FC2ブログ

留袖をレンタルする

久しぶりに自分のブログのカテゴリ欄を見ていたら「結婚式」なんてのを見つけた。そっか、カテゴリ作ったんだっけ。その割に記事が1個しかない(涙)。次女の結婚に向けて作ったはずが、母の看取りや父の施設入居などと同時進行になってしまったので、書けずにいたのだわ。(そのたった1つの記事もタイトルが、「父の認定調査とウェディングドレスと」だったり)


そんなこんなしてる間に、挙式は明日だ!

娘を初めて嫁がせる前日の母の気分は……といえば、なんか実感なーし(笑)。

いっしょに住んでて明日からいなくなるというならともかく、独立したのは大分前だし、入籍も彼との同居も半年前。明日は単なる「セレモニー」って感じ? 本人も同じようなこと言ってたけど。(大晦日の夜にいなかったのは寂しかったけどね)

式の準備も本人任せ。前にちょっと書いた衣装選びに付き合ったぐらいで、後はよく知らない。あ、担当者がイマイチぽんこつだから変えてもらおうかと思うと相談されたときは、背中押したけど。

明日の式には私は留袖を着る。面倒だしお金もかかるけど、新婦の母がどんなドレス着たらいいのかよく分かんないし、まあ無難に。

式場で借りると最低3万円からと言われた。見に行くのも面倒だし、見たら絶対高いのがいいと思っちゃいそうだし、そもそも式場の衣装なんて高いに決まってるし。

ネットで検索してみると、1~3万円ぐらいで一式借りられそう。なので、サクっと申し込んだのが11月の末。楽天にあったこちらのお店。

諸々込みで1万9800円。


ついでに夫のモーニング一式も。こちらは6800円。


着付けは面倒なので式場で依頼。9500円~だって。「~」って何が違うんだろー。今は髪の毛短いのでセットがいらないだけ安上がり(笑)。

当日は、長女も訪問着を着る予定。こちらは私が昔結納の時にもらったやつ。半襟付けたり、小物の色を選んだり、よく分からなくて四苦八苦(^^;)(M子せんせー、ありがとね!)

幸い、明日はお天気も良さそうで良かった。こんな時期だから雪でも降ったらどうしようと心配してたので。つつがなく、無事に終わりますように!


2018.01.06 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 結婚式



父の認定調査とウェディングドレスと

昨日の火曜日、父の介護認定見直しのための調査員が実家にやってきた。最初10時と言われたけど、無理~と頼み込んで11時にしてもらった。(それでも家を出たのは8時すぎ)


父には言ってもどうせ分からないので連絡してない。出かける予定はないはずだけど、もしいないと調査にならないので、一応電車に乗る前に電話を入れる。んが。10回以上コール鳴らしても出ない。さすがに8時すぎに出かけることはないだろうし、倒れてるという心配よりトイレに入ってる(おそらく間に合わない)可能性の方が高いと思って、あまり気にせず電車に乗る。

案の定、乗り換えの際にかけ直してみると、普通にでてきた。「これから行くからね」というと、特に理由も聞かないけれど、声がうれしそう。

10時半すぎに実家に着くと、ヘルパーさんが来ていた。初めて会う人なので、いろいろと情報交換。ヘルパーさんとの連絡用に使っているレポートのファイルが見つからないという「事件」があったので、「台所の戸棚の海苔の缶に隠しました」とのこと。ほんと、気になるとどっかに閉まっちゃう(もちろん本人覚えてない)のが困ったものだ。

ヘルパーさん曰く、父はうるさいことも言わないし、いつもニコニコ完食だし、まったく手が掛からないので「ここに来るのみんな楽しみにしてるんですよ。でも、いい人ってすぐいなくなっちゃうよねって話してたところ。奥さま亡くなった以上、どこか施設に入れるんでしょ? もうひとりじゃ無理だものねぇ」と。そうしたいのは山々なんだけど……と愚痴ると、「じゃあ施設に行きたくなるように、ジワジワと話しておきますよ。」と。期待してます!

と、ヘルパーさんと話している間にも、調査員の人は父にあれこれ質問している。「ご入浴はひとりで?」「はい」とか、ウソばっかり言ってる(笑)。同席した私を指して関係を聞かれ「妹です」と紹介する。「●●様の妹さまということですか?」「はい、そうです」「お名前は?」「・・・・・」。母のことも最近は「お袋」って言うしなぁ。ヘルパーさんの話だと、その「おふくろ」は昨年亡くなったと言っているそうだ。

モノの名前を覚えるテストでは相変わらず全滅。「なんだか物覚えを試されてるみたいで、あれだなぁ」とだんだん不機嫌になる。帰った後は「なんだかあのブツブツいう奴は・・」とご立腹だった。

前回と同じく、送りがてらマンションの下で、ケアマネさんと共に、本人の自供のウソを修正しておいた。さーて、介護度上がるかな?

認定調査を決めた時点では、午後から母の病院にお見舞いに行く予定にしてたけど、その必要もなくなっちゃったので、実家でプチ片付け。父のタンスの何段かを占めていた母の下着を処分したり、父が母のベッドで寝られるよう用意してあげたり、母の部屋の書類を整理したり。2時間以上格闘してたけど、手が付けられたのはほんのちょっと。クタクタ~。道のりは長いなぁ。

この日は夕方、次女と待ち合わせをしていたので、ぽっかり空いてしまった時間(調査の予約が入った段階では、この時間帯に病院にお見舞いに行くつもりだった)で、沿線に住んでいるYUcanaさんを呼び出し、お茶に付き合ってもらう。彼女も最近お父様を亡くしたばかりなので「先輩」に葬儀や法要、手続きのことなど体験談を教えてもらった。

……からの。夕方の次女との用事は、一転結婚式場へ。1月7日に挙式をすることが決まったので、衣装の試着に付き合うことにしたのだ。

前日、ママのはどんなのだった?と聞かれて探してみると、肩がこんもり盛り上がった長袖。「ダイアナさんのみたいだね」と言われて検索してみると、確かに。
528036332.jpg
 0ebd15fa.jpg

この頃はこういうのが流行だったのかな。ちなみに胡蝶蘭は百恵ちゃんの結婚式でブームになっていた記憶が。

でも時代は変わって、今はこういう袖のあるタイプは流行らないようで、衣装室にあったのは9割以上が袖無し、それも肩がモロに出ているデザイン。

こんな感じの。
S__13082692.jpg 


迷ったあげくに5枚を試着。1枚目で「もうこれに決めちゃう?」的に気に入ったのに、着てみるとどれもかわいくて、迷う、迷う、迷う(笑)。まあうれしい悩みだね。まだ時間はあるし、ゆっくり悩んでちょーだいな♪

2017.09.27 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 結婚式



«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: