Entries

旅行太り

ショックです。体重がおそらく、妊娠時を除いて過去最高を記録!

基本は、更年期太りってやつだと思う。ここ1,2年、特に理由はないのにジワジワと体重が増えてる。今までだったらちょっと食べるのを控えめにすると戻ってたのに戻らない。お店で見かけてステキ!と思った服を着てもなんだか太って見える。今まで気に入って着ていた服を着ても太って見える。写真に撮られた自分の姿が予想以上にデブ。はい。認めるしかない。過去最高のデブ、それが現実。

というところに持ってきて、この旅行から帰ってきたらさらなる増加。

毎日あんなに歩いてたのに! 自宅にいるときにやってるダンベルとかヨガとかはできなくても毎日2万歩近く歩けば相当な運動量だと思うのに。運動量多すぎて筋肉が付いて重たくなった、、ワケはないよなぁ。

毎日ごちそうを食べたかというと、全然そんなことはなくて。3週間近くもの旅ともなればおサイフも胃袋ももたないので、かなり粗食な方だと思う。前菜とメインがつくようなコースで食べたのは2回だけだし、そもそもレストランにも行かず、部屋でパンとチーズとサラミとサラダで済ませるような日も多かった。お昼もパンをかじるだけとか。朝食も部屋でパンと果物とか。

ホテルの部屋で食べてた典型的な夕飯はこんな感じ。(これで2人分よ)
IMG_9025.jpg 

ああ、それなのに、それなのに。

思い当たるのは、普段は野菜中心でご飯はほとんど食べないのに、旅の間は基本パンでお腹を満たすような生活だったこと(だってフランスはパンがおいしいし)。肉はほとんど食べてないけど、なんたって野菜が少ない。毎日のようにスーパーで買った葉っぱやトマトのサラダを食べてたけど、生野菜なんて量はたかがしれてる。果物もカロリー高い。パリではキッチン付きのアパートタイプのホテルだったので、一度だけじゃがいも、玉ねぎ、人参、ベーコンを買ってきてポトフを作って食べたけど(外食続きだとすごくほっとする味)、そういう料理って、なかなかレストランではお目にかかれないのだ。(ポトフってフランス料理のはずなのに)

そもそも、西洋って野菜メインの料理ってのがほとんどないような気がする。サラダ以外の野菜といえば、フライドポテト!
IMG_8709.jpg 
付け合わせに出てくることが多いけど、特にベルギーはフライドポテト発祥の地ということもあって、とてもおいしい。専門店もあるぐらい。そして、私はフライドポテトが大好き。だから、専門店でも何度か買って食べたし、付け合わせのポテトも結構バクバク食べてた。おそらく最大の犯人はこれだ。

フライドポテトの材料であるジャガイモは、野菜というよりは穀物。つまりはパンだのポテトだの炭水化物ばかりでお腹を満たしていた結果なんだと思う。。。。

ここからv字回復ができるのか、このままズルズルとデブなオバサン街道まっしぐらなのか、自分のがんばり次第だよねぇ。。。。。




ただいま!

結局、旅行中は更新できないままに終わっちゃったけど、一昨日木曜日の午後、無事に帰国しましたです。

この前アップしたベルギーのブルージュというところから、鉄道でオランダへ行き、ブリュッセルに戻って、飛行機で南仏へ。レンタカーで4日間ほどまわり、再び飛行機でパリへ。そこからまたレンタカーで、モンサンミッシェルなどノルマンディーをドライブ、パリに戻って4日間ほど過ごして帰国というスケジュール。

ブリュッセルだのニースだのパリだの、なんでまた今そこへ?と言われそうなルートだったけど、、、結果的には何ごともなく無事に帰ってこられてよかった。もう好きなことたくさんやったので、自分自身は何かあっても悔いはないけど、今死んだら老親の面倒をひとりでみる姉に悪いし、老親も可哀想だし、ヨメイリ前の娘たちも悲しむだろうし。とまわりの人のことを考えるとね、ホントによかった。

どこも警戒は厳しいみたいで、特にブリュッセルなどはウィークエンドビールというイベントをやっていたこともあってか、銃を持った兵士が街中を歩いてた。パリはどこの建物に入るにもセキュリティチェック。ユニクロでさえ! でも、ニューヨークもそうだったから、これはIS云々ではなく、最近は常識なのかも。

本来はEU内なら国境なしでフリーパスのはずが、ブリュッセル→マルセイユと空路でフランス入りしたときには、普通に入国審査があったり。そういえば最初にブリュッセルで入国したときも、「帰りの切符を見せろ」と言われたのは初めての経験。

滞在中も、在仏大使館からメールがきて(外務省の「たびレジ」というのに滞在の予定を登録していたので)、「ノートルダム大聖堂付近にてガス缶を積んだ不審な車両が発見された事案に関する注意喚起」なんてメールが来てたり。(関連ニュースはこちら

IMG_1003.jpg 

これは9月13日にノートルダム大聖堂前で見かけた光景。警官3人がこの車の中をしげしげと調べてた。

そんな状態なので、帰りのパリの空港もさぞかし警戒がきびしかろうと早めにいってみたら、あれれ、全然ノーチェック。インドの空港では入口でパスポートとチケット見せないと絶対入れてくれなかったし、バリ島とか他の国でも入る前に荷物チェックがあるところもあったのに、まったくなし。日本の空港と同様に、チェックインの後の搭乗前の荷物検査があるだけで。そんなんで大丈夫なの~と反対に心配になっちゃうけどね。

パリでは行列必須と言われるルーブルも意外にすんなり入れちゃったり、全体的に観光客が減っているのかなという印象。でも、名所には外国人観光客もたーーーくさんいて、みんな普通に楽しんでた。無事だったという結果論ながら、空いててラッキーだったみたい。

日数はたっぷりあるし、のんびり旅行のつもりが、結局よくばっていろいろ毎日忙しく動いてた。
IMG_1190.jpg 

普段は一日2000歩ぐらい、せいぜい5000歩ぐらいのところを、毎日1~2万歩近く歩いてた。年間の運動量と日射のほとんどを海外で稼いでいるような気がする。。。




ブルージュに着いたよ

最初の訪問地である、ベルギーのブルージュという街にいます。
運河のあるきれいな街。観光客もそれほど多くなくてのんびりしたいいところ。


そして、ベルギーと言えば、チョコにワッフルにビールとおいしいものばかり。最近増える一方の体重が気にはなるけど、ダイエットは明日から~ならぬ、帰ってから~ということで(^O^)。
ちなみに、今日歩いた歩数は21474!
しょっぱなからプチトラブルはあれど、今の所すべてケガの功名というか、結果オーライな展開。明日は二番目の街アントワープに行く予定。

災い転じて?

一時期はどうなることかと思ったフランス・ベルギー旅行。おかげさまで無事行けそう!と喜んだのもつかの間。

あれあれあれ、、台風が不穏な動き。西に行っちゃうと思った台風10号が、パワーアップして、おまけにまさかのUターンとな?? 予想によると30日ごろ関東に接近するかもという。

えええええ。出発30日なんですが! 飛行機飛ばなかったらどうしよう? ANAのブリュッセル便は1日1本なので、振り替えるとしたら翌日。この時点でチェックした限りでは翌日便も空きはあるようだけど、キャンセルが決まったら早い物勝ちになるからどう転ぶか分からない。

先日の次女の例から行っても、直前まで飛ぶか飛ばないか分からないというのもシンドイ。とりあえず空港に行ってみて、、と行っても成田遠いからねぇ。そもそも成田までの足も時間通りに行くかどうか。

と、ドギマギ、イライラしてるぐらいだったら、予定変更しちゃう?

ということで、前日の29日に予約を変更してもらった。全部の日程をずらすのは面倒なので、最初の訪問地ブルージュに1日早く入って1日長くいることにした。なので、その他の移動などで生じるデメリットはなし。のはず。

こういうとき、マイルで取った特典旅行というのはありがたい。有償で買った格安航空券だと、欠航時の振替はあっても、こんな風に事前の変更はできない(もしくは手数料がかかる)。でも、マイルのチケットはけっこう直前まで無料で変更できるのだ。(日時の変更のみ。区間の変更は不可)

しかも、思わぬラッキーなことも。航空会社のルールとして第一区間の便の日時を変更する場合は、すべての諸費用が再計算となる。このチケット、元はといえば昨年の秋に予約したもの。当時は燃油サーチャージもかかってたし、円のレートも悪かった。なので、今の時点で再計算すると、サーチャージはゼロになり、外国の空港でかかる空港税などの円換算が有利になる分、払い戻される。

オペレーターの計算によると、2人分で3万2520円戻ってくるんだって!

再発券による払い戻しは、実は今年の2月にも一度していて、そのときも9110円×2=1万8220円返却されている。なので、最初の予約時から比べると、5万円以上も得をしたことになる!

1日行程が伸びると、その分経費もかかるわけだけど、幸いホテルはポイント利用なので無料。食事や観光でそんなにはかからないだろうから、差し引きはプラスなはず。その分、どっかでちょっと高級レストランでも行っちゃいましょうか!



ホテル予約サイトのクーポン

とりあえず母の容態もよさそうなので、予定通り行こうと思っている9月のベルギー・オランダ・フランス旅行。今回は15泊17日の旅。途中、鉄道や飛行機国内線、そしてレンタカーを使って移動し、宿泊するホテルは10箇所にもなる。

ホテルの予約サイトはたくさんあるけど、今までの経験からして、最近は値段はどこも変わらない感じ。多分お互いの値段をほぼリアルタイムにチェックする仕組みとかがあるんだろう。ただ、あまり大きくないホテルだと、Aという予約サイトでしか扱ってない、というようなことは結構ある。

私の場合、まずロケーションありきで探すので、各予約サイトで、そのエリアの地図を表示して、駅なり観光地なりに近いところから、価格やクチコミを見て決めていく。

今回は、探しだしてから実際に予約するまで結構時間があったので、何度も見ては予約せずに閉じて……ということを繰り返していた。すると、旅行と関係ないサイトを見ていても広告が表示されるだけでなく、そのサイトからその都市のオススメホテルはこちら!みたいなメールがガンガン届く。いずれの予約サイトもアカウントをもっていてログインした状態で見ているので、フラフラ見て歩いた履歴データと会員情報を結びつけて、「最後のひと押し!」をしてくるのだろう。

それに加えて、結構な頻度で「期間限定クーポン」が届く。10%引きとかの。せっかく訪れたユーザーをなんとか予約までこぎ着けようと必死なのだ。

となると、クーポンなしでそのまま予約するのがもったいなく感じてしまう。で、クーポンが来てないときも、そのサイトの名前とクーポンというキーワードで検索すると、クーポンのページにヒットすることもある。

ということで、今回はほとんどのケースで、このクーポンを使って割引き価格で予約した。

クーポンを使うための条件としては、予約時にオンラインで決済する場合にのみに限られているようだ。先に決裁しても、数日前までならキャンセルすれば返金されるので問題はないのだけれど。(実際、何度もそれで返金された実績あり)

ちなみに、クーポンとは別に、「シークレットプライス」とか「タイムセール」みたいな感じで、送られてくる情報は利用したことがない。なぜなら、そういう値下げをしているホテルって、自分の希望と合わないことが多いから。まあ、普通に考えて、人気のあるホテルはセールになんかならないよね。

で、今回ほとんどを予約したのは、Hotels.comというサイト。クーポンが多かったのと、以前利用したときのポイントみたいな分で50€も割引き分があったりしたから。サイトも見やすい気がする。ちょうど今は、Topページに行くと、10%オフのクーポンがたぶん全員に表示されるはず(予約は8月1日までで、宿泊は11月30日まで。アジアのホテルは8%引き)

あちこちに分散すると、「あれ、どこ経由で予約したんだっけ?」って分からなくなるので、なるべく1箇所にしたいところだけど、実際は、Hotels.comが5箇所、Booking.comが2箇所、そして夫が会員になってるインターコンチネンタル系の会員サイトプライオリティ・クラブで3箇所と、3つにばらけてしまったので、ちゃんとエクセルで管理して(笑)。

違うホテルに間違えて予約してた!なんてことが、今回はありませんように・・・・。(前科2犯だからね)




Appendix


クリックで救える命がある。

Profile

びっけ

関東在住で松田聖子と同じ年。フリーでライターをしてます。

Extra

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: