FC2ブログ

池上さんの講演会

市が主催する池上彰の講演会に行ってきた。地元だから家から近いし、無料だしと思って申し込んだら当選した。1300名のところ1400名が応募だって。微妙(笑)。まあ、当たってよかった。


テーマは「ニュースから世界を見る」。テレビでよく話しているような感じで、今のニュース、特にトランプ関連のニュースを、アメリカの歴史や文化、宗教などの背景と絡めながら分かりやすく解説してくれた。

話の内容、わかりやすさは想定内だったけど、90分間、言いよどむこともなく、たったひとりでずっと話続けたそのスタミナに恐れ入りました。声も全然枯れないし。

TV番組のように相槌を打ってくれる相手がいるわけではなく、壇上にはひとりきり。ホワイトボードに書きながらの説明は、さしづめ授業だな。実際現在7つの大学で授業を持っているというから、90分という時間設定も、授業を想定したものだったのかも。これだけずっと話し続ける授業というのも珍しそうだけど。終了時刻の1分20秒超過しただけで終わったのも、さすが生放送を数多くこなしてるプロだ。

ただ、あまりに流暢によどみなく話してくれるので、内容が面白いのにもかかわらず、途中でふっと意識が遠くなった瞬間が何度か。帰り道、横を歩いていた人も同じこと言ってた(笑)。

池上さんによると、トランプの目下の関心はすでに次の選挙(中間選挙ではなく大統領選)。そして、もし今選挙があったら、おそらく再選されるだろうと。日本では、支持率が低いとかマイナスなことばかり報道されがちだけど、スイングステイトと呼ばれる、民主党と共和党で揺れ動く6つの州で支持を集めるための政策を着々と進めて支持を集めているそうだ。

そのほか、エルサレムに大使館を移動した問題に絡めて、キリスト教とユダヤ教の関係などを解説してくれたのも興味深かった。このあたりはもう少し詳しく聞きたかった感じも。

参加者は、学生風の若い人もいたけど、基本は中高年。そこを意識してか、最後は88歳を超えて広辞苑を「読んで」いた実父の話を持ち出し、人間はいくつになっても好奇心や向学心を持っているうちは老化しないんですよという話で幕を閉じた。

市の催しものだけあって、すべてに手話通訳と字幕がついた。手話通訳は2人が待機して15分ぐらいずつで交代していた。あーとかえーとかの間もなく立て板に水で話すから、ついていくのた大変なのね。

なかなか勉強になった一日でした!








2018.10.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



「今一番*****なもの」

数日前に、次女からLINEで回ってきて、家族や友人にもやってもらったら、めっちゃ面白かったので、こちらでも書いておこう。


心理テストです。次の図を見て、目に止まった言葉を3つあげてください。

S__19800129.jpg 

この先読んじゃうと先入観が入るので、ちょっとスペース空けておきます。
やってみたい人は、スクロールする前にどうぞ。










私の答えは「どりょく、まもる、すいみん」

個人情報保護のため(笑)、誰かは明かさず、出てきた他の人の答えは。
「あいて、きぼう、じかん」
「しゃざい、たいりょく、きおく」
「し、め、お」
「えがお、にんたい、おしごと」
「はんせい、えいが、どりょく」
「いたみ、しごと、ゆめ」
「きぼう、すいみん、きおく」
「しごと、じかん、ゆめ」
「しごと、きぼう、はんせい」
「えがお、どりょく、すいみん」
「おしごと、にんたい、いとこ」
「おしごと、たいりょく、しゃざい」

この心理テストは、「今あなたが一番大切にしたいもの」なんだって。ま、想像はついたかな。
なんか、あたってるような(笑)。
たぶん、潜在意識にある言葉が目に止まっちゃうんだろうね。

面白かったのは、言葉の意味だけじゃなくて、字の拾い方にも個性があったこと。

「おしごと」が多かったのは、たぶん上の段の左から見始めたんだろうね。右から見たい人、真ん中から見た人、上から順に見た人、バラバラに見た人。

タテばかり選んだ人、下から読んだ人(!)、L字型に曲がって読んだ人(!)、一文字の言葉ばかり選んだ人(!)、斜めはない(?)のは、このフォントの並び方が、斜めは読みづらかったかな。

動詞を選んだのは私だけだ(笑)




2018.10.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



ヴェネツィア室内合奏団のコンサート

今年も行ってきたよ!


去年GWにヴェネツィアで教会コンサートに行き、日本ツアーもあると知って、その年の秋に地元で行って以来3度目。(去年のコンサートの話はこちら

地元ヴェネツィアの巨匠ヴィヴァルディをレパートリーとするこの合奏団。ヴェネツィアのときも、去年のときも、何も考えずにチケット買って「四季」じゃない日に行っちゃって残念だったので、今回こそは、ちゃんと演目も確認してチケットを購入。

今年の会場は、横浜の神奈川県民ホール。今までにも子供の吹奏楽の県大会などで何度も行ったことのあるところ。

会場に入ると、細川たかしとかの花輪があって、なんで?と思ったら、昼間大ホールで歌手のコンサートがあったみたい。私が行くのは小ホールなので関係なかった(笑)。

待望の「四季」は、春、夏、秋、冬全部を堪能。休憩を挟んで後半は知らない曲だったけど、演奏は相変わらずすばらしくて、知ってる曲でも知らない曲でも関係なく、食い入るように聞き入ってしまった。

地元ヴェネツィアでは、教会を1個まるごと買い取って年間300公演をこなしているというだけあって、まさに息づかいまでピッタリとあったハーモニーのすばらしさ。眠くなんてなる暇もなく、アンコールも入れて約1時間半、あっという間に終わっちゃった感じ。

今回の日本ツアーはこの日を皮切りに1週間続く。その間、ヴェネツィアではどうしてるんだろう?と思ったら、ちゃんとチケットは売ってるみたいなので、違うメンバーで演奏してるのね。

そういえば、ヴェネツィアと、去年、今年と、毎回メンバーは微妙に入れ替わっている。全員はよく覚えてないけど、確実に3回ともいたことを記憶してるのは、チェリストのダヴィデさんという人。パンフレットでも「スーパースター」と書かれていたように演奏もすごいんだけど、演奏中の顔芸?(失礼!)もすごくて、印象が強いのだ。

今年2月には、リコーのCMにも出演したらしい。演奏が流れた程度かなと思ったら、もろに演奏してるところがメインのCMだった。わざわざハワイで撮影したものらしい。


前日はひどい台風だったので、一日ずれてたらどうなったことだろう?と気をもんでいたけど、メンバーはまさに台風当日に来日とのこと。幸い時間が早かったようで雨にも濡れずにたどり着けたそうな。よかった。よかった。

前も書いたけど、日本に呼んでるお世話係の人が、毎年手弁当感覚で一生懸命やってるところがいい。辻井くんみたいな有名人とはまた違って、マイナーな分応援したくなるような(笑)。

この後、10/3に深谷、4日に紀尾井ホール、5日に町田、6日に三重、8日に上田で公演があり、当日券もあるそうです。お近くのかたはぜひ~。
詳しくはこちら

2018.10.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



匂いの記憶

今朝、唇が乾燥するなと思ってリップをつけた。その瞬間、あれ、と思った。


それは普段良く使っているメンタムのじゃなくて、どこかの飛行機の(ビジネスクラス!)に乗ったときにアメニティでもらった外国産のもの。その香料が、母の病室でかいだ匂いと同じだったのだ。

母は、患部が露出するにつれて、強烈な異臭を放っていた。病室には看護師さんが炭を置いてくれたりしていたけれど、やはり臭う。それで姉が無印良品のルームフレグランスを買ってきて置いてくれていた→これ

その匂い自体が結構強かったので、異臭はずいぶん緩和されていたように思う。一方で、そのフレグランスの匂いはかなり印象に残っていた。まさに、その匂い。

今改めて思い出すと、この匂いは覚えてるけど、母の悪臭は思い出せない。その意味では、姉に感謝しなければ(笑)。

で、久しぶりにその匂いをかいだ瞬間、あのときの病室の光景がまざまざと蘇る。無表情でベッドに横たわっている母。音もない静かな病室。「きっと、また、早く来てね」と懇願するように手を握る母を、振り切るように帰ってきたあの日。

悲しいとは感じないけど、懐かしい、とも思えない。

もう1年、まだ1年。最近胸をよぎるのは、もう少し何かしてあげられなかったのかなという思い。自分が具合悪くて寝ているときとかね。でも、いつもたどり着くのは、やっぱりどう考えても、私にはあれ以上のことはできなかったなって。

実家に泊まり込んで毎日通ってあげるとか、可能性としては考えられても、それを2ヶ月続けたら、自分のほうが参ってしまったと思う。自分の心身の健康を保ちつつお世話をするのは、あれが精一杯だ、今でもやっぱりそう思う。

そして母も、本当はもっとしてほしいけど、でも無理よね、って分かってたはず。「あんたはいろいろ良くやってくれて、感謝してる」って言ってくれたし、「ま、しょうがないわ」って感じかなと。元気な頃、必ず文句言ってた毒舌の母なので、そのぐらいが「らしい」のかなとも思う。逆に100%大満足なんて気持ち悪い、ぐらいな(笑)。

こういう気持ちも5年10年経って、やがて自分も年取ったとき、少しずつ変わっていくのかもしれない。

父に対してもそうだけど、まだ元気なご両親がいる人に今思うのは、「やってあげるか、あげないか」迷うなら、やってあげようってこと。相手のため、というよりは、自分が後悔しないために。事情はそれぞれだから、どこまでやればOKっていうラインはないし、あるとしたら自分で決めていいと思う。でも、悔やむ気持ちがあると、自分自身が後々引きずってしまいそうだから。自分がその先嫌な思いを抱えていかなくてすむように、っていうのが一番大事。人間って結局自己中ないきものだからね!

2018.09.29 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 日々のできごと



おじいちゃん日記0926

雨の中父の施設にいってみると、珍しく自室のベッドで横になっていた。寝ているわけではなく、靴をはいたまま、ちょっと横たわってるという感じ。具合が悪い風でもなさそうなので、背もたれ付きの椅子(入居時にニトリで買ったもの)に腰掛けてもらって、珍しく自室でしばらく話をしていた。


リビングにいるときは、周りに人がいることもあり、そっちに注意がいっていてあまり私と話をしないこともあるけど、自室にいると、盛んにいろいろ話しかけてくる。例によって「あれは、ときどき行くのか」とか「どこに何人いるんだ?」とか、脈絡もなく突然聞いてくる。何を聞きたいのか、私はもちろん本人もわからないので、適当に返すだけ。会話とも言えない、そんな「フェイク会話」にも、さすがにもう慣れた(笑)。

30分ぐらいして、突然むっくり立ち上がり部屋を出ていったのでついていくと、みんながいるリビングへ。声がしてたので気になったのかな。スタッフの話だと、この日は午前中1時間もレクリエーションに参加したそうだ。風船バレーとか磁石のお金釣りとか。1年前だったら、そんなの「くだらない、馬鹿にするな!」って怒りだすだろうにと、ちょっと切ない感じもするけど、本人はニコニコして話を聞いてるところをみると、嫌ではないらしい。そもそも嫌がるのを無理強いされることはないわけだし。まあ、そんなこんなでお疲れだったのかな。

最近おもしろいのは、父が他の利用者と「会話」をしていること。もちろん、みんな父以上にわからない人なので、噛み合う気配もないんだけど、うまい具合にお互い噛み合ってないこともわからないから、タイミング的になにか会話のような雰囲気になってる。

中身はともかく、父がスタッフ以外の人に「私から行くことは滅多にないんだが、子供がときどきくるんだ」と話しかけたり、誰かが何か言ったことに「それはナントカだな」とかそれらしく答えたり。家族以外の人とコミュニケーションしようとしているという事実が、画期的。

つまりは、その人たちを、まったくの知らない人ではなく、「仲間ウチの人」として認識してるんだろうなということが感じられるのだ。それは、きっと父にとってはずいぶんいいことなんだろうなと思う。

そうそう、最近新しく入ったというスタッフがまたひとり。なんと10代と思しきお嬢さん。正直、偉いなと思ってしまったけど、がんばって続くといいね。現場としては、若い子がひとりいると、雰囲気が明るくなっていいかもね。


2018.09.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: