高齢の親の資金ぐり

今日、見かけたコラム。


母から2000万奪った大銀行の"合法手口"

これを書いた鳥居りんこさんという人は、以前読んだ『鳥居りんこの親の介護は知らなきゃバカ見ることだらけ』という本を出した人。母親の介護にまつわる話を書いたこの本のことは前にも書いたことがある(読書録はこちら)けれど、その後も気になってブログをチェックしていた。結局、昨年だったか母親を看取りすべて終わったところで、続編として『親の介護をはじめたらお金の話で泣き見てばかり』という本を出したらしい。

冒頭にリンクしたコラムは、その新しい本に出てくる話の一部というわけ。生前、お母さんをホームに入居させるにつき、預金をチェックしたところ、銀行で投資信託を行っていて、3000万円ほどあったはずの父の遺産が1000万以下になってしまっていたと。

彼女が問題にしているのは、投資の知識など何もない母に対して、なかばダマしたような形で投資信託を買わせていた銀行のやり方だ。タイトルにも「合法手口」とあるように、決して詐欺とは言えない。形の上では、母親はリスクなどを「理解し納得した上で」サインしたことになっているからだ。

そのとき実際に担当者からどういう説明をされていたかという点については、著者が同席していたワケではない以上、母親から聞く話だけでは真相は分からないだろう。私の経験でも、聞いたことをどういう風に高齢の母が理解したかについては怪しいので、母から聞いた話だけでは、「本当はどういわれたんだろう?」って思う事よくあったから。特にお年寄りは、自分のいいように解釈しがちだし。

ただ、この場合も、実際に母が理解していなかっただろうことは、担当者にも分かっていたはずだとは思う。現に、後日上司に詰め寄ったときに、「自分だったら買わない」と非を認めるような発言もあったという。でも各種書類に印鑑を押している以上は、争っても無駄ということで泣き寝入りしたけれど、という話。

こういう話って多いんだろうなぁ。

証券会社に勤める次女の話だと、80歳以上(だったかな?)の高齢者の場合には、説明の席に必ず上司を同席させるなど、いろいろ決まりごとがあったというから、この手のトラブル、クレームもすごく多いんだろう。

うちの母も、一時期やはり投資信託をかなりやっていたようで、「毎月お小遣いが入るからうれしいわ」と言っていた。私が把握した亡くなる年の時点では、国債以外はとっくにすべて現金化してあったので、どのぐらいの期間、どのぐらいの金額をつぎ込んでいたのか、その収支も知らないけれど、「ずいぶん損したわよぉ!」って怒ってたっけ。おそらくバブルがはじけた頃に手を引いたんだと思う。

そして、母もまさしく銀行での取引だった。コラムでりんこさんも言っている通り、「銀行だから安心」的な思い込みは大いにあったのではないか。

うちの場合、幸い父はその手のものには一切手を出していないようなので、一安心。同年代の皆様方は、なにげにチェックしてみるのがよろしいかも。

2018.02.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



確定申告終了!

今年は、もう提出しちゃったよ!記憶にある限り、最速記録じゃないかしら!!


本当は2月15日になる前に終わってたんだけど、どうせ郵送するなら夫の分と同封したほうが送料が節約できるし、なんて思ってたんだけど、どうやら夫はこれから伝票の入力をするという段階のようなので、お先に失礼。昨日お天気も良かったし、散歩がてらに直接税務署まで行って提出してきた。

まだ2月だし、ガラガラ?と思いきや、駐車場は満車で(止められる台数も少ないんだけど)、提出のみの人も2,3人待ち。とはいえ、待ち時間は5分程度。前の人はチェックに時間かかってたけど、私はちらっと見てハンコ押すだけで、ものの20秒ぐらいで終了。「還付金は1カ月半ぐらい後に振り込まれます」とな。

ちなみに、最近使っている帳簿ソフトは、MFクラウド確定申告という無料のオンラインソフト。普段、使っているマネーフォワードというやはりオンラインの家計簿を使っているので、それと連携して、ギャラの振り込みなどが簡単に反映できるのが便利。

日々これに経費、売上、売掛金回収などを入力しておくと貸借対照表や損益計算書をつくってくれるので、あとは国税庁の確定申告の申告書作成サイトにその数字を転機すれば簡単に終了。

毎年のことながら、経理の知識がないので、最後の段階になって、あれれ、、、数字が合わないぞ問題はあったけれど、今年もなんとかなった。忘れないように、今年つまづいたことをメモしておいて。来年こそ、何も迷わずにできますように!


2018.02.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



電気会社乗換のシミュレーション

今さらながら、って感じですが。

自由化以来ちょっと見てみたものの、思ったほど大きくお得でもなさそうだしと、様子見していた。後発のものの方がいいのが出てくるかもしれないし!

昨年実家のアレコレを管理していて、実家では既にオリックス電気とかになっていたことにビックリ。あとで調べたら、これは電気一括購入サービスのようなので、マンション単位で勧誘があったのかもしれない。昨年夏に引っ越した長女のアパートでも、引っ越し時のバタバタでなんとなく東京ガスに乗り換えたと聞いて、すっかり乗り遅れた感。

先日は次女も乗り換えを検討していると聞いて、ようやく重い腰を上げて真剣に検討してみた。ポイントが貯まるのもあるらしいし!

巷にはいろいろ一括比較サイト(たとえば、ココとか)があるんだけど、結果が微妙に違ったりする。サイトによっては「初年度年間支払」とかに、キャンペーンでのキャッシュバックやギフト券プレゼントなどの金額を反映していたりするので、「2万円お得!」とか言っても、実質の年間料金は5000円ぐらいしか違わなかったりするから、やっかいだ。

料金シミュレーションは、たいてい直近の1カ月分を入れれば出せるようだけど、せっかく毎月のデータとってあるので「12カ月分で詳細にみる」とかいうオプションを選んで、入力。

これが正解だったと思うのは、今の時期は暖房で料金が高くなっているという前提になっているようだけれど、わが家は冬エアコンをほとんど使わない(ガスの床暖房)なので、夏も冬もあまり変わらない。そして、人数が少ない割には使用量が多い(IHなので60w契約なのと、夫のオーディオ)ので、1カ月分から出た年間暫定シミュレーションと、実際の年間間使用量がずいぶん違ってた。

で、ちょいちょい情報を集めつつ、なんとなく方針が定まってきた。
・いつでも乗り換えできるように、契約期間の縛りがないのがいい(携帯電話で懲りたからね)
・料金は安い方がいいけど、最安値にはこだわらず、ポイント還元に注目(マイラーですから!)

候補に挙がったのが、東京ガスエネオス電気。どちらもTポイント経由でANAマイルが貯まる。東京ガスはクックパッドの人気検索順が使えるのプチ魅力。

それぞれのサイトでもう一度シミュレーションしてみると、それぞれ年間で4503円、6121円お得と出てきた。

東京ガス 

エネオス

ところが、詳細をよく見てみると。ここで比較対照として示されている「現在の年間料金」が、実際に昨年支払った料金より高いのだ。

現状、わが家の昨年1年間の使用量は4055kwで、料金は10万9280円。それが、東京ガスの試算だと11万6,639円で、エネオスでは11万8,228円。

乗り換え後の試算は、東京ガスが11万2,778円で、エネオスが 11万1,301円。となると、むしろ高くなっちゃう!!という衝撃の事実。

うーん。なんで??? 現在のIH割引きってのが考慮されないとしても月々300円程度だから、計算が全然合わない。

ゴチャゴチャ長々書いたけど、結論からすると、乗り換えしたら高くなっちゃうってことになる。危ない、危ない。毎月の使用料金、エクセルに入力してたおかげで、すぐに合計額を確認できたのが功を奏した。ポイントが貯まらないのは残念だけど、ここはスルーしたほうが良さそうだ。

ちなみに、ポイントが貯まることを考えないと、Loop電気というのが安そう。こちらだと10万5430円なので、今より若干安くなる計算だけど、シミュレーションでこれしか違わないと、実際に本当にお得になるのかどうかは微妙ということでボツ。

ポイントをまとめると。
1.「初年度●●円」は、詳細を確認
2.試算で出てきた「現在の金額」が実際の金額か合ってるかを確認

みなさんも、乗り換えのときにはよーく、チェックしてみてね。

2018.02.16 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 日々のできごと



若者はPCが苦手

ここ10年ぐらい某大学の先生にインタビューする仕事を続けているのだけれど、「最近の学生はPCが苦手」という話をよく聞く。大学の授業でもスマホを使ってアレコレなんてことが話題になる昨今だ。そんな原稿を書いていたら見かけたのが、こんな記事。

就活、卒論の“敵”はPC スマホ世代「ローマ字変換に頭使う」

日頃スマホになれすぎてて、PCなんてかったるすぎる!ってことらしい。スマホより先にPC使いこなしていた世代にとっては、こうやって文章を入力するのはPCの方が圧倒的に楽だけど、若い子はスマホの文字入力もめっちゃ速いからね。

先日の音声入力の話のときにも書いたけど、キーボードに慣れている私でさえ、変換機能はスマホの方がはるかに優れてると感じるぐらいだから、タイピング自体が苦手だったら、ストレス大きそう。

という入力の問題は別にしても、これだけスマホで何でもできる時代、パソコンを使うシーンってないのかもしれない。

うちの次女(26歳)なんかも、キーボードはそこそこ速く打てるけど、今ほとんどPCは使わないんじゃないかな。いちいちPC立ち上げるの面倒臭い、、的なのもあるし、やっぱり「PCってよく分かんない」っていう苦手意識があるみたい。

先週の取材でも、iPadをバンバン活用している大学院生に、「元々デジタルが好きだったの?」と聞くと、「いや、ボクはパソコン嫌いで、エクセルとか触りたくないです」というコメント。

リンクした新聞記事でも、「就活用に勉強しなければ」というセリフがあったけれど、イマドキの子はデジタルは得意!とは言っても、やっぱりPCは「勉強」しないと使えないもの。感覚でちゃちゃっと使えちゃうスマホとは違うってことなのね。

おとなでも、スマホがあるからPCは仕事以外使わないという人は結構多そうだ。となると、仕事用に残されたPCの活躍の場も、いずれはスマホに駆逐されてしまうのかしらん?

ただ、大学の先生たちが嘆いているのは、スマホでいくら文字打ちが速くなっても、文章を書く力が育たないということ。細切れの文章しか書けない子が多いって。

私がTwitterを始めたとき、なんせブログもメールも長文クイーンなワタクシなので、135文字では何も言えないことに苦労した。いらないことをはしょってはしょって、厳選してなんとか135文字におさめるっていうのは、プロとしては文章のトレーニングとしてはいいかも!と思ったりもしたけれど。

でも、逆にいつもこういう短い文章しか書かないと、論理的な思考が育たない云々と。それもありそうな気もするし。実際のところはどうなんだろうか。

そう言ってるうちに、ら音声入力が主流になったりすると、また事情は変わってくるのかも?

2018.02.14 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 日々のできごと



Amazonで本を売ること

昨日の話の続き。書きかけたけど長くなったので、分けました。

今回買って、読んで、すぐ売った本はこちら。


スケオタによるスケオタのための、かなりマニアックな本。羽生くんって、なんであんなにやたら高得点が出るの?という話を、詳しく具体的に熱く語ってる。

その答えは、一言で言うとタイトルにあるようにジャンプ前に「助走をしない」から。「しない」っていうのは極端だけど、要するにジャンプを飛ぶ直前までむずかしいステップを踏み、降りた直後もすぐに難しい技に入るから。ということを、各演技のひとつひとつの技について、具体的な技の名前を入れて、くわし~~~~~く解説してる。

ジャンプの種類ぐらいは見分けられるようになった!と自負していた私でさえ、細かいところは読み飛ばしてしまったぐらいの内容なので、読書録カテゴリに入れるのはやめた(笑)。

ただ、著者はフィギュアスケートファン歴30年というだけあって、その技の解説以外の部分もなかなか鋭い指摘があり、羽生くん以外の国内外の有名選手についてもいろいろ書いてある。フィギュアにかなり興味のある人なら読み応えがあるはず。Amazonのレビューでも高評価。

ちなみにこの本、821円のところをAmazonポイントを使って差額43円で購入。それを今回、売値は700円で出品した。

Amazonから私に支払われるのは 700円+257円(一律の送料手当)-349円(手数料)=608円

そこから今回実際にかかった送料164円を引くと、実質私は444円の収入となる。

この本は発売されたのがつい最近で、ぜひとも平昌五輪前に読みたかったので、この「買って読んですぐ売る」を実行。こんなことやってるから本が売れなくなるんだ!とお怒りの声もあるだろうけど、本は手元に置きたくない派な私にとって、「図書館にない+すぐに読みたい+一度読めば十分」な本には一番合理的な方法なのだ。しかも、この本のように「発売間もなく」「今すぐ読みたい人がたくさんいる」本なら、なおさら。そして、それを中古本がたくさん出回る前にいち早く売りに出すことが大事。

ただし、この本を買った方は、700円+257円=957円支払ってることになる。普通に新品買えば821円ですむところを。。。新品なら送料無料で、中古だと送料別っていうところに気がつかなかったのかなと思うと、ゴメンナサイだ。出品の段階で、送料を入れたら新品より高くなっちゃうことは気づいていて、でも実際出品されているのが定価以上の価格のものばかりだったので、試しにその価格にしてみた。2,3日みて売れなそうだったら、下げようと思ってたんだけど。(今の時点で、新品が在庫切れになっているわけではない)

なので、逆にAmazonで中古の本を買うときは、ちゃんと送料を加算して考えましょうね、ということで。

2018.02.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: