フレンチバスク

スペインからフランスはバスでの国境越え。とは言え、ノーチェックでスイスイ!と思ったら、まさかの厳重チェックにあってビックリした。
まず、ポリスが乗り込んで来てパスポートチェックとあれこれ質問。しばらく走ったら、今度は税関スタッフが乗り込んで来て、全ての手荷物を入念に確認。リュックのポケットも全部だして。その間バスの荷物入れにあったスーツケースも開けて調べたらしく、私鍵かけてなかったのに、ホテルに着いてみたら、描きがかかっていて開かないという大ピンチ。ダメ元で夫の鍵で開けたら開いた。なんでー?
気を取り直してまたレンタカーを借り、3日間のドライブ旅を再開。フレンチバスク海あり山あり自然豊かなステキなところでした。同じバスクでも、スペイン側よりいろいろ洗練されていて可愛い感じ。女子は絶対好きだと思う(笑)。

大雨のあとで海はこんなだったけど。

こんなのどかな風景がいっぱい。



張り切ってお土産いっぱい買ったのに、ホテルの部屋に置いて来たという悲劇。

絶景を求めて登山鉄道登ったのに、なーんも見えなかった。
とまあ、いろいろありますが、元気に旅は続行中。最後はドイツで念願のノイシュヴァンシュタイン城に行く予定!

2018.06.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | おでかけ



2度目のポルト

木曜に成田を発って、ただ今ポルトガルのポルトに2泊中。
ポルトに来るのは2度目。一昨年来たばかり。出来るだけ色々な所に行きたい私は、基本同じ所にはなるべく行かない。今回は、たまたま乗り換えの都合で寄ることになったのと、前回夫は来ていないので、時差調整がてら2泊することに。
出来予報は雨だったけど、なんとか持ってくれてよかった。長袖に厚手の上着を着るほど寒いけれど。

前回行けなかった高い所の展望台や教会、ファドを聞きに行ったり、半日はホテルでのんびり休んで。

もちろんエッグタルトも!

タルトとポートワインで2.2ユーロなり。300円弱。
物価は安いし、食べ物は美味しいし、人も温かいし、ポルトガルはやっぱりいいところです。もう少し近いといいんだけどね。
明日からは、本来の目的地のバスクへ行きます。

2018.06.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | おでかけ



高知の村おこし

今回の高知旅では、四万十川や仁淀川といった清流ほか自然を満喫してきた。川の上流まで行くと、山も本当に深くて、まさに大自然がたっぷり。何年分かの緑を見た気分(笑)。


県の面積の84%が森林で、とにかく緑がいっぱい。あちこちで木を切っている山や、切った丸太を置いてある場所を見かけた。日本でもまだこんなふうに林業をやってるところがあるんだ~と新鮮な感じ。

でも、それは「かなりの田舎」ということでもある。四国の中でも唯一本州との陸路がないことは、やっぱりいろいろな意味でハンデになるんだろうと思う。東京から行けば羽田から1時間だからそれほど遠くはないのだけれど。

となると、やはり経済的にはかなり厳しいだろうし、過疎化の問題も深刻なんだろうなぁなんてね。

その中で、今回訪れた2つの村の村おこしの取り組みを紹介しようと思う。

1つは、例の「モネの庭」。
これがあるのは室戸岬に近い北川村という村。この辺はゆずが有名で、隣の馬路村のゆずぽんは全国的に有名よね(この取組も村おこしの成功例として有名らしい)。北川村も、元はゆずのワイナリーをつくろう!というプランが持ち上がったものの、バブル崩壊で頓挫。どういう経緯かわからないけど、モネの庭を作るのはどう?って話になったらしい。

最初は、なんのつてもなく渡仏して現地を訪れるも、担当者にも会えずに帰ってきたとか。その後、熱心にアプローチを続けた結果、ついに「モネの庭」を名乗ることを許可されて、現地の庭師の協力も得てオープンにこぎつけたと。なんかドラマになりそうな話(笑)。

wikiによると、高知で1番の観光地になるなどオープン直後は話題になったものの、その後来園者数は減り続けているらしい。でも、高知市内の居酒屋の大将いわく、「オープン当初より今のほうが植物がいろいろ育ってきたからいい感じになってきた」とのこと。

なんとか、うまくお客さん呼べるといいね。

2つ目は、梼原村。こちらは愛媛県との県境にある村で、坂本龍馬の「脱藩のまち」なんていう、よくわからんスローガンも(笑)。

でもこの村を今有名にしているのは、隈研吾建築の数々。2020年東京五輪のメーンスタジアムとなる国立競技場の設計でも注目のあの隈研吾さんが、縁あってこの村に関わるようになり、地元の木材を活かしたオリジナリティあふれる建築物をいくつか建てている。総合庁舎とか、村営ホテルとか、図書館、福祉施設など。(一覧の写真はこちらからどうぞ→梼原町×隈研吾建築物

ミーハーなびっけさんは、それを知ってこのホテルに宿泊したわけ(笑)。予約後にたまたまテレビ東京の「美の巨人たち」という番組でも取り上げられてた。→建築シリーズ(1)隈研吾「雲の上のギャラリー」その番組によると、隈氏は、ほとんどボランティアな感じで関わっているらしい。

IMG_6889.jpg 

ちょうど宿泊した翌日に、新しくできた図書館がオープンするということで(これは前日夜に温泉でいっしょになった観光客のオバサマから聞いた情報)、そちらものぞいてみたけど、めっちゃ斬新なオシャレ図書館だ。
IMG_20180525_100651.jpg 

これらはみんな村の施設だから村民が利用できるのに加えて(雲の上ホテルには温泉やプールがある)、私のように他県からやってくる人もたくさんいるだろうから、かなりの経済効果がありそう。国立競技場が完成すれば、その関連で紹介されることも増えそうだし。

現在この村はキャッチフレーズは「雲の上のまち」。「環境モデル都市」として水力発電や風力発電にも力を入れていて2050年までに、地域内資源でのエネルギー自給率100%を目指すそうだ。

がんばれ、高知~♪


2018.05.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | おでかけ



義父母孝行温泉旅

もうすぐ母の日。母がいなくなって初めて迎える母の日だ。何をあげても文句を言う母への贈り物を考えるのは毎年大変だったことを思うと、気楽。とはいえ、毎日見かけるバナーや広告、メールマガジンなどで「母の日のプレゼントはもうすみましたか?」なんて見かけると、ちょっとチクっとしたりね。


去年の今頃は、まだ入院前だったものの食べられるものが限られてきていたので、ゼリー状の栄養食品か何かを贈ったような記憶。今思えば、気分が華やぐようなきれいなお花でも贈ってあげればよかったかな。

義母には、その反動もあって、外出用のバッグを贈った。もう外出もままならない母と違って、まだ元気なうちにたくさんお出かけしてもらいたいなと思って。でも、これも今思えば、きっと一度も使われることもなくしまったまんまになってるんだろうな。

で、今年の母の日。義母に何を贈ろうか考えていて、一番喜ぶのは顔を見せてあげることだろうと思って、帰省することにした。実家に泊まると、いろいろ気を使って母が大変だろうから、奮発して近くの温泉宿を予約(そんな高い所じゃないけど)。

昨日の午後出て、実家で義両親をピックアップし、車で1時間弱の谷川温泉の水上山荘という旅館へ。


「谷川岳を望むお部屋」プランなので、窓からはこんないい眺め。
IMG_6406.jpg 

建物は古くて豪華さはないけどきれいにお掃除されていたし、お料理も1つ1つ手が込んだ会席料理でなかなか良かった。
IMG_6410.jpg 

湯あたりの柔らかいお風呂のお湯も良かったし。平日だからガラガラで、お風呂もほぼ貸し切りだったり。

昨日は雨模様で寒かったけど、今朝起きたらいい天気。
IMG_6436.jpg 

いつも「自分たちばっかり旅行して」と言ってたらしいし(実母情報)、少しは点数稼げたかしらね(^^;)。

自分の実家の親とはもうこんな風にいっしょに出かけることもない。義父母だっていつまで元気でいられるかわからないしね。親孝行は思い立ったときにしておかないとということで!

2018.05.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | おでかけ



ベトナムに行ってきたよ!

6日ぶりのブログ更新。親が死んでもほぼ毎日書いてたのに(^^;)。


4月28日(土)の朝から恒例のオバ旅へ。今年の行き先はベトナム!という話は、決めたときに書いたか書かなかったか。旅行を決めた頃、親のいろいろで疲れ果てていたこともあり、今回はお手軽に飛行機とホテル、送迎がセットになったパック旅行をチョイス。おかげで、事前にいろいろ細かく調べる必要もなく、おまけに近いし、期間も短いし、と準備もいいかげんで、荷物のパッキングも3日ぐらい前にあわててバタバタと。

私にとって、意外にも?初ベトナム。普通はホーチミンかハノイなんだろうけど、そこはアマノジャクなメンバーの集まりなので、、あえて第3の都市ダナンに決定。すぐそばのホイアンという古都に2泊、ダナンに1泊。宿泊は3日ともラグジュアリーなリゾートホテルでスパ三昧(料金はコミ!)。
ホイアン_180503_0121 

IMG_6215.jpg 

ホイアンではちょうど、月に1度のランタン祭り。
IMG6053.jpg 

小舟に乗って灯籠を浮かべる。お願い事、叶いますように!
IMG_6087.jpg 

レストランが運営しているクッキングスクールにも参加してみた。
まずは市場に買い出し。といってもほとんど見学だけど。
IMG_6142.jpg 

これが先生。材料全部切って用意してくれてるから、まぜたりするだけで楽ちーん。
IMG_6149.jpg 

あっという間に4品が完成。
IMG_6190.jpg 

そのほか、ワンピースのオーダーをしたのも楽しい思い出。布地を選んでデザインを伝えるだけで、自分のサイズにあったものをつくってくれる。たった1日でできて、しかも安い!

食べ物は何を食べても美味しかった! 
IMG_6005-COLLAGE.jpg 

ホテルのレストランはそれなりに高いけど、街のレストランはめっちゃ安い。そもそも20万ドンが100円とか、もうケタが違いすぎてわけわかんない。一桁多いお札渡しちゃっても分からない、、みたいな。

街中はバイクだらけで、道路を渡るのが大変。信号がほとんどないし、歩行者いても絶対止まってくれないし。バリ島もそうだったけど、東南アジアの洗礼ってところかしらん。でも、10年もたてば、バイクが全部車になって風景も様変わりいしてるかもね。

現地は蒸し暑かったので、今の日本のカラッとした気候にほっと一息。あっという間に梅雨になっちゃうけどねー。

あっという間だったけど、観光らしきものはほとんどせず、ちょっと街歩きとホテルでまったりの充電旅でした!

2018.05.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | おでかけ



«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: