FC2ブログ

ツーリズムEXPOジャパン2018

23日の日曜日、東京ビッグサイトでやっていた「ツーリズムEXPOジャパン」というイベントに行ってきた。


何度も行ったことがある(旅行博2008旅行博2010旅博2011)この手のイベント、今年はちょっと名前が違うと思ったら、国内観光需要を喚起するイベント「旅フェア日本」と、海外への観光需要を喚起するイベント「JATA旅博」が2014年から一緒になり、2017年からはJNTOが加わり3団体による「世界最大級の旅のイベント」になったそうだ。(こちらのニュース記事より)。つまり、海外旅行だけじゃなくて、国内旅行と合同になったってことね。

会場についたのがお昼ごろ。きっぷ売り場は長蛇の列。今までこんな並んだことなかったんだけどなぁ。ネットで前売り券買っておけばよかったと後悔しつつ、30分並んでようやく入場。

ただ、いっしょに行った夫の体調が悪くしんどそうなので、途中リタイア。私はどっちみちその後別の場所へ行く予定があったので、ひとりでもう少し見て回った。会場内には各国料理の出店もあったんだけど、結局飲まず食わず。休憩代わりにちょいちよいセミナーみたいなのを座って聞いたのと、モルドバの赤ワイン、ジョージアの白ワイン、どっかのコーヒーを試飲したぐらい。

IMG_9622.jpg 

ジョージアといえばこの人!

IMG_9625_20180926221215be4.jpg 

ジョージアのワインなんて知らなかったけど、独特の製法でユネスコ無形文化遺産になっているそうな。

IMG_9632.jpg 

カザフスタンの超でかいお兄さん。顔、日本人とほとんど変わらないよね?

IMG_9636.jpg 

ワンワールド各社のCAさんが制服で勢揃い。女性陣は今ひとつな中で黒一点でフィンエアのお兄さんが抜擢されたのは、イケメンだから?

IMG_9623.jpg 

トルコアイスの実演。でも人がいっぱい並んでるので、一人あたりの「じらす」時間は本場より短めでアッサリ。

今年の目玉は、VR系だったらしく、あちこちで現地の景色が仮想体験できるコーナーなどもやっていた。すごい行列だったし、ひとりで並ぶのも、、、時間もないしと、挑戦できなかったのは残念。

IMG_9628.jpg 

IMG_9635.jpg 

近いうちに行きたい国の情報などあれば、、と思ったんだけど、4月に予定しているシチリアのブースは、イタリア人のオジサンがずっとスマホ見てて全然相手してくれない。しばらく待って、ようやく話しかけたけど、まさかの日本語NG。予想してなかったのでテンパって、「イタリア語で聞かなくては!」とパニクったけどいきなりは出てこず、パンフレットにあった場所を「これはどこ?」と聞くのが精一杯。後からよく考えたら、せめて英語で聞けば答えてもらえただろうに(笑)。

その後、イタリアの他の地域のブースに日本人がいたので、現地のレンタカー情報などを少し聞いたけど、あまり有益な情報は得られず。そもそもイタリアは広いエリアを確保してる割には、やる気なさそうだったな。お昼ごろだから得意のシエスタなのか、ほとんど人がいなーい。

アイスランドのブースでは、アイスランド熱の高い日本人お兄さんが一生懸命説明してくれて、私が9月ごろを狙っている(観光とオーロラと両方楽しめるらしい)と行ったら、それなら10月まで待ったほうがいいというアドバイスをもらった。9月末まではホテルや航空券が高いそうだ。これは有益情報。

ちょっと気になってるミャンマーとかウズベキスタンは、パンフレットを置いてるだけで、現地の人と思われる人がやる気なさそうに立ってるだけなのでパス。

入場前に並んで大変だった割には、収穫が少なくて残念~。次回に期待!

2018.09.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | おでかけ



辻井伸行×三浦文彰デュオリサイタル

昨日、iPhoneのバッテリを交換してもらっている間に行ってきた用事とは、コンサート♪


ピアニストの辻井伸行と、ヴァイオニリストの三浦文彰のデュオ。だいぶ前に、あさイチか何かで「真田丸」のテーマソング(メインテーマとエンディングテーマをそれぞれ担当していた)をふたりで演奏していたのを見た。そのときに、ふたりでコンサートもやっているという話をしていて、いつか行ってみたいと思ってた。

去年、ソロイーツというコンサートで、それぞれがオーケストラと競演するのをバラバラに見たので、それぞれの生演奏を聴くのは2度目だ。

前回は、オーケストラといっしょだったので、それぞれのソロのパートをもっと聴きたいなぁと感じたけど、その点、今回はバッチリ。

1部は三浦くん。バッハの無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番という曲らしいけど、詳しくないのでよくわかりません(^^;)。

2部は辻井くん。こちらはベートーヴェンの「月光」なので、さすがの私でも知っている。フィギュアスケートでもよく使われてるし(今年は昌磨が滑るよ~)。

辻井くんというと、軽やかで清らかな気持ちのいいメロディーをサラサラ弾くイメージなので、こういう重厚な激しい曲をどんな風に弾くんだろう?と思ってたけど、やはりなんとなく優しさを感じさせるような印象の、独特な「月光」だった気がする。なかなかステキでした。(こちらでアルバムの一部をちょっと聴けます)

二人のパートは、フランクのヴァイオリン・ソナタイ短調。曲名聞いてもわからないけど、聞いたことのある曲だった。

アンコールも3曲。最後は真田丸で、演奏始めた途端に「おおぉ」と拍手が(笑)。

おかしかったのは、アンコールのときの二人。ふたりとも小柄で童顔なので、肩くんでニコニコ歩いてると、なんだか少年ぽくて、何度も出たり入ったりするたびに、みんなクスクス。特に辻井くんの深々としたお辞儀の仕方がとても子供っぽくてかわいくて、なんとも微笑ましいのだ。

会場に来ているお客さんは、私達と同年代かその前後という感じで、つまりは二人の親世代。そんな温かい目線で見守られて、一流演奏家のコンサートなのにハートフルな雰囲気もあった。

会場は紀尾井ホール。初めて行ったけど、内装がウッディなせいか音が柔らかい感じ。ただ、すごくよく響くので、最初の方でずっと咳をしてる人やバッグからアメを出してガサガサしてる人がいて、気が散っちゃったのは残念。咳はともかく、演奏中にアメの袋むかないでよ~、オバサン!




2018.07.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | おでかけ



サンセバスチャン、行ってみたらこんなトコだった!

今回、そもそもの旅の目的は、サンセバスチャンという街を訪れること。


この街を初めて知ったのは、もう6年前のことになる。その頃読んだ本『人口18万の街がなぜ美食世界一になれたのか―― スペイン サン・セバスチャンの奇跡』読書録はここにも書いた。

小さな街が美食の聖地として生まれ変わった様子を書いた本。それ以来漠然と行ってみたいなぁと思っていたのが現実的になったのは、なんといっても、一昨年のEテレ『旅するスペイン語』の舞台になっていたから。公式サイトはもうないけど、まとめ記事があった。→NHKの旅するスペイン語:サンセバスチャンから始まったスペインの旅を総復習

その後、たまたま仕事でなんと「サンセバスチャン旅を紹介する広告タイアップ記事」とう原稿を書くことになった!→“世界一の美食”が楽しめる、ヨーロッパの穴場!『最高に幸せな気分になれる旅行先』って?

「穴場なうちに、ぜひ行ってみて!」とか煽る原稿を自分で書いて、まんまと自分が行きたくなっちゃったとさ!(爆)

原稿に書いた「おいしすぎるバル巡り」も「ぼーっとする絶景」も「心癒されるコンチャ湾」「乙女ゴコロをくすぐるかわいい雑貨」も全部コンプリート♪
IMG_7402.jpg 

IMG_7445.jpg 

IMG_7746.jpg 

IMG_8013.jpg 


特に美味しかったのは、バルで食べたフォアグラのステーキ。もう~~~~、ほっぺたが落ちるってこういうことか!!と唸りましたよ! 1皿4.5€とか信じられる??
IMG_7869.jpg 

普通のバルはパンに乗っかって並べられてることが多いけど、このバルではオーダーしてお皿でサーブしてもらうシステム。立ち食いだけどね。(テーブル席も少しあり)

お酒は、チャコリという微発泡のワインが名物らしい。

IMG_7873.jpg 

こんなふうに高くから注ぐのがお約束。

その他の名物としては、、、

IMG_7598.jpg 
チャングロっていうカニ。

IMG_7597.jpg 
ココチャっていう、白身魚の顎肉。

これはこの地域ではポピュラーなものらしくて、市場にもたくさん売ってた。
IMG_7836.jpg 

ミシュランの星がついたレストランもたくさんあって、パリとかで食べるよりはかなりリーズナブルに楽しめるらしい。サンセバの近くの街に泊まったとき、たまたまホテルの眼の前が1つ星レストランとかで、悩んだ末にここはいっちょ奮発しちゃおうか!と決心したら、なんと日曜日で行けなかったというオチ。しょせん縁がなかったのね~。

でもまあ。高級レストランに行かなくても、ちょっとずつ美味しいものを食べられるのは日本女子には魅力的。機会があったら、ぜひ~。

(日本から行くなら、フランクフルトとかミュンヘンとかで乗り換えてビルバオという空港へ。そこからバスで1時間ちょっとです。ツアーもあり)

2018.06.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | おでかけ



フレンチバスク

スペインからフランスはバスでの国境越え。とは言え、ノーチェックでスイスイ!と思ったら、まさかの厳重チェックにあってビックリした。
まず、ポリスが乗り込んで来てパスポートチェックとあれこれ質問。しばらく走ったら、今度は税関スタッフが乗り込んで来て、全ての手荷物を入念に確認。リュックのポケットも全部だして。その間バスの荷物入れにあったスーツケースも開けて調べたらしく、私鍵かけてなかったのに、ホテルに着いてみたら、描きがかかっていて開かないという大ピンチ。ダメ元で夫の鍵で開けたら開いた。なんでー?
気を取り直してまたレンタカーを借り、3日間のドライブ旅を再開。フレンチバスク海あり山あり自然豊かなステキなところでした。同じバスクでも、スペイン側よりいろいろ洗練されていて可愛い感じ。女子は絶対好きだと思う(笑)。

大雨のあとで海はこんなだったけど。

こんなのどかな風景がいっぱい。



張り切ってお土産いっぱい買ったのに、ホテルの部屋に置いて来たという悲劇。

絶景を求めて登山鉄道登ったのに、なーんも見えなかった。
とまあ、いろいろありますが、元気に旅は続行中。最後はドイツで念願のノイシュヴァンシュタイン城に行く予定!

2018.06.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | おでかけ



2度目のポルト

木曜に成田を発って、ただ今ポルトガルのポルトに2泊中。
ポルトに来るのは2度目。一昨年来たばかり。出来るだけ色々な所に行きたい私は、基本同じ所にはなるべく行かない。今回は、たまたま乗り換えの都合で寄ることになったのと、前回夫は来ていないので、時差調整がてら2泊することに。
出来予報は雨だったけど、なんとか持ってくれてよかった。長袖に厚手の上着を着るほど寒いけれど。

前回行けなかった高い所の展望台や教会、ファドを聞きに行ったり、半日はホテルでのんびり休んで。

もちろんエッグタルトも!

タルトとポートワインで2.2ユーロなり。300円弱。
物価は安いし、食べ物は美味しいし、人も温かいし、ポルトガルはやっぱりいいところです。もう少し近いといいんだけどね。
明日からは、本来の目的地のバスクへ行きます。

2018.06.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | おでかけ



«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: