FC2ブログ

緑内障の進行状況

5年前、思いよらず突然に、緑内障であることがわかった。以来、ほぼ3ヶ月に1回の割合で眼科に通い、毎日目薬をさしている。


前回、視野検査の結果が悪かった。「でも誤差もあるので、次回も悪かったら薬を変えることも考えましょう」と言われていた。

そもそもなんの自覚もなく、たまたま念の為検査してみたら見つかった病気だけれど、最近ちょっと自分でもあれ?と思うようになってきた。特に6月の末にヨーロッパ旅行から帰ってきて久しぶりにPCを使ったとき、画面の文字が見づらいのを感じた。

試しに片目ずつよくチェックしてみると、悪いと言われている右目で視野が狭くなっているのがハッキリ分かる。細かい文字を見ると、バッチリ見えている部分のすぐ上のあたりがグシャグシャっとした感じに見える。普通に生活しているときは感じないんだけど。

おそらく、本来文字を読むときは、1文字ずつフォーカスしているわけじゃなくて、ある程度まとまりで見えていて、まとまりごとに視界をずらして見ているんだと思う。その一度にキャッチできる情報量が減って、目を動かす頻度が増えて?疲れを感じるのか。

これってすごくショックなことだ。

緑内障とは視野が欠けていく病気で、いずれは失明する。現時点では進行を遅らせることしかできず、一度欠けた視野を戻す治療法はない。ただ、それほど急に進むものではないので、進行を遅らせつつ、なんとか寿命が尽きるまで逃げ切りましょうということなのだ。

実際、失明寸前まで病気に気が付かない人もいるぐらいだというし、と気楽に考えていた。

でも、失明するまでの段階でも、目が見えにくくなると実生活にはいろいろ不便なことが出てくるのか! 特に私のように活字フェチの人間は、細かい文字を飲むのが苦痛になったら、何を楽しみに行きていけばいいんだろうか。。

などと心配しつつ、どきどきして行ってきた今日の定期検査。

検査の最中も、なんとなくいつもより見えてない気がする(涙)。

ところが。しばらくして診察に呼ばれると、「この前悪かったけど、今回は良くなってますね」と!

あれ???そうなの???

でも、自覚症状がうんぬん、、という話をすると、「検査の結果を見る限り、急に悪化したとは思えない」という。

ただ、普通は周りの方から視野が欠けてきて次第に中心部に広がってくる事が多いところを、私の場合は視野の欠損が中心に近いところから始まっているので、それほど欠けてなくも自覚しやすい傾向はあるのだという(それは前から言われていた)

そして、自分で「見えない」って気がついちゃったことで、余計見えないように感じるのだと。

うーむ。まあ言われてみれば分からないでもないような。

実際に悪くなったとしても、できることはより強い薬に変えるぐらい。これから先の長丁場を考えると、できるだけ今の薬を長く使ったほうがいいという。検査の結果で問題がないのなら、それがいいんだろう。

だとしたら、気に病むだけ損ってことだ。欠けている部分は、他の見えている部分やもう片方の目から入る情報で補完されるのだから、「見えない」ところを意識しすぎるのは確かに良くないのかも。

コップに半分あるお水(もう半分しかないか、まだ半分残ってるか)のたとえじゃないけど、できないことより、できることに目を向けていくべきなのだ、きっと。今の見え方を受け止めて、そんなもんだと順応していくしかないのかな。

といいつつ、実際に本当に文字を読むのが辛くなる前に、なにかあまり目を使わずに楽しめる趣味を開拓しなくっちゃだね!


2018.08.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 緑内障



ステロイドと眼圧の関係

今日は緑内障の診察で眼科の日。視野検査の予約があるので期日指定なのだ。

前回、「封を切ったら1カ月で捨てる」の約束を守らず、もらった目薬をケチって使ってたのを怒られたけど、今回はちゃんと守ったせいか、眼圧は12と13で下がっているとのこと。オコラレズニスンダ。

視野検査の結果は、前と同じく、ちょっと兆候はあるけど自覚症状はないだろうというレベル。「これを維持していきましょう」って、一生だよねぇ。先は長いなぁ。(長くなくても困るけど)

で、せっかく行ったのでついでに、まぶたがかぶれてかゆいことをダメもとで相談してみた。「これって、眼科行かなくちゃダメですかね?」と。目のまわりの話だし、軟膏ぐらい出してくれないかなぁと期待して。

すると、先生曰く「眼科行くと、おそらくステロイド処方されると思うんですけど、眼圧が上がることがあるんで、あまり使いたくないんですよね」と。

なに? 塗り薬も眼圧に関係するの???
この前、めまいで耳鼻科にかかったときに、めまいの飲み薬とが緑内障の目薬の効用に影響すると聞いてびっくりしたけど、塗り薬もなのかー。

(実は、このかぶれは今年の初めぐらいからずーっと続いていて、その間、次女が昔皮膚科でもらった「顔に塗っても大丈夫なステロイド」を自己判断で塗っていたのだけど、また怒られるとイヤなので黙っておく。)

で、我慢しろと言われるのかと思ったら、「代わりに内服薬を処方しておきます」とのこと。塗り薬はダメで飲み薬はOKってのもよくわかんないけど。

今日は口頭で申し出ただけで、先生は直接かぶれてるところを見たりはまったくしなかったんだけど、要はアレルギー症状だからそれを抑える薬でオッケーってことなのか。

「車の運転はしますか?」と聞かれ、元気よく「まったくしません!」と答える(もう10年以上ペーパーだもん)

花粉症や鼻炎の薬もそうだけど、アレルギーの薬ってとにかく眠くなるんだよね。なので、運転するなら強いのは使えないということらしい。「でも、昼間っからあんまりぼーっとしちゃうのも困るでしょ?」ということで、強い方から2番目の薬で2週間様子を見ましょうと。

で、処方されたのが、「タリオン錠1」という薬。効果があれば、3,4日で効いてくるはずとのこと。何も変わらなければ、薬を変えるのでまた来て下さいだって。(今日は、ちゃんとお薬手帳を持参したよ!(おそらく初めて!!!))

帰りに、1年先の検査の予約をさせられた。いつものことなんだけど。絶対覚えてられないから、その場ですぐにiPhoneからGoogleカレンダーに入れておく。こういうとき、デジタルだとうんと先でも入力できるのが便利。カレンダーや手帳じゃ、1年以上先の予定は書けないもんね。

そもそも緑内障なんてほとんどお年寄りばかり。忘れちゃう人もいそうだ。っていうか、1年先が元気じゃない人だっていそうだし(^^;)。となると、この「1年先の予約」、ちゃんと予約通りに来る人の率ってどのぐらいなんだろうね???


2014.07.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 緑内障



緑内障その後

検査の予約が入っていたので、眼科に行ってきた。

5月にたまたま行った検診でいきなり緑内障という診断を受けて、その翌週に受けて以来2回目の検査。片目ずつのぞいて、光ったと思ったらボタンを押すんだけど、例によって、見えてるんだか見えてないんだかだんだん分からなくなってくる。

今回、見えない時間が長く続くことが多いように感じられて、すわ悪化してる?とドキドキ。最初、症状が出ていると言われる右目をやって、次に左目になったとき、もっと見えない気がしたので、これは左目も発症して急激に悪化したのかと不安になる。

診察で結果を聞くと、あれ、あんなに見えないと思った左目はやっぱり異常なしだって。本人の見え方とは関係ないのね(^^;)。

でも、右目に見えない部分があるのは相変わらず。場所でいうと左上部分なので、おそらく左目で補えてしまっているから、普段の生活では気がつかないでしょうとのこと。

前回の検査の後、とりあえず薬を出してもらって右目のみ点眼してたんだけど、今回の眼圧は左目が15で右目が13。眼圧自体はもともと高くなかったんだけど、薬の効果はあるようなので続けていくことに。

今は症状が出てない左目も、いずれは発症するリスクが高いので予防的に左目にも点眼してくださいという。まつげが濃くなったり目の回りが黒ずんだりするこの薬の副作用は、片目だけだと目立ちやすいので、その意味でも両眼したほうがいいでしょうという。

「健康な目にさしても何も問題はないのですか?」と聞いてみると、アレルギーが出ることはあるけど、今まで出てないのでそれは大丈夫だし、あとまれに奇形などにつながることがあるので出産の可能性のある人には勧めないのですがと。ハイハイ、今さら出産する年齢ではございません。

「むしろ、睫が長くなったり、アイラインを引いたみたいになるからという美容的な効果を期待して、病気じゃないのに使うケースもあるぐらいですから」というなら、喜んで使いましょう♪ いっそ、綿棒で睫に直接塗っちゃおうか(爆)。

次回の予約は8月終わり。また何かの検査をやるらしい。その後、定期検査の予約も混み合っているらしく、11月そして来年の1月まで予約を入れて帰ってきた。予約表はもらったし、すぐにGoogleカレンダーにいれておいたから忘れないとは思うけど。念のため、覚え書き代わりにブログにも書いておこう(笑)。

2013.07.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 緑内障



«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: