FC2ブログ

旅のベストシーズン

今回のシチリア旅行。シチリアに行きたい!というのはずっと前から言っていたので、いつの時期に行けば一番いいのか、というのは結構悩んだ。


イメージ的には、シチリアといえば海、バカンス。だったらやっぱり夏よね!と思うけど、ものすごく暑いらしい。リゾートホテルとビーチを往復するだけの旅ならいいけれど、せっかく行くなら観光スポットを見学したり街歩きもしたいなんて思うと、かなりツラそうだ。40度を超えたら歩けない。。

ということで、別に泳げなくていいからまだ暑くならないうちに……ということで、4月に決行とあいなっった。(4月か5月ぐらい、、で探していて、マイルの無料チケットを取れたのがそこだったという事情もある)

結果、暑くもなく寒くもなくちょうどよかったかなと思う。ただ、やはりお天気が不安定な感じで、晴れてもスカッと青空ではない。春霞っぽい感じ? 海の色は空の色だから、当然海もそれなり。

そして、観光客の数もそれほど多くない。激混みじゃないっていう意味ではいいんだけど、トップシーズンならではの賑わいっていうのとはちょっと違う。だから快適という面もあるのだけれど。

基本的にヨーロッパのトップシーズンは7月8月。まさにバカンスのシーズン。どこもかしこも人でいっぱい。特に世界中の人が誰でも知ってるような有名な観光スポットはあらかじめネットで予約していかないと何時間も待つとか、そもそも入れないなんてことも多い。ネットで予約できるのは便利だけど、日時が決まっちゃうとスケジュールが拘束されて面倒だ。人気のあるレストランなどもしかり。人が多いだけで疲れちゃうなんてのもあるしね。

だから混雑する時期は避けたいけど、あまりに人がいないのも寂しいし、、っていうのはワガママな悩みだ。トップシーズンを外せばホテルの値段がお安くなったりっていうメリットもあるわけだし。トップシーズンを狙っていっても、天気が悪くて最悪~なんてこともありえる。多くを求めすぎてはいけないってことね。


2019.05.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019年シチリア旅行



イタリアのタバコとトイレ事情

「西欧」って乱暴な一括りのイメージを持っていて、ヨーロッパに行ってみたらあまりにたくさんの人がタバコを吸っていてびっくり!という話を書いたのは、もう6年も前のこと。→ヨーロッパの喫煙事情


あれを書いたのはスイスとイタリアに行って帰ってきたときのことだったんだけど、今回もイタリア、特に南イタリアに行ってみて、改めてタバコ天国だなぁと感じた。

ホテルやレストラン、船内、車内など室内は禁煙だけど、カフェもレストランでも、テラス席ではみんな吸ってる。前にも感じたけど特に女の人。電子タバコも葉巻も、日本じゃ見たことないけどいっぱい見た。

そもそもイタリアではバスのチケットなどを売っているのはTABACCHI(タバッキ)と言われているキオスクみたいなところ。街中ではいたるところにある。名前からしてもともとはタバコ屋さんってことよね。実際タバコがずらりと並んでた。たぶん、日本国内にいるよりタバコを買うのは不自由しないのでは。6年経っても、「健康のために禁煙しましょう!」なんてことには全然なってない印象(イタリア北部の都会は違うのかも?)。そして道へのポイ捨ては当たり前。

ポイ捨てといえば、びっくりしたのは、犬の落とし物がそこらじゅうに落ちていたこと。

ヨーロッパといえば犬を連れている人がとても多くて、電車やバス、レストランにも連れ込める。その代わり、犬は吠えたりしないし厳しくしつけられていると思っていたけれど。同じイタリアでも、ベネチアやミラノを歩いていたときはあまり記憶にないので、シチリアとか地方ならではの事情なのかなぁ。田舎の農道というわけではなく舗装された街のメイン道路でも、ぼーっと歩いているとうっかり踏んづけてしまいそうなので大変。

そしてトイレといえば、便座なしトイレ。
IMG20190410124115.jpg 

前にも何度か書いてると思うけど。男性が使用するときに跳ね上げる、座ってする場合には直接お尻が触れるU型のあの部分が、ない。これはイタリアに限らず、フランス、スペインもそう。ポルトガルもだっけか?

初めて体験してびっくりしていたときに書いた懐かしい話はこちら→イタリアの鉄道について

上の写真はナポリの空港のトイレ。去年ニースの空港に着いたときもそうだったので、空港ですら!という驚きはもはやナシ。こちらではインターナショナルな場でもこれがスタンダードらしい。

靴で乗っかって和式のように使う、ティッシュをいっぱい敷き詰めて座る、などいろいろ試してみたけど、去年ぐらいから、結局は空気椅子状態で使うのが一番ラクという結論に至った。腿の筋トレにもなりそうだし!

今回はイタリア入してから2週間以上毎日だったのでさすがに慣れた。そうすると、たまに便座のあるトイレにあたっても、気持ち悪くても座れなくなってくる。自分たちしか使わないホテルは別ね。他の人が使うところは、便座があっても汚れていることも多い。やっぱりみんな、そもそも気持ち悪くて他人と共用の便座になんか座れないってのがデフォルトなのね。郷に入れば郷に従えと思っているうちに、それも一理あるかなぁという気にもなってきたから不思議。

そうそう、トイレといえば外国ではチップ制のところが多いのも日本人にとってはなかなか面倒くさい。大した金額じゃないけど、そのために小銭を用意しないといけないのが。そしてお金取るくせに、全然キレイじゃないのもね。ちなみに、有料トイレは、イタリアよりもむしろウィーンやドイツなどの方が徹底してる感じ。

改めて、いつでもどこでもキレイで、荷物棚やフックもあって、ウォシュレットまでついちゃってる至れりつくせりなトイレに、無料で入れる日本って素晴らしい!


2019.05.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019年シチリア旅行



やっぱり、地球の歩き方

先日のシチリア旅行で持っていったガイドブックはこちらの3冊。

 

昔から、ガイドブックの定番といわれる「地球の歩き方」。写真が少ないのと、全体にテンションが低め?おとなしめ?なのと、そして観光スポットを平坦に列挙している感じなので、「エリアは決めたけどさてどこ行こう?」みたいな状態で読んでも、イメージがわかないし、ワクワクしない。

最近は特に女子向けに、イラストもふんだんに使って、女性好みのお店を厳選したりしてるガイドブックもたくさんある。同じダイヤモンド社でも「aruko」シリーズとか。←は軽くてコンパクトなのも持ち運びには便利。

なので、基本はその手のものを探すことが多くなったんだけど、すべてのエリアを網羅しているわけじゃない。パリ、ロンドン、ローマ、プラハ、ウィーン、台湾、ソウルなどなどメジャーなところは山程いろんなシリーズが出てるけど、ブダペストだのシチリアだの、ちょっとマイナーなところになってくると、ガクンと種類は減ってしまい、実質的に「地球の歩き方」一択という感じも。

クレアトラベラーで特集してることもあるけど、こちらはイメージ先行で、思いっきり定番をはずしていて、実用的な情報が少ないので、「行きたい気持ち」は盛り上げてくれるけど、ほとんど実用的ではない。
 

ということで、今回はるるぶ+2冊の「地球の歩き方」を持参した。そして、想像以上に役にたった。

いわゆる「女性向け」のかわいいガイドブックとの一番の違いは、マイナーな街も網羅していること、そこにたどり着くにはどうすればいいか、交通機関の情報や入り口のアドバイスなど実用的な情報が満載なこと。

そして、専門家に書いてもらったと思われる歴史的美術的解説の部分。真剣に知りたければ全然物足りないボリュームではあるけれど、一通りのことが書かれているので、ポンペイ遺跡とか美術館とか、とりあえずこれを見ながら歩けば、広大な敷地の中でどれを見ればいいのかが分かり、そしてそれがどういう意味で重要なのかという解説が読めるのはありがたい。

そして、帰国後に旅行記を書くときも、写真と記憶だけではカバーできない建物の名前とかを調べるのにとても便利。ただ、今になってじっくり見返すと、現地で「あれー、わからない~」と探していてたどり着けなかった情報が、ちゃんとここに書いてあったよ、、みたいなことに気がついたりもするのだけれど。

というわけで、すっかりお世話になった2冊。(るるぶも、今回はなかなか役にたった)
実は、図書館で借りたものだったりする(笑)。たまたま最新版が借りられて、しかも予約が全然入らなかったので、延長延長で未だに手元にある。独占しててごめんなさい>市民に皆様。

こんなに重宝するなら買ってもよかったんだけどね。でも1冊1700円もするんだもん。というより、手元にどんどん貯まるのが嫌なのだ。所有欲はなくて、必要なときはまた借りて読めばいいと思うタイプ。(るるぶは図書館になかったので買った。そのうちメルカリで売ろう(笑))

ちなみに、地球の歩き方は電子版もある。しかも1冊を地域に分けて分冊で売ってるのも親切。なのだけれど、やっぱり現地で見るには紙の方が見やすいんだよねぇ。昔、電子書籍で出して!って切望してたくせにね。でも、私がイメージした電子書籍のように直接文章をクリックして地図にジャンプできたり、、とかそういう素敵なことは全然できなくて、単に紙をPDFにしただけ、、みたいなものだと、いまいち使い勝手が悪くて。スマホで見るにはあまりに小さすぎちゃうし。

なので、結局これからも重たい本を持って出かけることになりそう。

シチリア旅行、最初の方の旅行記をアップしました。ご興味のある方はどうぞ~。
ANA特典マイルで行くシチリア旅行 ①おまけのブダペストで夜景を満喫
ANA特典マイルで行くシチリア旅行 ②サレルノを起点にアマルフィと絶品モッツァレラ直売所
ANA特典マイルで行くシチリア旅行 ③ポンペイとナポリ観光、フェリーでパレルモへ



2019.05.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019年シチリア旅行



イタリアの復活祭

一説によるとキリスト教ではクリスマスより大事とも言われる復活祭。イタリア語ではpasqua(パスクワ)というらしい。旅の日程がそこにかぶることは知ってたんだけど、行ってみたら、あちこちで雰囲気を味わうことができた。


グレゴリウス暦とかに基づくために毎年日付が変わるという復活祭、今年は4月21日。その直前の日曜日(4/14)から前日の土曜日(4/20)までは聖週間(settimana santa)と言い、お祭りムードになる。

最初にそれらしきものを見かけたのは4/14ナポリの街を歩いていたとき。

教会の前にオリーブの枝が用意されている。
IMG20190414112438_20190429165010e71.jpg 

そして街にはオリーブの枝を持って歩いている人があちらこちらに。
IMG20190414133442_LI.jpg 

聖週間の初日である日曜日は「La domenica delle palme(枝の主日)」と言って、教会で清めてもらったオリーブの枝をもらって帰るとのこと。

お次は4/18。シチリア島の南西部、アフリカに近いトラーパニという街の教会をのぞいたら。
IMG20190418134754.jpg 

わかるかな? 彫像をのせた山車みたいのが所狭しと並べられている。これをかついで街を練り歩くのかしら。三社祭みたいな?

IMG20190418134941.jpg 

こちらは街中で見かけたポスター。
ココに書いてある情報によると、4/17、19は何かの行事があるみたいだけど、私が行った18日は何もないみたい。残念。

そして復活祭当日の4/21。ノートという小さな街に行ってみたら、黒っぽい服を来た人がぞろぞろ同じ方向に歩いてる。
57649178_2405538519676260_347517082503479296_n.jpg 

ついて行ってみると、大聖堂前はすごい人だかり!
IMG20190421130853.jpg 

あわててその場でネット情報を調べてみると、キリスト像とマドンナ像が出会うという趣向らしい。
IMG20190421131031.jpg 

ポスターはこちら。
IMG20190421140954.jpg 

写真撮ったつもりが探せないんだけど、「パスクワセール」みたいな宣伝看板も何回かみかけた。クリスマスセールみたいなもの? あちこちで若者や子連れを見かけると思ったら、この週は学校なども休みらしい。

狙ったわけではなかったけれど、たまたまこういうお祭りに遭遇するとうれしいよね。でも、スリランカではこのイースターに合わせてテロが発生したとか。何事もなく楽しめたことに改めて感謝。

なお、パスクワについてのウンチクはすべて帰国後これを書きながら調べたもの(笑)。こちらのサイトなどから情報いただきました~。
イタリア語でイースターは何という?2018年はいつ?
パスクア(復活祭)とはどんな祝日か イタリアの場合



2019.04.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019年シチリア旅行



旅のハプニングは

あれだけ覚悟していった割には、今回はトラブルの少ない旅だった。ブログのネタになるような面白い話もないんだけど(笑)。


予約の間違いもなく、飛行機も悪評高いイタリアの電車もバスもまったく遅れもなくスムーズで。

唯一大きなものといえば、部屋の鍵をなくした(と思いこんだ)こと。アパートメントだったから、オーナーは別の所に住んでいてフロントというものがないので、下手をすると「部屋に入れない!」なんてなりかねないところだったけど、幸い最終日でパッキング済の荷物だけ置いて出かけて戻ってきた時点でのことだった。ちょうど掃除に来ていたスタッフと鉢合わせて荷物も取り出せたし、オーナーに連絡して50ユーロの弁償金を払っただけで済んだのは、不幸中の幸い。

そしてその鍵は、翌日次の目的地に移動した後に、カバンの中から出てきた。

反省点としては、鍵を持っていたはずの夫が「なくした!」と青ざめたとき、代わりに私が夫のカバンを念入りに探せばよかったということだ。頭が真っ白になっている当人が見つけられなくても、第三者が探せば見つかった可能性はあったはずなのに。あんなに大きなもの、そう簡単に落とすはずないのだから。
IMG20190428174047.jpg 

その時点で私自身は「お金払えば済むことだし」と冷静だったので、ただぼんやり見ていたことが悔やまれる。金額よりも夫の落ち込み具合が気の毒だったので。でも、まあ、肝を冷やした分、勉強代ということで。

その他は、バスのチケットを買ったのにいろいろな事情で無駄にしちゃったことが2回あったけど、被害額はせいぜい10ユーロ。と思えば、「お金で済む話」としても大したことなかったってことね。あ、スーパーでシャンプーとコンディショナーを買ったつもりが、なんだか泡立ちが悪いなぁと思ったらコンディショナーを2本買っちゃってたとか(笑)。

持っていこうと思って忘れたのは万歩計ぐらい。持っていけばよかったと思ったのは、小さな置き時計。出発前にバタバタと「今何時?」ってときに、いちいちスマホを見るのは面倒だったので。次からは100均で小さいの見つけて持っていこうと思う。

と言いつつ忘れそうだから、次に「海外旅行に行く!」とはしゃいでいたら、出発前に「びっけさーん、時計持った?」って誰か教えて(笑)。



2019.04.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019年シチリア旅行



«  | ホーム |  »

びっけのおすすめグッズ

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: