ドレスの試着

もちろん、私じゃなくて次女。


昨日またまた夜会社帰りの次女と合流して、結婚式のドレスの衣装合わせに行ってきた。前回2回はちょうど近くで取材があったので付き合ったんだけど、今回はわざわざそのための「上京」。

前回2回は白いウェディングドレス(1回目はサイズオーダーから選ぶ、2回目はレンタルから選ぶ)。次はお色直しで着るカラードレス。実は先週、本人が自分だけで見に言ったのだけれど、どれがいいのかよく分かんなくなっちゃったと泣きついてきたので、乗りかかった船?と、もう1回だけ付き合ってあげることに。

前回自分で選んで5着ぐらい着てみたものの、なんかピンと来ないという。自分が気に入ってるものは、なんか地味かも?と。ならばと今回は、本人が選ばないような色やデザインのものを思い切ってチョイスして着させてみた。

どれもカワイイと思うけど、やっぱり自分が好きじゃない色だったり、「この飾りが気になる」みたいなマイナスポイントが1個でもあったりすると、なんか本人がそわそわしてる。だったら、地味でも自分がいちばんしっくり来るのがいいんじゃない?とうことで、結局は前回自分が選んだ中にあったピンクグレーのドレスに決定。中に入れるパニエを少し大きなものにしてもらったら、いくらかは華やかになったし。

なんたって結婚式のドレスは自己満足が100%(笑)。ハッキリ言って自分が良ければなんでもいいわけで。何着も脱いだり着たりも疲れるだろうけど、こんな楽しみも一生に一度だ(笑)。

それにしても、イマドキの結婚式場はずいぶんサービスがいいのねと感心する。私が行かなかった日も含めると、衣装の打ち合わせだけでここまで4回。1回あたり2時間ぐらい? 好きなだけ選ばせてくれて、試着させてくれて。もちろん写真も撮り放題。その都度、「ここを少し絞ったら」とか「こういうお花を持てば」とかいろいろアドバイスをしてくれるし、「私ならこれかこれが似合ってると思う」とか率直な意見も言ってくれるし。それでいて、押しつけがましくはないし、ニコニコ朗らかで、担当者にも恵まれた感じ。ありがたいことです。

この後も、小物合わせ、新郎のタキシード選びと、衣装合わせはまだまだ続くらしい。ヘアメイクの打ち合わせもあるし。もう私が付き合うことはないけれど。

まあ、私としてもお墓選んでるよりは、よっぽど楽しいけどね(苦笑)。



2017.10.14 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 日々のできごと



ありがとうおばさん

以前、『ありがとうの神様』という本を読んだ話を書いた。そのときの読書録はこちら


自分の運命を司っている「神様」に好かれる=幸せになるためには、「そわか」掃除、笑い、感謝が大事!とうお話。一番シンプルで分かりやすい「教え」が、毎日「ありがとう」とつぶやきなさいとうことだった。

これはもう呪文みたいなもので、気持ちがこもってなくても口に出してつぶやくだけで、「ありがとう」と言いたくなるようなことが、次から次に起こっちゃうよ~と。

そーんなバカな!と思いつつも、簡単にできることなので、実はあれ以来密かに実践してた(笑)。(掃除は三日坊主で終わったけど)

布団の中でつぶやいたのは本を読んだ後の数日だけだったものの、ことあるごとに、いろいろな人に「ありがとう」と言うようにしたのだ。

幸い?実家のいろいろがあって、実際にヒトサマのお世話になることが多い。ケアマネ、ヘルパーさん、病院の先生、看護師さん、葬儀屋さん、弔問に来てくれた人たち、お寺のお坊さん。そのたびに心から「ありがとう」と思えるから、簡単に出てくる。仕事で出会う取材に応じてくれた人や同行してくれた人もしかり。

それ以外にも、お墓を紹介してくれる業者、金融機関、役所の窓口、はては買い物をしたときのコンビニのバイト君、荷物を届けてくれた宅配便のお兄さん。こういう人たちにとっては私は「お客さん」だから、普通は「ありがとう」とは言わないけど、なにかしらアクションを取ってもらってるから、「ありがとう」と言っても、変には思われない。

できるだけたくさん「ありがとう」を言いたいと機会を待ってる身にとっては、立場とかどうでもよくて、むしろ「ありがとう」って言うチャンスをくれてラッキーってな感じで、本当に「ありがたい」という気持ちになってくる。

心がけてるのは「すいません」じゃなくて「ありがとう」ということ。「すいません」はあやまるときにも使う言葉だから、脳が勘違いしちゃうといけないと思って。

そうするとね。まず、気持ちがいい。それだけでもなんか得した感じ。おまけに、そういえば、それを実行しだしてから、なんかいいことが続いているような気がしてくる。スタバの前を通ったら、味見用のドリンクをもらったり、いつも長打の列のレジに誰も並んでなかったり。

そして、不思議とネガティブな気持ちになることも減ったような気がする。

もちろん、全部「そんな気がしてる」だけなんだと思う。でも、事実はどうあれ、自分がそう感じるってことは一番大事であって、いや、それがすべてだと思えば、まさにご利益があったと!

武田双雲さんの本にも「なんでもかんでも、とにかく先に感謝しちゃえ」って書いてあった。これも、同じことだよね。

というわけで、「ありがとう」作戦、みんなもダマされたと思ってやってみて~。

2017.10.11 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 日々のできごと



再びyahooからの英語メール

先日、Yahoo.comから「Important Security Information for Yahoo User」というタイトルの英文メールが届いた。一瞬スパムかと思ったけど、Dear Yukoとか書いてある。Yahoo Japan!のアカウントは持ってるけど、それとYahoo.comとは何の関係もないって話を数日前に新聞で読んだばかり。ということは、Yahoo.comのアカウントも持ってるってこと?


と、ここまで考えて、前にも同じことあったよなーと自分のブログを探してみると、去年の12月にも同じようなことがあったみたいだ。→スパムメールの見分け方?

あのときは何だかよく分かんないけどまあいいや、という曖昧な結論で終わってた(だから、またすっかり忘れちゃったのね)

改めて検索してみると、同じように気持ち悪がっている人がいて、その人の推測だと昔Flickrに登録したときに紐付いていたのかも、、的な話。Flickrとは写真共有サイトで、そういえば昔私も登録したことがあるような。でもパスワードの控えをみると、FlickerのアカウントはFacebook認証を使ったようになっているのだけれど??

いずれにしろ、その人は気持ち悪いから使わないアカウントならこのさい削除ということを書いていたので、私もマネして削除しておいた。全部英語だったけど、たぶん削除できたはず。なんだけど、Yahoo.comに戻ると、サインインしたままの状態になってる。いったんログアウトしてサインインを試みると、ID代わりのアドレスを入力すると、認証コードが届くみたいになってる。

??と思っていると、間もなく「Account Terminated」というメールが届き、アンタのリクエストでアカウント閉鎖されたよ、と書いてある。ただ、削除されるまでは40日間かかるとな。詐欺行為で削除されちゃったときのために猶予期間を設けるということらしい。

よく分かんないけど、たぶんこれでサヨナラできるのかな。


2017.10.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



歯医者で口腔ガン検診について聞いてみた

母は口腔ガンだ。口の中のガンって、胃がんや肺がんとかに比べるかなりマイナー。舌がんというのは聞いたことがあるけど。分かったとき、ネットでざくっと調べていて、早期発見のためにはまめに歯医者で診てもらいましょうみたいに書かれていて、私は半年に1回定期検診受けてるから大丈夫ね!と安心してた。


でも、ある日気がついたのだけど、自治体から来る健康診断の受診券には、歯医者を対象にして「
成人定期検診」と「口腔ガン検診」の2種類ある。ということは、口腔ガンの検診って何か特別なことをするのだろうか?

だったら、私も受けておいた方がいい? ガンって遺伝するっていうし。何より母を見ていて、同じガンでも口って悲惨だなと思う。手術するとなっても、目に見えるところを切り取るわけだから、見た目も変わるし、話したり食べたりするのにも支障がでる。母の場合はかなり進行してから見つかったから、こうやって1年以上生きられたのだから、むしろ手術は選択肢になかったのはラッキーだったのではと思うぐらいだ。

でも、とにかくなりたくないので、今日恒例の定期検診に行くついでに歯医者さんに聞いてみた。

すると「口腔ガン検診」というのは、歯ぐきの粘膜のところを押してみたりして、ガンがないかどうかチェックするというもので、やはり普通の検診とは別モノっぽい。「必要ですかね?」と尋ねると、「普通は見た目でだいたい分かるので、怪しいと思えばやったほうがいいですけど」ということだった。

そんなやりとりがあった後、一通り見ても特に何も言われなかったので、いつも通りの検診と歯石取り、表面磨きで終了。

ついでに、前から気になっていた、下の前歯の表側歯ぐきが透けて中の白いものが見えてるのは何?と聞いてみると、骨が透けてるんですと。粘膜が薄くなってきてるからということらしいけど、特に問題はないと。そして、斜め下内側あたりに、白くぷくんとふくれてるところがあるのも聞いてみると、骨隆起というもので、文字通り骨が盛り上がったものだそうだ。かみ合わせや食いしばりなどが原因で異常発達した状態で、こちらも特に問題はないらしい。「強いていえば」と説明してくれたところによると、入れ歯を入れるときに邪魔になることがあるので、その際は取った方がいいこともあるけれど、それも「ぽこっと簡単にはずれる」ので大したことはないのだと。

実は昨日の夜、ベッドの中で口の中をベロでさわっていて、「この腫瘍はなんだ!」「もしかして?」なんて心配してたので、ほっと一安心。

母の場合は、毎月歯医者にいっていても、そこまで分からなかったんだから、見逃しってこともありうるんだけどね。

2017.09.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



耳のトラブルで耳鼻科へ行く

今日は、自分自身の話。


10日ぐらい前から、耳の奥がワーンと響く感じがしている。聞こえもなんとなく悪い気はするけれど、日常生活で支障をきたすほどじゃない。痛みもないし、気にしなければどうということはないのだけれど。でも10日たっても全然治らないので、念のため近所の耳鼻科(例のオバサン声のオジサン医師)に行ってきた。

最初、耳の中を見てもらった段階では、特に問題ナシ。耳垢がたまっているわけでもないし、水が入っちゃった風でもないという。ところが、聴力検査をやってみると、やはり聞こえが悪くなっていることが判明。

3年前にめまいがしたときにもこの耳鼻科を受診している。そのときの聴力データと比べたグラフを見せてくれたのだけど、明らかに左の聴力が悪い。そういえば、耳のボワ-ンも主に左側な感じだ。

「夜はちゃんと眠れてる?」と聞かれたので、介護疲れで寝つきが悪いと答えると、「あ~、ストレスね。ストレスと睡眠不足と、あと季節の変わり目と、全部重なっちゃったから」と。後は前にも言われたけど肩こり。脳に行く血流が悪くなってると。そして運動不足。そういえば最近ジムに行ける回数も減ってるし、ガッツがなくて緩めのヨガとかストレッチ程度しかやってないからなぁ。

要するに、原因は3年前のめまいのときと同じような感じで、それがめまいの神経に作用するか、聴力の神経に作用するかの違いだけなのだという。処方された薬も、ほぼ同じ。寝つきがよくなるように弱めの睡眠導入剤の類も出してくれた。「聞こえがこのままじゃマズイから、この薬を1週間飲んで、また聴力検査にいらっしゃい」と。

とりあえず大きな病気の前兆とかではなさそうなので、ひと安心。今までいろんな症状で行ってるけど、あの先生の薬が効かなかったことはないので、たぶんコレを飲めば症状も良くなるはず!



2017.09.04 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 日々のできごと



«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: