FC2ブログ

ゆうちょに不正アクセスされた?

何日かおきにチェックしている迷惑メールフォルダに【ゆうちょ銀行】からのものがあった。


「進んでいただき、ご確認ください。」というタイトルからして、なんかヘン。迷惑フォルダに自動仕分けされてるし、スパムに違いない。でも、「不正にアクセスされた恐れがあります」と言ってる割には、このメールの中にURLがひとつもない。通常は、そのURL(フィッシングサイト)に誘導してIDとパスワードを入力させて……となるはずなのに、これじゃ釣れないじゃん?

とちょっと気になったので、一応確認しようと、ゆうちょダイレクトにログインを試みた。

ところが、ログインできない!
そもそも、最初に表示される「合言葉」で聞かれる質問が見覚えがないもの。「子供の頃親とよく出かけた場所はどこですか?」なんて、親にどこにも連れて行ってもらえなかった私が絶対選ぶはずのない質問だ。おかしい。。

合言葉を初期化するためのページに移動してみるも、今度はパスワードが違うとはねられる。

え。本当に不正アクセスされちゃった??と、ちょっと焦る。

ネット上の手続きでいろいろをリセットするには、登録済みのスマホアドレスに手続き用のURLを送信するという。でも、ゆうちょなんて滅多に使わないので、たぶん登録アドレスはauのときのものだと思われる。mineoにしてから変更した記憶がない。

となると、書面の手続き? 連休だし、いったいいつになるのー。と気が遠くなる。

でも、ちょっと気になることが。
ゆうちょの場合、ログイン情報として4桁+4桁+5桁の「お客様番号」というのを使う。パスワード記録ツールに保存しておいた情報をコピペして使ったけど、よく見ると、最初の4桁と次の4桁がまるで同じ数字になってる。

他に保存した場所はないかなと探しているうちに、「ゆうちょ」とタイプすると日本語変換で合計14桁の数字が出てきた。忘れてたけど4桁+4桁+5桁の合計140文字を単語登録してたらしい! それによると、やっぱり真ん中の4桁が違う。どうやら、前にログインしようとパスワード記録ツールから4桁、4桁、5桁と3回に分けてコピペしたときに、2回めのコピペで間違えて上書きしちゃったみたいだ。

気を取り直して、単語登録されていた情報でログインを試みると、何の問題もなくログインできた!

記憶からは消えていたけど、昔からのATOKのユーザー辞書を、Google日本語入力にしたときにインポートして置いたおかげで助かった。やっぱりもはやクラウドは私の脳の一部だ。

そして不正アクセスの形跡もなし。入出金情報は3ヶ月おきに4円の利子が入っているだけ(笑)。

ゆうちょの場合、トークン(ランダムに番号を発生させる端末)が配布されているので、仮に不正ログインされても送金などはできない仕組みになっているのだけどね。

不幸中の幸いは、そもそもの「お客様番号」を間違えていたので、何度もログインに失敗してもロックがかからなかったこと。これがパスワードの間違いだったら、たぶん3回ぐらい間違えた時点で、その「お客様番号」にロックがかかってしまっただろうから。

結局何もなくてよかったんだけど、改めて自分のやることに自信がなくなっちゃう。

世の中の誰か悪い人に何かされるよりも、自分が間違える、自分が忘れる方がはるかに確率が高いわけで(パスワード忘れなども含めて)。今更ネット銀行はやめられないけど、普段使わないものは解約するとか、ちょっと利用先を整理しておいたほうがいいかなぁ。

いずれにしろ。
本物、偽物含めてこの手の「警告メール」はしょっちゅう来るけれど、とりあえずメールにあるリンクは決してクリックしてはいけませぬ。

自分のブックマークや、検索で公式サイトを開いて、そこからログインすること。それだけは、お忘れなく~。





2019.05.04 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ネットで便利



最近、googleがちょっとアレな件

検索サービスからスタートして、今や巨大企業となったGoogle。Gmail、Google Chrome、Googleカレンダー、Google マップ、Google フォトと、じわじわと入り込んで私の生活にも欠かせないものとなっている。こんなにもありとあらゆるものをGoogleに依存するようになったのは、ひとえにそのサービスが便利だったからだ。


ところが、最近本家本物の検索サイトがすごく使いづらくなったように感じる。

Google検索が台頭してきた頃、それまで使っていたYahooよりも、無駄な広告がなく、本当に探したいものが探せる、しかもスピーディーということで、飛びついた。ここ最近は、「ぐぐる」という言葉が検索するという意味で使われるほど、スタンダードな存在になった。

ただ、いつの頃からか、通常の検索結果の前後に「スポンサーリンク」なるものが表示されるようになった。これはよく目を凝らしてみないと分からないので、気が付かずにそちらをクリックしてしまうこともあるし、それを避けてどこからかが本物の「検索結果」なのかを見つけなくてはいけないのもイライラする。

しかも、「検索結果」が何件か表示されたあと、またいくつかスポンサーリンクが埋め込まれている。検索する語句にもよるけど、ひどいときは、1ページに表示されたリンクのうち半分はスポンサーリンクだったりする。

誕生当初の「広告のないシンプルな画面」のコンセプトはどこに行ってしまったのか。広告が収入源として必要なのは分かるけど、もう少しユーザーの使い心地に影響しない形にはできないの?

それだけでも嫌なのに、それに加えて、最近気になっているのが、複数の検索語を入れても、平気でその一部を無視すること。絞り込みたくて「a b c」と入れているのに、勝手に「b c」だけの検索結果を表示してきたりする。これじゃ、使い物にならん!

なにか方法はないのかと探してみると、こんなまとめが見つかったので、どうやら同じ事を感じている人はたくさんいるみたいだ。

最近、Googleで複数のキーワードを使って検索すると『勝手に打ち消し線を引いて取捨選択した結果』を返すから不便「すごい検索精度落ちてる」

それに加えて、最近ブラウザとして使っている google chromeが頻繁にクラッシュする。「メモリが足りません」と言ってきたり、フリーズしたり、リンク先が表示できなかったりすることもある。私はないけど、夫のPcではキータイプやマウスの操作もめちゃくちゃ重たくなってしまうそうだ。

クラッシュして落ちちゃったときは、もう一度起動させると、「元の画面を復元しますか?」と出てきて、開いていたタブを元通りに表示してくれるので、今の所特に致命的に困ってはいないんだけど。

Chromeの再起動、WINDOWSの再起動、Chromeの再インストールなど試してみたものの、効果なし。

Chromeがクラッシュする件は、今までにも何度かあって、いつの間にか直ったから、いずれバージョンアップで修正されるだろうとは思うのだけれど。

ユーザーが喜ぶ機能やサービスを次々に打ち出してネット文化を牽引してきたGoogleだけど、ユーザーから愛想つかされたら、他の便利なサービスに取ってかえられちゃうぞ!

2018.08.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ネットで便利



Googleマップでスターを付けた場所を、MAPS.MEに表示させる

6/7出発を前に、せっせと準備進行中。最近の旅の最強の友であるGoogleマップに行きたいところをどんどん保存している。


問題は、現地では私のiPhoneは基本オフラインになること。レンタカーを借りるので、ナビ代わりに夫のAndroid用には現地で使えるSIMカードを使うつもりでいるけれど。

最近はGoogleマップもだいたいオフライン保存できるとはいえ、ちょっと不安なので、MAPS.MEというオフライン専用地図アプリも併用。現地ではこちらの地図のほうが見やすいときもあるし。

ただし、MAPS.MEはスマホのアプリであってPCからは使えない。だから、行きたいところをいちいちスマホでマーキングするのがとっても面倒。

情報を探した結果、一括してデータを移せる方法を見つけたので覚書。

流れとしては以下の通り。
1.PC上からGoogleマップに行きたい場所にスターをつける
2.それをGoogleマップの「マイマップ」に読み込む
3.マイマップからデータをエクスポートし、スマホに転送
4.MAPS.MEで読み込む

2の、スターをマイマップに登録する方法はこちらを参照
Googleマップの移行は思った以上に手間だった

ハイ、確かにちょっとした手間でした(^^;)。
マップデータをダウンロード→第三者サイトでこれを変換→テキストエディタで文字コードを指定し直して保存→マイマップでインポート

基本、上記サイトに書いてあるとおりにやればできるけど、文字コードの修正のところだけ、私は手持ちの秀丸を使用。

3と4の、マイマップからエクスポートしてのスマホへの転送、MAPS.MEに読み込む手順は、こちらを参照。

GoogleMapに登録した地点情報をMAPS.MEにコピーする方法!!

スマホへの転送は、最初Dropbox経由でやろうと思ったら、なぜかエクスポートメニューにMAPS.MEが出てこない。ダメ元でGmailに添付して自分宛てに送ってみたら、こちらの添付ファイルからはMAPS.MEで開くことができた。

ということで、無事転送成功! ぶらぼ~~~!

私の場合、スターを付けちゃってから気がついたので面倒だったけど、これからGoogleマップに印を付ける人は、最初からマイマップを作って、そこに登録しておけば、面倒な「2」の作業をやらずにすむので、おススメです。私も次からはそうしよう。(覚えてるかな~)



2018.06.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ネットで便利



無料の会計ソフトは?

先日届いたショッキングなメール。利用していた「MFクラウド確定申告」という無料オンライン会計ソフト・サービスの規約が変更になるというお知らせだ。今までは、月間15件までだったデータ登録件数の制限が、年間50件になるという。それを超える場合は有料プランを契約してくださいと。

月間15件は年間で180件だから、大幅な縮小。年間50件では収まりそういない。事実上、真剣に使う気があるなら全員有料で!ということね。

料金は、月間800円、年間契約だと8800円。うーむ。

大した収入じゃないのに、お金払うのは嫌だ! がホンネ。

他の無料のものはないのかと探してみる。

見つけたのは「フリーウェイ経理Lite」。
有料版と違うのは、サポートが受けられないことと、データをローカルにしか保存できないことぐらいみたいだ。仕分けデータの登録件数には制限はないっぽい。

サポートなしといえど、詳しいオンラインマニュアルもあるし、とりあえずインストールしてみた。

しかし。青色申告歴、はや?年。20年ぐらいはやってるのかなぁ。基本の簿記知識がゼロで、毎年「やっつけ」でみようみまねでやってるだけの私なので、なかなか手ごわい。

ソフト自体が難しいわけではないのだけれど、簿記の基本が分かってなくて、今まで「ここにあれを入力して」と機械的に覚えていただけなので、操作体系の違いがなかなかのハードルだ。

しかも、すでに入力済みの4月分までのデータを移行することも無理そう。となると、すべて手で入れ直す? 大した件数じゃないけどさ~。

何より、1から勉強し直すガッツが。。

あきらめて8000円払ってMFクラウドを使い続けるか。。

私の場合、それほど複雑な出入りはないだけに、本当に知識があれば、エクセルでもできちゃうんじゃないの?と思うところが、悩みどころ。

迷う~。もうちょっと考えてみよう。。。



2018.05.07 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ネットで便利



バブルスーツでメルカリデビュー♪

先日、夫が断捨離したバブルスーツ。冗談で、ドラマの衣装さんとか欲しかったり?なんて言ってたら、もしかして本当に欲しい人いるかも?な気になってきて、試しにメルカリに出品してみた。


すると。なんとすぐ翌日に「売れました」の通知。ひゃー。値段は送料込みで3000円。こんなにすぐに売れるなら5000円ぐらいにしておけばよかったかな、、なんて欲が出たりして。ゴミとして捨てるつもりだったくせにね(笑)。

気を良くして、Amazonで買ったもののサイズが合わなくて1度しか履かずにいた靴も出品してみたら、こちらもなんと数時間後に「売れました」の通知が来た。

この手のフリマは、昔ヤフオクで、最近はAmazonマーケットプレイスで体験済みだけど、こんなにすぐ反応があるとは、さすがメルカリ。登録している人の数がすごく多いんだろうなぁと実感する。

今の若い女の子で「メルカリ」知らない子いないもんね。もっとも、バブルスーツを買ってくれたのは男性だし、靴もおそらくそんなに若い子ではないと思う(単に靴の趣味から推測)けれど。

人気の秘訣は、なんといっても簡単なこと。スマホで写真撮ってそのままアップして、カテゴリ選んでちょっと説明を書くだけ。お金のやり取りも直接しないので面倒がないし、らくらくメルカリ便など提携している配送システムを使えば、メルカリのページで生成したQRコードをコンビニの端末にかざすだけで伝票も出てきちゃう。

昔ヤフオクが始まった頃、デジカメで写真を撮って、PCに取り込んで出品、落札後もいちいち相手にメールして、口座番号教えて、入金も自分で確認して、発送して、なんてやってたのを比べると、天と地ほどの作業量だ。

今はヤフオクも、かんたん決済とか連携配送システムとかもやってるみたいだけどね。

ただ、スーツを買ってくれたのは男の人だったせいか、何もコメントもなく淡々と終わったんだけど、靴を買ってくれた人からは、頻繁にメッセージが。。気が付かず返信が遅れてしまってアワアワ。次女に聞くと、やはり女性同士の場合、かなりこまめにメッセージをやりとりして、評価を上げることが大事なんだとか。うん、まさに女の世界って感じ(笑)。

ちょっと出遅れちゃったけど、この手の丁寧なやりとりは慣れてるつもり。スマホの通知をオフにしておいたのはうっかりしてたけど。

気になって、ヤフオクとメルカリのユーザー数ってどうなってるんだろう?と思ったら、比較してるサイトがあった。合計数はまだヤフオクの方がやや多いらしい。ユーザー層はメルカリは若い女の子、ヤフオクは年齢高めの男性というのは予想どおり。

メルカリは女子、ヤフオクは中年男性 比べてわかったフリマアプリ利用者の違い

他のサイトの情報によると、早く売りたいならメルカリ、高く売りたいならヤフオクだそうで。そりゃそうね。ヤフオクはオークションだもの。

あー、こんなことなら、この前捨てちゃった、ほとんど未使用のelleのビジネスバッグ、出してみればよかったなぁ。他に売れるものないかな??!!

2018.04.22 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ネットで便利



«  | ホーム |  »

びっけのおすすめグッズ

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: