父、救急搬送される

今朝、7時前に携帯が鳴った。寝ぼけててアラームだと思って止めようとしたら、電話じゃん。0492~って埼玉の局番。いやーな予感。


電話は父のマンションの管理人さんから。「お父さんが怪我をして倒れていたので救急車を呼んだのだが、お嬢さんは遠くてすぐに来られないだろうから、妹さん(姉ね)の電話番号を教えて下さい」と。その番号を警察に伝えるという。姉には私からもかけようかと思ったけど、お話中になるとイケナイと思って、とりあえずLINEで一報を入れておく。

母が入院中も、電話に出たためしがない姉(電源切ってるか留守番電話)。まず、出ないだろうなぁと思っていると、ほどなく今度は警察からの電話。案の定、姉に電話がつながらないという。「連絡取る方法ありませんか?」と言われても、私だって知りたいわい。そうとも言えないので、「とりあえず私がこれから向かいます、2時間かかりますけど」。

その電話では、怪我は大したことがないので病院に行くほどでもないが、家族の人に引き渡さないと帰れないという。2時間はここで待っていられないから、いったん警察署で預かるので署まで引き取りにきてくださいとな。

分かりましたと電話を切って、出かける用意をしていると、今度は救急隊員からの電話。傷は大したことないけれど、頭をぶつけているかもしれないので、一応病院に搬送したいという。了承し、聞かれた情報を教え、家を出る。最寄り駅に着いたあたりで、搬送先が決まったという連絡が来た。川越線の南古谷という駅にある病院だという。

その後、再び警察から電話で、やはり病院に搬送されたので病院に直接言って下さいと。病院では入院することになったようなので、その手続きもお願いしますとのことだった。この警察の人が優しい人で、「お手数おかけしてすみません」というと「とんでもないですよ。どうぞお気を付けていらして下さいね」と。今日に限って夫もいなくて、姉にも連絡がつかず、ひとりでテンパってたもんだから、そんな言葉でも涙が出そう。

管理人さん、警察、救急、みんな言うことが食い違うのでよく分からないんだけど、要するに父が早朝にマンション内の外廊下?敷地内?でハイハイしているところを、住民が見つけて通報ということらしい。直接の通報は誰がどこに最初にしたのは不明。

なんとなく状況が飲み込めたところで、車内で「南古谷」への行き方を調べる。新宿から埼京線で一本か。駅からはそれほど遠くないけど、雨降って寒いしタクシーに乗った。

病院に着いてみると、顔と足の指に傷があるものの、本人はいたって元気。雨降ってて濡れた地面で滑って転んだらしい。持ち込まれていた父の履いていたらしき靴は、トイレのスリッパ。そりゃ滑るわ。

本人曰く、滑るから危ないと思ってハイハイしていたと。その前に1回転んでってことなのかな。どこへ行こうとしてたのかは要領を得ないけど、なんとなくでも状況が分かってるので、特に異常はなさそう。痛がってる風でもない。言ってることわけわかんないのはいつものことながら、母が入院したときのようなせん妄状態ではない。

看護師さんに話を聞いたモノの、今日の時点では祝日で医師がいないので、すべては明日先生に診てもらってからとのこと。緊急性はないって判断されたんだろう。医師の話を聞いたり、入院の手続きをしたりも、明日になるというので、姉が来るのを待って、私は「また明日くるからね」と帰ってきた。(到着するなり、逆切れでヒステリー起こす姉にうんざり)

と、帰り道。姉からLINEで、父が家に帰ると言って聞かないので、連れて帰ったと。当直の医師も呼んで説得してもらおうとしたら、「特に問題なさそうだから帰っていいです」と言われてしまったと。粘る姉に、「病院はホテルじゃないので、帰宅後のことはご家庭の問題です」と突き放されたそうだ。

で、結局自宅に連れ帰り、姉は今晩は実家に泊まるという。明日は私が様子を見にいく予定。

本当は、入院したのをいいチャンスとばかり、このままショートステイや施設入居になだれこんでしまえないか?ともくろんでいたけれど、あえなく失敗。まあ、大事に至らず良かったねってことなんだけど。入院が長引けば、もっと認知症が進んじゃったり、歩けなくなったりしちゃうしね。

こんなことを、これから何度も繰り返すのかしらねぇ。

ちなみに、今日は10年ぶりぐらいに会う友達とランチの約束をしていたのに、それもボツ。ざんねーん。





2017.11.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 介護



誕生日前日に父を訪ねる

今日は銀行の手続きがあって、ついでに実家にも寄ってきた。


11時にケアマネさんが来る約束になっていたので、朝一番で家を出る。実家近くまで来て電話を入れると、ヘルパーさんが出て、「今お食事を召し上がっています」。このとき10時半。朝ご飯なのかお昼ご飯なのか??ま、いいんだけど。

ちょうど帰り際だったヘルパーさんは、初めて見る方。「今日は、直接ズボンを履いていらしたので、リハビリパンツを履いていただきました」とな。その前に履いてたリハパンはどこへ?と探したら、父のジャンバーのポケットにあった。

ケアマネさんの用件は、先日の介護保険認定で認定が1つ上がったので、新しい書類を作る必要があったらしく、サインとハンコを押す。認定度とは関係ないけど、母が亡くなって世帯数が減った関係で、先月から介護の自己負担は2割。自己負担金は単純に2倍になった。

ついでに、現状報告などを含めていろいろ相談に乗ってもらう。心配していた年末年始は、一人暮らしの人の場合、関係なくサービスが受けられるという。姉がどうするというか分からないけど、お願いできることが分かって一安心。

ヘルパーさんの日報を読んでも、担当者がちゃんと連携して、父を責任持ってサポートしてくれているのが感じられて安心できる。こうやって私が普通の生活をしていられるのも、ヘルパーさんやケアマネさんがしっかりやってくれるおかげ。感謝、感謝。

ただ、一方で行く度に家がヘルパーさんたちの領域になっていく感じで、台所のものなども勝手にいじっちゃ悪いかなとか、冷蔵庫の中のも使ったら困るかなとか遠慮しちゃう。文句を言われたりすることはないので、気にすることもないんだけど、できるだけ気分よく働いてもらいたいしね。

父は、最近は着替えもひとりでは覚束ない様子。入浴もひとりでできることが減ってきているようだ。先々週に私が行った日も、ヘルパーさんの日報には「娘さんがいらっしゃったようですが(ヘルパーさん宛にメモなど書いたので)、「誰かが来た」と言っていました」と。あの日は夕方までいたから、ヘルパーさんが来るまではほんの1,2時間しかたってなかったと思うけど、忘れちゃうのね。今日も、私だということが分かってるのかいないのか。「誰かよく知ってる人」レベルだった感じも。

実は明日22日は父の89歳の誕生日。お赤飯を持参し、プレゼントにパジャマも買っていったのだけれど、「おお、悪いね、ありがとう」と言うものの、反応が薄い。先月、ズボンを買っていってあげたときは、もっとうれしそうだったんだけど。父が「大事にされている」って幸せな気持ちになってくれればいいなという願いも、あまり通じなかったみたい。こうやって、どんどん分からなくなっていくのね。。。

2017.11.21 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 介護



父に幻視が始まった

昨日、ひとりで電車で実家に行き、父の様子を見に行ってきた。前回は先月の22日だから、3週間弱ぶり。


先週電話をしたら、ちょっと声が弱々しかったのと、天気が良いので少し外に連れだしてあげようと思ったのもある。最近ついにカギをなくしてしまったらしいこともあり、散歩にも行ってないようなので。床屋さんも、先月から訪問でしてもらえるようになったし。

お昼過ぎに着いて、自分用に買っていったパンを食べながら、父にもアンパンを勧めると、美味しそうに食べていた。散歩に行こうと誘うと、最初は「やることがあって忙しい」「ここを散らかしたままでは出かけられない」(何も散らかってない)「無理はしない方がいい」などと理由を並べて行きたがらない。

でも、「お天気いいから外の空気吸うと気持ちいいよ」、「ちょっとは歩かないと足がなまっちゃうよ」、「せっかくお父さんと散歩に行こうと思って遠くから来たのに」などとしつこく誘うと、渋々同意してくれた。結局、散歩と言ってもマンションの前の緑道を数十メートル歩いて一回り、時間にして父の足でも10分程度で、「じゃあ帰るか」というので帰って来ちゃったけど。

とりあえず第一ミッション終了ということで、第二のミッション、ヘルパーさんの日報に目を通す。前回行ったときにメモでお願いしてきたので最近はお布団を敷いてもらっているのだけれど、カバーを掛けた方がいいのでは?とあったので、押し入れを探してカバーを掛ける。

日報で気になったのは、ヘルパーさんが訪問したときにカギをかけたまま留守にしていることがあり、マンションの敷地内を捜索して違う階で見つかったということが2回ほどあったらしいこと。そういえば、父のジャンパーの内側にマジックで大きく住所と名前が書いてあった。ヘルパーさんが書いてくれたんだろう。

「迷子になったことをとても気にしていらっしゃいました」とあったので、そのせいもあって外に出たがらなかったのかも。

敷地内とはいえ家を出てウロウロするのは、たぶん母が帰ってくると思っているから。2週間ほど前、「今から迎えに行く」「探しに行く」と聞かないので「お嬢さんから説得してください」とヘルパーさんから電話をもらったこともあった。その後、ケアマネさんからもメールがあって、とりあえずその場を収めるために、「今奥さまはお嬢さんの家にいっているということにしてください」と言われていた。

その後、その話では連絡がないので落ち着いたのかと思いきや、相変わらずのようだ。この日も、「もうすぐお母さんも帰ってくる時間だ」とか「この前一度戻ってきて調子がいいようなことを言って帰っていった」とか。「どこへ?」と聞くと「そりゃ、ほら、今いるところに」と。

そして遺影を指さして、「このおばさんは●●の××、アンタは知ってるか」と、親戚の人みたいなことを言う。一度は「お母さんだよね」というと「そうそう」と言ったけど、30分後ぐらいに、また同じことを言う。

帰り間際に、また「もうすぐ帰ってくる」というので「帰ってこないよ」というと、「なんでだ?」と尋ねる顔があまりに真剣なので、それ以上は言えず、ニッコリ笑って首をかしげておく。とりあえず安心させるのが一番かと思って。

「変なこと言って驚かさないでくれよ」「まあ、あれだな、お母さんの様子をちゃんと確認して、またこっちにも連絡して」と。ここで本当のことを言って不安にしたまま帰ってくるのも心配だったので、「うん、わかった」と帰って来ちゃった。そう思い込むことで安心するなら、それでいいかと。

もう一つ気になったのは、「知らない女の人がいる」とか「知らない子供が来ている」とか言うという報告。私がいる間にも「そこに猫がいる」という。認知症の中でもレビー症候群というタイプは幻視が見えるというから、そうなのかもしれない。いずれにしても、あまり騒ぎ立てるのも良くないと思い、「何かがそう見えるだけじゃない?」とやんわり言っても言い張るので、聞き流しておいた。しばらくして「猫いなくなった?」と聞くと、「どっか行ったみたいだな」というので「よかったね」と。これがエスカレートして騒ぎを起こすようにならないことを祈るばかり。

その他、リハビリパンツが尿でぐっしょり濡れていることもたびたびあるらしいし、いろいろに進行している感じ。。。。どうぞ、平和に日々を過ごせます
ように!

2017.11.10 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 介護



男性目線の介護録

読書録に書こうかと思ったけど、あまり面白くなかったので、それをネタにした普通の日記で。




著書は、経済関係の書籍なども出している実業家。知らなかったけど、そこそこは有名な人なんだろうか?

それはともかく、1950年生まれというから私よりちょい年上。そんな彼が実の母親の死後、一人暮らしになった父親の家に泊まり込んで始めた介護生活を看取りまで綴っている。

弟はいるが遠方に住み、事情もあり、介護を一手に引き受けた著者。妻も自分の親の介護などがあり、ほぼ孤軍奮闘。でも、それに恨みごとをいうわけではなく、仕事の傍ら、たったひとりで食事の支度からすべてを背負う様子を淡々と書いている。

私が「面白くない」と感じたのは、たぶん、それが「淡々と」しすぎているせいだと思う。ときにウンザリしたは感じはあっても弱音などがほとんどなく、やるべきことを、できることを淡々とやる。その合間に介護とは直接関係ない世の中の経済動向などの話も入りつつ、親孝行について考察してみたり。日常描写が細かい割には、どこか客観的な視点という印象。

そのあたりが、巷に多くあふれる女性による介護録とは違うところ。それをヨシとする人ももちろんたくさんいて、Amazonのレビューでは「涙が止まらなかった」「奥が深い」など高評価。なので、読む人それぞれということで。(タイミングもあるかもね)

そもそもこの本を読もうとしたきっかけは、このインタビュー記事を読んだこと。
「介護もしないうちから偉そうにするな(笑)」
(無料登録しないと、最後までは読めないかも)

このインタビューをしている松浦さんという人が、同じ日経ビジネスオンラインで自分の介護録を連載していて、それを私も読んでいた流れで見かけた記事。

その松浦さんの介護録はその後本としても出版されている。



こちらは、同じ中年男性の介護記録だけど、もっと生々しい。認知症の母とのふたりぐらしで、何がどんな風に大変か、辛いかという視点が基本。タイトルの「ごめん」というのは、「死んでしまえばいい」と心の中で思ってしまったこととか、思わず手をあげてしまったことへの懺悔がこめられている。(本は読んでないけど)私としてはこっちの方が身につまされるというか、共感できるところが多かったかな。ちなみに、今現在、このお母さんはまだ存命なので、将来的には続編が出たりするのかも?

今までもいろいろな介護の本を読もうとして、男性の書いたものはあまり興味をひかれないことが多い。その中でもこの松浦さんの本は、比較的女性っぽいのかもしれない。ただ、連載の媒体が男性向けだったこともあり、反響は大きかったらしい。

親の介護は女性が担うもの(娘か嫁)という常識は、ずいぶん崩れつつある昨今。兄弟姉妹の数が減って、夫婦ともそれぞれ自分の親は自分がという担当制にならざるを得ないケースも多い。そういう意味では、男性に向けて男性が書いた、男性が手に取りやすい介護記録ってのはもっともっと増えてくるといいんだろうね。

2017.11.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 介護



ヒゲの剃れない父とキーボックスと

昨日の日曜日、久しぶりに実家の父のところへ行ってきた。日曜日はヘルパーさんが休みなので、いつもは姉が行ってくれているのだけれど、今週は用事があるらしいのでピンチヒッター。前回行ったのは9月26日に介護保険の認定見直しで行ったときだから、ほぼ1カ月弱ぶり。


この間、日曜に姉から報告があるのでなんとなくの状況は把握していたけれど、私からは電話もほとんどしてなかった。父もおそらく、もう電話をかけることができないみたいで静かな生活。ヘルパーさんは午前午後一日2回も行ってくれてるので、何かあれば連絡が来るし。

現に先週の水曜夕方にヘルパーさんからTELがあり、「奥さまが買い物から帰ってこないと心配してらっしゃいます」という。そういうことは時々言っていたけど、この日は午前から言っていて、夕方になってもずっとそわそわしているらしい。このままだと夜暗くなってから探しにでも行っちゃったら大変と心配して連絡をくれたわけだ。「亡くなったのは親戚だと言って納得しません」「お父様は次女様をとても信頼していらっしゃるようなので、話をしてあげてもらえますか」と。はー。

その後私から電話してみると、なんかすごく混乱してるみたいで、ワケの分からないことをいう。母はもう死んだから帰ってこないよね?というと「そうそう、それは分かってる、そうじゃなくて」と取り繕う。とりあえずは、もう暗いから外には出ないでねと電話を切った。

そして日曜日。夫に車で送っていってもらい、お昼前に到着。夫にリビングの床のフローリングがはがれちゃったところを応急措置で直してもらう。つまづいて転ぶと怖いからね。3人で昼食した後、夫は用があるので先に帰宅。私は、あちこちの整理(ほとんど捨てる作業)に着手するけれど、まったく片付く気配はなし。家にあるものの95%はもういらないものなのに、これを全部片付けるかと思うと気が遠くなる。。。。

父には、通販で買っておいたゴムのスラックス(前に買ったのがよさげだったので、冬用を追加で2枚購入)を持って行ってあげた。「おお、買ってきてくれたのか」とうれしそうだったけど、その場で履かせなかったから、忘れ去られちゃうので、ヘルパーさんへの置き手紙にも書いておいた。ついでにセーターを出したり、服を整理。今のところ、とりあえず寒くなったら長袖を着るということはできてるみたいだ。

ただ、無精ヒゲが伸びていて、本人も気にしている。バタバタしていて本人に聞き忘れちゃったんだけど、どうやらひげ剃りのやり方が分からなくなったのかもしれない。父の机の上にはカミソリが2本きれいに並べてあったから。はて、これをどう使うんだ?ってなっちゃったのかも。

その件は帰宅後ケアマネさんにメールして、ヘルパーさんに様子を見てもらうようにお願いした。

気になる便失禁は、今のところ騒動にはなっていない模様。あれ以来常にリハビリパンツを履いている父。ときどきパンツが汚れているらしいけど、ヘルパーさん曰く、漏らしてしまうというよりは、うまくお尻が拭けてないのかもと。ペーパーのホルダーに便らしき汚れも。ケアマネさんに相談したら、トイレットペーパーをちぎれないのかもしれないという意見。そういえば、上から押さえて切るって、結構難しいテクなのね。場合によっては、昔の「便所紙」みたいのを置いておくとよいかもとアドバイスされた。

父はこの日も「もうすぐお母さんが帰ってくる」と言う。「ガンになって、入院して、亡くなって、この前お葬式したよね」というとビックリした風でもなく、「そうそう。そんなことは分かっとる。そのお母さんじゃなくて」という。「じゃあ誰?」と聞くと、「????」となってしまう。どうやら、父の頭の中では「死んじゃったおかあさん」と、「そうじゃないお母さん」が並立してるのね、永遠に。。。

あと、そうそう。キーボックスなるものを購入して玄関の外の見えないところにつけてきた。もしヘルパーさんが来ても応答がない場合、中に入って様子をみてもらうため。


こういうのがあるよって教えてくれたのもケアマネさん。さすがプロね。
ただ、もし本当に応答がなく中に入るときは、すぐには入らず誰かを呼んで「2人組」で入るように決まっているそうだ。「事件の発見者」になっちゃうかもしれないから。なるほど。。

いずれにしろ、何かあっても私が簡単には駆けつけられない以上、これがあると私も少しは安心。出番はないに漉したことはないけどね!

ところで、気になる見直し審査後の介護度は2だった。ケアマネさんは「3は出ると思います」と言っていたので「厳しい結果でしたね」。。と。3なら特養も入れるねという話をしていたばかりだったので。まあ、どっちみちすぐ施設に入ってくれそうにはないんだけど。

2017.10.23 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 介護



«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: