FC2ブログ

頭痛のない生活と、おすすめストレッチ動画

まずは、これをごらんくだされ。


Screenshot_2020-04-28-16-46-06-49.png

「頭痛ろぐ」というアプリのトップ画面。36日間頭痛なしの記録を更新中なのだ!!!!!

過去の記録を見ると、だいたい月に2回、多いと4回も5回もあったのに。直近は3月22日で、例の断食ステイの帰宅翌日。つまり、その好転反応での頭痛以来、一度も痛くなってないというミラクル。

理由は色々あると思う。
①アーユルベーダと断食体験で、食生活を見直したこと
②仕事や遊びで外出することがなくなったので、疲れることがない
③毎日、めちゃくちゃ規則正しい生活をしている
④1日1時間のウォーキングと朝昼晩のヨガ

こう並べてみると、体調いいの当たり前か(笑)。

でも、逆に言うと、基本的に体調がとてもいいから(断食ステイ後の絶好調がずっと続いてる)、毎日歩いたりヨガしたりする元気があるともいえる。

ちなみに③の「規則正しい生活」というのは、片頭痛予防に効果があると言われている。それは早寝早起きとかそういうことだけじゃなく、毎日同じようなリズムで過ごすこと。言い方によってはメリハリのない単調な生活を送るがいいらしい。いつもと違うことすると自律神経が乱れるから。

そういう意味では、いろいろ自分の健康を見直していた時期にこの巣篭もり生活に突入したことは、私にとってはちょうどよかったのかもしれない。

医療やスーパーやドラッグストアの現場で、我が身の危険を感じながらがんばってる人、経済的な問題で途方にくれてる人には申し訳ないのだけれど。

この1ヶ月間にも天気のリズムなどで、どうにも肩がこる~、このまま行くとやばいかも~ということは何回かあったのだけれど、そこで役立ったのが、例のYou Tubeのヨガ動画。(→エクササイズ動画

この前も書いた「B Life」の肩こり用の動画がめちゃめちゃ即効性がある。ほんの10分のでもやると肩こり首こり背中のこわばりが、嘘のように楽になる。今までいろいろな「肩こり体操」の類を本やら動画やらテレビやらで見ては試してみたけど、これはまさに決定版だ。

たとえば、すごく簡単なのでいうと、こんなポーズ。
yoga.png

腕を天井に向かって伸ばすというのはよくあるポーズだけど、このとき手をクロスするだけで肩甲骨あたりの伸びが全然違ってくる。この後両方の肩甲骨を寄せるように両手を後ろに引きながら下ろす、というのを繰り返すと、肩周りがビリビリしてきて血行が濁流になったような(笑)。私は特にこの辺がいつもこるので、すごく効く。

このポーズが入った動画はこちらから→肩、背中周りをほぐすヨガ☆ 初心者や体が硬い方にもオススメ!(12分)

もうひとつ、こちらもおすすめ。こちらは19分。


このMarikoセンセイは、本当にバリエーションが豊富で、毎日3回やってても飽きないのがうれしい。初心者用のもたくさんあるし、朝や寝る前に布団の中でできる簡単ストレッチから、1時間ぐらいのちょっとハードのものまで、いろいろ。チャンネルトップページから、目的別に選べるので、ぜひ!


2020.04.28 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 頭痛



断食ステイ

この3連休、2泊3日の断食ステイなるものに参加してきた。腸を休めることで体を活性化する、みたいなやつ。


アーユルベーダだの断食だのと続いているけど、これは一応偶然。アーユルベーダに行くことを決めてから、たまたま別の友人から誘われたのだ。「一応偶然」と書いたのは、最近同年代の友人とは会うごとに話題は健康が重要テーマになっているので、ある意味必然?

今回参加したのは、断食と言っても完全に食べないわけじゃない。

夜は小さな玄米おにぎりとお漬物、梅干し、味噌汁。
IMG20200320181041.jpg

朝は玄米粥とお味噌汁と梅干しが出る。
IMG20200321081121.jpg

おかげで空腹感はまったく感じなかった。ただ、例によって連日頭痛+胃の不調に苦しむことに。

先日アーユルベーダに行った時好転反応に苦しんだ話を書いた。(そのときの日記こちら→アーユルベーダをなめていた)。断食にも似たようなことがあるというので、結構ビビっていて、事前にいろいろ調査してみると、準備食をしっかりやっておかないと苦しむという。

準備食とは、参加する数日前から少しずつ減食していくこと。一汁一菜程度なんだけど。今思えば、この頃から頭痛が毎日してたから、すでに影響があったのかも。

そして期間中も頭痛は継続。さらに2日目の午後瞑想の時間に、チョコを3切れ配られ、甘いものを食べたか食べないかで集中力がどう変わるかを体験しましょうというプログラムがあった。そこでたった2切れチョコを食べただけで、とたんに胃がもたれてきてすごい胸焼け。その後頭痛があるのにヨガやったせいもあって、気持ち悪くなり、(貴重な)夜ご飯もパスし、お風呂も入らずに就寝。

翌朝も胃の不調は続く。食道あたりにガスが溜まっている感じで、ゲップが出そうなのに出なくて苦しい。

3日目の朝は「宿便出し」の食事が出た。
IMG20200322070600.jpg

いきなりすごいボリューム! 茹でた大根6切れと梅干し6粒。生キャベツと人参。これを大根の茹で汁に溶かして食べる、、というのだけれど。

水一口飲むだけでお腹いっぱいになってしまい、辛い、辛い。2時間ぐらいかけてがんばったけど、半分食べるのがやっとだった。まわりの人達はみんなちゃんと全部食べ終えて、次々にトイレへ行くのを横目に、最後のひとりになって、小学校時代の居残り給食気分な惨めさ。

宿便が出た人は、お祝い?で、小豆粥とわらび餅が出てくる。
IMG20200322094901.jpg

でも、結局私(だけ?)は宿便の「し」の字も出ず、お粥は辞退(無理!)。

同行の友人はまったく元気だったし、他の参加者も「ちょっと頭が痛い」という人はいても、私ほどひどい状態の人はいなかったみたいだから、私ひとりが落ちこぼれ。そもそも私には向いてなかったのかも。

最終日もなんとなく頭痛いし、だるいので、帰りは途中の駅まで夫に車で迎えにきてもらった。

翌日の今日も、朝からだるい&頭痛。午後になって我慢できずに薬を飲んだら良くなったけど、準備食の段階から始まってほぼ毎日頭痛薬飲むハメになってしまった。結局は西洋医学のお世話にならざるを得ないって、なんか情けない。。。。

期間中は、いろいろなプログラムがあって、健康について学ぶいい機会にはなった。

ただ、アーユルベーダに続き、健康を求めてお金と時間とかけてやってることでこんな苦しい思いをするなんて、いったい何やってんだろう?私、、って気分でちょっと落ち込み気味。一種の健康ノイローゼみたいな? 

頭痛がとれて元気になれば、もう少し前向気になれると思うので、今回学んだことを整理して、少しずつ、できることから始められたらな、ってところです。

2020.03.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 頭痛



肩こり頭痛の原因は、噛み締めの癖?

いつも通っているスポーツジムが、今週からレッスン中止となった。グループレッスンしか参加していない私には閉館に等しい状態だ。マシンでモクモクとトレーニングとか好きじゃないし。ところが、Webを見ていて、パーソナルレッスンならやっているということに気がついた。


いつもグループレッスンでローラーピラティスという種目を教えてくれている先生が、同じ曜日にパーソナルもやっているということは知っていて、前から気になっていた。更衣室で誰かに聞いた情報によると、その人の知り合いで自分もインストラクターやっているような人が体験して「すごく良かった」と言っているというのも聞いて。

パーソナルを受けるにはプラスで料金が必要となるので躊躇していたんだけど、この機会にトライしてみることに。申込時の要望事項で、目的は「機能改善」としておいた。

レッスンでは、まず今の悩み事や生活習慣などを細かくヒアリング。その後、骨格や動き、立ち姿、歩き方などを写真や動画もとりながらじっくりチェックしてくれた。

その上で言われたのは、私の首コリ肩コリは、歯ぎしり、もしくは噛み締めグセから来ているのではないか?ということだった。先生がそう指摘したのは、私の口の中に、ボコっとした大きなふくらみがあったこと。「そこまでハッキリしたのがある人は、間違いなく歯ぎしりしてますよ」という。

写真そのもの貼るとグロイので、気になる人はGoogleの画像検索のリンクでどうぞ→こちら

そのときは、へ~と思って聞いてたけど、後からよく考えたら、そのふくらみは自分でも気がついていて、すわ、口腔がん?と心配になって(母のことがあるので)、歯医者に聞いたこともあったっけ。そしてそのときに「かみ合わせや食いしばりなどが原因で起きる骨隆起という状態」だと言われたのだった。その時点では、とりあえずガンじゃないっていうだけで安心したのもあって、それ自体は放っておいて心配ないと言われてそのままスルーしちゃってた。(そのときの日記はこちら

夫に聞くと歯ぎしりはしてないらしいけど、そういえば夜中にグッと噛み締めすぎてるのに気がついて目が覚めることがある。さらに、顎の付け根を押すと痛いから、顎関節症気味というか、顎がコッてるのだろうという自覚はあった。そして、そういうのが肩コリの原因になるという話も聞いたことがあったけど、なんとなくそこは突っ込んで考えたことがなかった。

でも、それが原因だとしたら、朝起きた時点で首や肩がこってる、もしくは凝りすぎて夜中に目が覚めるっていうのも、なんとなく納得する。さらに、噛み締めが原因で起こる症状として知覚過敏があるとか、逆に逆流性食道炎が噛み締めの原因になるという情報も。どちらも、思い当たるのだ。

私の場合は、顎が左右にずれて歪んでるので、かみ合わせの問題もありそう。となると、歯医者でマウスピースを作ってもらうしかないという。

帰宅後さっそく調べてみると、歯医者でマウスピースを作ってもらった人の話がたくさん出てくる。保険も効くので3000円~5000円ぐらいでできるらしい。ただ、合う合わないもあるみたいで、かえって頭痛がしたとかいう声も。。

とりあえずは指でぐるぐるマッサージしてほぐしてあげるだけでも違うかもとアドバイスされた。そういえば、前にガッテン!でもマッサージ方法やってたっけ。

 新時代の日本人に警告! 謎の“あごこり”SP

番組では、無意識に噛みしめる癖を治すため、家中の目立つところに「噛みしめない!」などと貼っておくといいってのもやってた→とりあえずパソコンのディスプレイに貼ってみた(笑)。

問題は寝ちゃったらわかんないよねぇってことなんだけど、寝る前に念仏のように唱えるだけでも暗示の効果があるという説が。ほんとかなぁ?と思ったけど、歯医者さんのサイトにもそんな情報があった。枕を低くして寝るのもいいらしい。(あ~これもどこかで聞いたことあった)

噛み締め・食いしばり・TCHと知覚過敏

このお医者さんは、「マウスピースは最後の手段」と言っていて、その前に自分で治すように頑張りましょうと書いてるところが、なんか信用できるような。(普通のサイトでは、「そういうお悩みにはぜひ当院へ!」みたいに書いてある)

これでちょっと様子を見て、そのうち歯医者にも相談してみようかな。

この日は、もうひとつ体の歪みについても相談に乗ってもらったのだけれど、長くなったので、また今度。

2020.03.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 頭痛



片頭痛薬を変更してもらう

先月の体調不良で、片頭痛の予防薬を服用し始めてから1ヶ月が経過した。その間、片頭痛は1回。それ以前は月2回平均だったから、回数としては減ったといえるのかどうか、微妙なところ。


前回もらった薬がなくなったので、再び頭痛クリニックを受診。今日は午後1番を狙って受付15分前に到着するも、先客が2人いた。でもそれほど時間のかかる患者さんじゃなかったようで、15分ぐらいの待ち時間ですんだ。

先生の見解も、予防薬が効いているかどうかは微妙ということだけれど、とりあえずもう少し飲み続けてみましょうかということで、また1ヶ月分を処方してもらった。

前回の片頭痛では、頼みのレルパックスがまったく効かなかった。その前も効かないことが続いていたので、試しに違う薬を出してもらうことにした。今回処方されたのはスマトリプタン錠50mg。同じトリプタン製剤の薬なので、用法などは同じ。今度は効くといいなぁ。

加えて、吐き気止めも処方してもらう。前回、頭痛薬を飲んでも吐いてしまうことで相談したときに、かかりつけの胃腸科クリニックでもらっていたドンペリドンを飲んでみたらよいのでは?と助言されていた。先日も朝起きて気持ち悪い&片頭痛だったので、まずドンペリドンを飲んでからレルパックスを飲んだら、とりあえず吐かずにすんだ。数時間後には結局吐いちゃったんだけど。

そのドンペリドンも残り少なくなったのでお願いしたら、ナウゼリンOD錠10という同じような薬を出してもらえた。

薬価は予防薬のセレニカR錠200mgが10.8円、ナウゼリンが14円なのに対し、片頭痛薬のスマトリプタンは275円。レルパックスも同じぐらいだったと思う。痛いのが治るならお金に代えられないとはいえ、全額自己負担だったら1錠2750円。健康保険、ありがたや~。

2019.09.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 頭痛



やっぱりレルパックスが効かない

先日、頭痛外来で予防薬をもらってきたのが8月6日(そのときの日記はこちら)。「予防薬はすぐに効果が出るものではない」と聞いていたけれど、幸いあれ以来一度も頭痛がなかった。かれこれ3週間。これってすごい!と喜んでいたのだけれど。

昨日外出したのと、今日の低気圧のせいなのか、朝方6時前に左のこめかみが痛くて目が覚める。「痛いと思ったら迷わず飲んでいい」と言われていたこともあって、片頭痛薬のレルパックスをすぐに飲む(こういうときのために枕元に用意してある)。

いつもどおり7時前に起きてラジオ講座を聞いていたけど、どうもダメ。頭痛だけじゃなくて気持ちが悪い。胃腸科でもらっていたドンペリドンという吐き気止めの薬を飲んでまたベッドへ。

でも一向に頭痛は収まらない。2時間経過するのを待って9時前にレルパックスをもう1錠。しかし、痛みが収まる気配はない。そのうち気持ち悪いのが悪化してきて、結局嘔吐。前日の夕飯から14時間も経過してたから、ほとんど水。少しネギがそのまま残ってたのは消化不良?片頭痛が栄養ドリンクで一気に治ることもあるので、試しに飲んだのが引き金になったのかな。もっとも、ごくごくは全然飲めなくてひとくちふたくち含んだぐらいだったんだけど。

実は前日の朝方、また食道あたりに違和感があって薬を飲んでいた。薬が効いたのか、次女と銀座でランチをしたときは大丈夫だった。念の為コーヒーはやめて紅茶にしておいたけど。帰宅後も、夫が焼いてくれたお好み焼きとビールもちょっと飲んだ。それが悪かったか。もともと胃腸不調なところに、片頭痛の影響がダイレクトに出ちゃったみたいな?

その後も気持ち悪いのは収まらないけど、なにせ吐くものがない。お昼すぎになって、もう1回ドンペリドンを飲む。それで吐かないのを確認して、SG配合顆粒(セデスGと似た成分らしい)という胃腸科でもらった鎮痛剤を飲んでみた。とにかく頭痛をなんとかしたかったけど、もうレルパックスは飲めないので。

結局はそれが効いたみたいで、30分ぐらいしてスーッと楽になった。気持ち悪いのもおさまった。今思うと、レルパックスの2回目を飲む前に、こちらを飲んだほうがよかったのかも。2回めのレルパックスでよくなったことは一度もないから。

それにしても、またしてもレルパックスが効かないというのは、けっこう落ち込む。SG配合顆粒が効いたのは救いだけれど。どのタイミングでどの薬を読むか、判断がなかなかむずかしい。

本当は今日、夫と映画を見てイタリアンを食べに行く予定だったけど全部キャンセル。近所だからいつでも行けるんだけどね。明後日は高校時代の友人と1泊旅行に行く予定もあるので、旅先でこんなふうに具合悪くなったらどうしよう?とか思うと、ますます不安になるし。

健康に自信が持てないって、本当にしんどい。って、何歳のおばーさんのセリフだよ!って感じだけどね。あ~なさけなや。


2019.08.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 頭痛



«  | ホーム |  »

びっけのおすすめグッズ

カレンダー(月別)

07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: