母の携帯電話を違約金なしで解約する方法について、auサポートチャットで聞いてみた

昨日の続き。


私の名義で契約し、母に使ってもらっているau携帯。母が亡くなったら解約予定だけれども、更新月まではまだ1年半以上あるので、違約金を払うのも仕方ないか、、という話だ。

昨日は書かなかったけど、「死亡を理由に解約する場合は、違約金がかからない」というルールがあるのは知っていた(こちらを参照)。ガンになった時点で調べたんだったかも。ただ、母の携帯は名義が私なので、この救済措置にはあてはまらないとあきらめていた。

ところが、昨日親切にもコメントを入れて下さった方の情報によると、「利用者」として母の名前を登録しておけば、その利用者の死亡による解約は同じく違約金の対象にならないという。

そうか、その手があったか!!!

auの契約には、契約者の他に利用者という登録があることは、以前子どもの名前で学割を使うときに知って、それを最大限家族みんなに適用するために、家族中の名義と利用者がごっちゃごちゃになって、、、みたいな話をここにも書いたことがある。

さっそく確認してみようと、サポートのページで電話番号を探していたら、こんな画面が。

chat.png 

電話をかけて、メニュー番号選んで、オペレーターが出るまで延々と待たされて……なんてやってるより、こっちの方が早いかも?と初トライ。

「こんにちは! 何か情報をお探しですか? わたくし、**(個人名)がお手伝いします!」
「ご不明やお困りのことはありますか?」

ここまではたたみかけるように。(自動もしくは、コピペかな)

まずは、利用登録者が死亡した場合、違約金はなしとう情報について、真偽を確認。

「確認いたします。少々お待ちいただけますでしょうか?」の後、4分後に「お待たせいたしました。確認したところ、仰る通り契約解除料は発生しないのですが、解約のタイミングについて確認いたします」

さらに1分後。「確認したところ、どのタイミングでも大丈夫です」

よしよし。

次なる質問は、「利用者登録」について。auショップへ私(契約者)が行くことと必要書類はWebで分かったけれど、問題は母が使っている携帯本体(端末)がなくても大丈夫かどうか。

必要なものは?という質問への回答は「本人確認書類、対象者の氏名、生年月日が確認できる書類(健康保険証・住民票)、auケータイ本体(本体+au ICカード)、認印となります」とな。

ケータイ本体は必須ですか?と食らいつくと、「必須ではないのですが、出来るだけ持参して頂くようになります」という含みのある答え。

母が入院中でケータイは持ち込めない事情を説明すると、「そうなんですね。必須ではありませんので、持参しなくても手続きは可能でございます」との言葉をゲット。

auショップの窓口でごねられると困るので、やりとりの画面はしっかりキャプチャして保存。(数分後にはチャット画面が読み込めなくなってたので、保存するなら終了直後を推奨)。そううい意味では、電話で聞くより良かった!

チャットのサポート、電話やメールより手っ取り早くて、なかなかいいかも! オススメ。

母の保険証は私の手元にあるので、自分の免許証とハンコを持って行けばいいだけだ。連休明けにでもさっそく手続きにいってこよう!。

ということで、コメントくださった、かえさん、ありがとう!!!!!!!!!!!!!!


2017.08.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



auにイラついた話

ひっさびさに、介護となんの関係もない話。


といっても、きっかけはやはり介護ネタなんだけど(苦笑)。
母に渡して使わせている携帯。父は絶対に使えないので、母亡き後は解約するつもりでいるのだが、気になるのは更新月。携帯を解約するときはタイミングを気をつけないと、1万円近い契約解除料がかかっちゃうからね。

契約内容を確認しようと、Webでauのお客様サポートのページにログインしてみると、なぜか母の使っている携帯の情報が出てこない。auでは私の名義で、自分のiPhone、母のガラケー、そしてネット回線の3つのサービスを利用していて、以前はすべて一括確認できていたのに。

今現在は、ログインした「au ID」には、iPhoneの番号しか紐付けられていないのだ。そういえば、サイトのデザインも随分変わってるので、リニューアルしたときにシステムが変わったに違いない。一度紐付けた内容をもう一度登録し直さないといけないということ??

まずはWebのフォームから問い合わせて、何度かやりとりしたけど、なんだかよく分からない。面倒なのでTELで再度確認すると、やはり、新たにそれぞれのサービスでパスワードを設定してログインした後、統合処理が必要らしい。ネット回線のauひかりの分は電話でパスワードを設定してもらい、それでログイン→統合の処理が完了。

ところが、肝心の母の携帯の分がうまくいかない。電話で対応していたのがネット回線の部署なので、携帯のPWは発行できないみたい。「暗証番号が分かればWebからできるはず」というのでトライしてみるも、どうやら該当の端末からしか登録できないっぽい。正確に言うと、ezWIN(メールなどネット利用)の契約がない場合のみPCからもできるということみたいだ。

au_201708111824274a0.png 

↑これ、そういうことよね?(画像を貼り付けたの久しぶりだなぁ)

端末は母が持っているので今はできない上に、ガラケーの使い方さっぱり分からない私。お見舞いに行ってる短時間に病室から操作するってのもめんどくさいなぁ。

面倒臭くなったので、再びサポートに電話して、とりあえず契約内容を教えてもらう。結果、解除料金を回避するには、2019年の5/1~6/30の間に解約しなくてはならない。え~。かなり先じゃん。医者からはあと1カ月と言われているのに。

メールのオプションを解除したとして、基本料金が税込で800円ちょっと。だいたい1年分で解除料金相当になる。ということは、まだ1年以上残した時点だったら、悔しいけど払って解約しちゃった方がいいってことか。

それはともかく。
せっかくサポートのおねーさんとお話する機会があったので、au IDの設定の件についても聞いてみた。おねーさん曰く、該当端末でなくてもPCでできるという。ログイン画面で「パスワードを忘れた方はこちら」をクリックすれば、その画面で登録できますよ~と。それは良かった!と電話を切って試してみたけど、結局、さっきの画面にたどり着くだけ。。えー。

毎月の料金自体はiPhoneのau IDからでも見られるので、そんな大変な思いまでして登録しなくていいやというのが本日の結論。

ちなみに、最初に電話したときのサポートのお兄さんに、前に使えていたものが使えなくなるってすごい困る、不便だ、そんなお知らせもらってないとか、さんざん文句をたれたオバサン(わたしです)。お兄さんによると、セキュリティ強化の一環らしい。同じ名義とはいえ、使用者が違うこともあり(実際うちはそうだ)、その契約内容が見えてしまうのは……というけれど、見えて困るなら名義を同じにしなきゃいいじゃんねぇ。「昨今は不正ログインなどの心配もありますし」と言うのも分かるけど、ホント、こういうのってどんどん不便になってっちゃうよねぇ。あー、めんどくさい。

母の携帯解除したら、私も解脱して、確約スマホにしようかな!!








2017.08.11 | | コメント(8) | トラックバック(0) | 日々のできごと



次女の義父母と初対面

今日は久々に、介護じゃないネタ! (介護の方もネタは満載だけど、めでたい話しなので今日は自粛)


先日結婚した次女。7月7日に入籍をすませ、すでに新居で新生活も始めているものの、結婚式をやっていないこともあって、まだ先方のご家族とはお会いしたことがなかった。

こちらは、お付き合いが始まった頃から「結婚するかも~」という話は聞いていて、随時なんとなく経過は聞いていたけれど、先方は男の子ということもあって、その話をしたのは入籍の1カ月前を切ってたんじゃないだろうか。わが家に来た(相手と初対面)のが6月11日で、その直前に慌てて話したと言っていたので。彼女がいることも知らなかったみたいなので、まさに「ボク、来月結婚するから」と言われて寝耳に水というところ。

次女自身はもちろんその後すぐにご挨拶にいって、その後晴れて入籍となった。先方からは「なるべく早い時期にご両親にもご挨拶を」と言われ、ご丁寧にお電話もいただいていたのだけれど、若夫婦が引っ越しの準備やらなにやらで忙しかったこともあり、(私がカナダに行ったりもあったし)で、ようやく今日実現したというわけ。(母の容態次第でキャンセルにならないことを願っていたけど、無事終わってよかった!)

前置きが長くなったけど、先方のご両親は、気さくで感じの良いご夫婦だった。年齢はお父さんが私より1つ下で、お母さんはたぶんもう少し下。つまり夫婦共にうちが年上。うちは次女で、先方は長男だからね。まあまあ同年代ということもあって、普通にPTAでいっしょになるお父さん、お母さんみたいな感じで話が出来たと思う。

最初はみんな遠慮がちでシーンとしていて、ちょっと緊張感が走っていたので、おしゃべりビッケさん、がんばっって話をふる、ふる。「まあ、よくしゃべるお母さん」と思われたかな。でも、ああいう沈黙の時間って苦手なのよー。なるべく自分たちの話ばかりしないように、彼氏の小さい頃の話とかを聞き出すように気遣ったつもりだけれど、先方はどう感じたかしらん。

途中からは、彼氏も(ビールがまわってきたせいか)けっこう話をしてくれたし、お母さんも積極的に話してくれたので、まあ和やかに会話ができたって感じかな。

場所は、次女が職場のグルメな先輩にお勧めされたというGINZA水野という日本料理屋さん。出てきたお料理はどれも手が掛かっている感じで、見た目もきれい、お味もおいしくて、さすが食いしん坊の次女のチョイス。ちゃんと個室も用意してくれたし。(さすがにお料理の写真を撮るのは遠慮しましたさ)

気になる(笑)お会計は、若夫婦のご招待という形。事前に先輩お母さんに聞いたときに「親同士が、その場でどっちが出すって揉めるのもめんどくさいし、それが一番スマート」と聞いていたから、後で払うにしても、とりあえずそういう形にしてと頼んでおいたら、「今回はこちらで持ちます」と言ってくれたので、ありがたくごちそうになりました。

結婚式がないと、未だにピンと来てなかったところもあるんだけど、今まで知らなかった人とこうやって親戚になるんだなぁというのも、なんか不思議な感じ。今のところは、娘のことも気に入ってもらっているようなので一安心。先日、母が入院する前の日にかけこみで2人でうちの両親に挨拶にいってくれたのだけれど、父も母も「感じのいい青年だ」「ステキな人ね」と褒めていたということも伝えておいた。

これから長い時間の中にはいろいろあるだろうけど、気長に、一歩一歩絆を深めていってもらえればと思う。あらためて、おめでとう♪ お幸せにね!






2017.08.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



口が苦い

旅行から帰ってきたぐらいからかなぁ? 口の中がなんとなく苦い。


いつも飲んでるカルディのマイルド珈琲もちょっと苦く感じる。それより、何も食べてないとき、口の中が常になんとなーく苦い感じがするのだ。

旅行中ずっと喉が痛かったので、しょっちゅう飴をなめていて、そのせいで味覚が狂っちゃった?

特に困るわけじゃないけど気になるので、ちょっと調べてみると、口の中が乾燥して唾液の分泌が減ってるとか、それに連動して舌苔ができてるとか、あるいは肝臓が弱ってるとか、ストレストだとか。

まあ、たぶん直接の原因は、先日引いた風邪なんだと思う。旅行の疲れとか、夏バテだとか。ストレスの要因も山ほどあるし。(以前、ストレスで味覚障害になった友人がいたので、ちょっと心配していたり)

ダンナの舌と比べると白いような気もするので、とりあえずは舌苔ブラシでも買ってきて、お掃除してみるかな。

ほんと、カラダって思わぬところで思わぬ反応が出てくるものなのねぇ。

2017.07.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



髪を切って軽くなる!

昨日、美容院にいって髪を切ってきた。


オーダーは、「とにかく暑いので、短く、さっぱりしてほしい。何cm切るとかじゃなくて、雰囲気代わって全然OKなので、いっそショート!というぐらい、思い切って。ステキ気になるように、お任せ! 楽しみにしてますから!」。

もうここに通い出して何年になるのかな。髪の質も癖も、好みもだいたい分かってるはずなので、今回は100%彼を信用することにして。ってういか、いろいろ考えるのが面倒臭かっただけなんだけどね。

「はい!分かりました」と、担当美容師さん。

この年になっても、未だに量が多くてボリュームが出すぎるのが悩みの私の髪。いつも「長さがないとふくらみすぎて落ち着かない」といわれて、短くするのはかなりの冒険。このままだとやはり爆発しちゃうので、縮毛矯正をかけてボリュームとりましょうと。はいはい、なんでもいいです。良きにはからえ~。

そして、3時間後。いやー、さっぱり。襟足が涼しくなっただけじゃなく、段が入ったりすいたりしたせいで、地肌への風通しも抜群によくなった!

体重も軽くなったかも? なんとなく肩こりも軽減されたような!

涼しいし、洗うのも乾かすのもラクチン。シャンプーもコンディショナーも使用量は激減。エコだね~。

すごくステキかどうかは、自分でも自信がない(^^;)。未だに鏡を見てもぎょっとするけど、後悔するほどはヘンじゃないと思うし、とにかく軽やかになったので良しとしよう! 髪なんてどうせすぐ伸びるしね・




2017.07.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: