試したら、これが結構よかったという話。

遠近両用コンタクトは相性というか、人によって本当にいろいろなので、そのまま私にもあうかどうかはわからないけれど、モノは試しと、さっそく眼科に行ってみた。

でも残念ながらこのコンタクトは私に合わなかった。近くが全然見えない。それと(話には聞いていたけど)、ものすごく薄くてコシがないので、どうにも扱いづらくて、ぶきっちょな私には無理!って感じ。

同時に、ロートのバイフォーカルというのも試してみたけど、こちらもイマイチ。

担当の人曰く、使い捨てはやはり限界があるからと、使い捨てじゃないタイプのを薦められ、そこで試した感じでは、比較的見えるような気もした。「年間で考えれば使い捨ての方が高くつくでしょう」と言われたこと、「明日まではキャンペーンで、片眼2万1000円」と言われて、ちょっとその気になり、とりあえず処方箋を書いてもらったのだけれど。

でも、よく考えたら、今使ってるマルチフォーカルと、それほど違うかというと「ウーン」って感じだし、毎日使うワケじゃない私のような使い方だと、必ずしも使い捨てが不経済というわけでもない。途中で度が変わったら対応できないし。試しに同じレンズをネットで探してみたけど、扱いはないみたい。使い捨てならネットで安く買えるから、その差はあんまりないような。

そして、改めて昔のブログを読んでみると、一番最初に作ってみてあわなくて返品したのが、まさにこの「マルチビュー」だったということが判明。担当者はカルテを見て「そのときはハードでしょ」と言ってたけど、いや、確かソフトだったはず。4年ほど前のことなのでレンズも進化してるかもしれないし、私の度も違っているから、あのときとは違うかもしれないけど、同じものをまた買う気にはなれない。今回は返品不可だっていうし。

というわけで、せっかく処方箋を書いてもらったけど、これは買わないつもり。

今回改めていろいろ情報を収集していたら、特に遠近両用の場合、乾いてくると見え方が悪くなるのだそうだ。そういえば、遠近両用コンタクトをつけて出かけると、いつも夕方帰るころは見えずらくなるなぁと思っていたのだった。疲れてるからかと思ったけど、そういえば、乾いた感じもしてた。もっと小まめに目薬指したほうがよさそうだ。

乾きの点では、ボシュロムのマルチフォーカルに新しく「プレミア」というのがでていて、これだと乾きが少なくて使用感がいいらしい。次に買い直すときは、こっちにしてみようかな。


いずれにしろ、調べれば調べるほど、処方をしてもらえばもらうほど、試せば試すほど、「(若い頃のように)遠くも近くもバッチリ見えるコンタクト」というのに出会うのは奇跡に近いのだということを思い知らされる。結局、どこで妥協するかという問題で、その妥協の範囲が広いか狭いかで、満足度が違うということらしい。私は「要求する満足度が高い」のだそうな。しょぼん。


老眼世代のサングラス

スイスでのハイキング、紫外線が強そうだしサングラスは必須らしい。

最初は、次女が持ってる、安物だけど今風のサングラスを借りていこうと思ってたんだけど。これ、グラスが真っ黒。

真っ黒のレンズって、瞳が大きく開いちゃうのでかえって危険!みたいな話をたまたまテレビで見たこと、そして真っ黒だとせっかくのビューティフォーな景色がよく見えないのではないかということが気になりだした。

ならば、もう少し色の薄いのを買おうかなと、チラチラ売場を眺めている今日この頃。ユニクロの990円のも、値段の割に性能はまあまあだというウワサなので、買っちゃおうかなと思っているんだけど。いざ、売場でいろいろかけてみると、どれもイマイチ似合わなくて、まだ決心がつかない。

ところで、最近は、透明のサングラスなるものもあるらしい。色はそのままだけど、紫外線だけカットしてくれるんだって。今回のような用途ならそれがよいのでは!と思ったけど、でも、色がないとただのメガネ(当たり前)。ますますかっこよさからは離れていく(笑)。いや、スイスの山奥で、(きっとまわりはシニアのハイカーばかりで)格好よくもなにもないのはわかってるけど。

問題はもうひとつ。メガネorコンタクトをどうするか。

遠近両用のコンタクト+サングラスのつもりでいたけど、遠くの山の景色がイマイチよく見えなかったら悲しい。遠くをバッチリ見るためには、宮古島に行くときにシュノーケリング用に作った近眼の度を思い切り強くした1dayコンタクトを使うか。でも、そうすると、手元が全然見えない。細かい地図を見るシーンも多そうだしなぁ。100均で買ったなんちゃって老眼鏡も持っていく??

もしくは、遠く用に作ったメガネをかけていくか。これなら、メガネをずらせば地図も見える。でも普通のサングラスができないから、「メガネの上からでもできる」ってやつを買うべき?



パソコン用メガネ

近所のメガネスーパーでメガネを作った。

今回作ったのは、パソコン用メガネ。
前にも一度パソコンの画面を見るのにちょうどいいぐらいの弱めのメガネを作ったんだけど、フレームがちょっと曲がって歪んじゃった。加えて、老眼が進んでくると、これだとちょっと手元の書類が見えにくかったりする。

かといって、以前作った遠近両用メガネだと、パソコンを見るときは「遠」用の部分、つまり上半分でしかピントが合わないので、視野が狭くて疲れるということが判明。そのくせ「近」用もイマイチ合わなくなってきて、手元の書類を見ようとすると、ついついメガネを外して見たくなってしまう。

どこかのWeb記事で、こういう状態の人は、パソコン用に「「近・近両用」メガネを作ればいいのだという話を読んだのだ。つまり、パソコンの画面程度の距離と、手元の書類を見るときとの2段階のレンズの両用メガネ。

ふーん、そういうことができるのかと。
遠近の時と比べて、度の差が少ないので、どちらを見るときも視野の狭さは気にならない感じだ。
前回遠近両用をつくったときは、大枚はたいて8万ぐらい出したけど、今回はレンズ代追加料金なしで1万円程度。どうせ、何年も持たないだろうし。

そして、ついでなのでもう1本、遠く専用のメガネも作っちゃった。
遠近両用だと、すごく遠くを見ようとしても、ピントがあう部分が狭いから、余りよく見えないのだ。近眼自体の度が進んでることもあって、先日のフィギュアスケートに行ったときみたいに、豆粒のようなものを必至で見たいときにはよく見えない。これは、遠近両用コンタクトでも同じこと。

なので、「とにかく遠くのものをバッチリ見たい」というシチュエーション向けに1本ということ。これだと手元は完全に見えないので、メガネをはずさなくちゃいけないけど。

元々ひどい近眼で、メガネかコンタクトがないと何もいえない生活を送ってきたけど、老眼が進むにつれて、それはつまり距離に合わせて自分でピントを合わせることができなくなるということで、距離に応じたメガネが必要になってくるってわけだ。悲しいことよ。。。。

つまり、1本のメガネやコンタクトで、遠くか近くか、両方をバッチリ見みたいってのは無理っていうのが、いろいろ試した実感。

結局、今持っているのは・・・

1.遠く用メガネ、遠く用ワンデイコンタクト(+100均の老眼鏡)
2.遠近両用メガネ、遠近両用2ウィークコンタクト
3.近近両用メガネ
4.度が弱くなったハードコンタクト(+遠くをよく見るためのメガネ)

これを状況に応じて使い分けるってわけだ。(これ以外にも中途半端に度が合わなくなったメガネ多数。予備に一応とってある)

・お芝居や遠くの景色優先なら1(手元を見るときはメガネをはずすか、老眼鏡をかけるか)
・遠くも近くもそこそこ見えるようにするなら2(でも、どっちもちょっと中途半端)
・パソコンの前で仕事してるときは3。
・それほど遠くが見えなくてもいいときのおでかけは4。(実はこのプラスのメガネも度が弱くなっていて、かけてもそれほどばっちりは見えない)

人より目をたくさん酷使してきた分、老化が早いのは仕方ないとは思うけど、あ~あ、めんどくさいこと。

これでも、また数年で合わなくなってくるのかな。とほほ。


Appendix


クリックで救える命がある。

Profile

びっけ

関東在住で松田聖子と同じ年。フリーでライターをしてます。

Extra

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: