読書録:『一人でもだいじょうぶ』


いつもは、ネットや新聞、他の本の中で紹介されているものをピンポイントで予約かけて読むことが多いんだけど、珍しく図書館で本棚(正確には返本棚)にある実物と出会って読んでみた本。

サブタイトルは「親の介護から看取りまで」で、一人っ子の著者がたったひとりで両親の介護、看取りをした経験を振り返った本。

一人っ子じゃないけど、孤軍奮闘な気分の中で、まさに「私のため??」と運命の出会いのような(笑)。

著者の介護生活は、それまで病身の父を看護していた母が突然倒れたことで始まった。母の入院で自宅に残った父の世話という問題が勃発というのは、わが家と同じ。その後、何度か入院と退院を繰り返すなか、迷いながらも別居のままの「通い介護」の生活が続く。やがて両親を別々のホームに入所させ、最後は病院での看取り。

この本に書かれているのは、主に事実関係が中心。こういうことが起きて、こういうことに困って、こうやって、ああやって何とかしのいだとか。ポイントポイントで、関連アドバイスも付け加えられている。折々に著者が感じた心の動きにも触れられているものの、実用的な内容が基本なので、参考になることも多い。

ただし、この本の出版自体が2009年で、この本を書くまでの間に著者は16年も介護を続けてきたので、介護保険の事情など現在とはかなり違うことも多いのだけれど。

介護って、その人によって事情が本当にさまざま。親の状態、親子関係、兄弟姉妹の有無やその関係性、地理的な条件などなど。状況は刻々と変わるし。何がベストな選択かというのは正解がないのだけれど、実話を追体験し、実例のデータベースを頭に入れておくことは、役に立つと思う。

個人的な感想としては、著者のように「突然」始まったわけではなく、母のガンが見つかってからここまで1年ちょっと、少しずつ心の準備をしてこられた私はラッキーな方だと思う。そして、さすがに私の場合は16年も続くことは、多分ないだろうし。(あと15年生きたとしたら、父は100歳を越えるけど、ないとは言えない?)

実用的な面では、特に施設を探したり、実際に入れてみたりしての部分が参考になった。特に、施設入居をためらう人に向けた「施設は介護のセカンドハウス、それも専属の介護スタッフのいる別荘と思って」という言葉は、いずれ父の入居を考えている私には心強い言葉だった。

著者が介護生活を始めた頃と比べて、今は介護保険も整備されているし、施設もどんどん増えているようだ。事例も積み重なってきていて、ケアマネさんたちのノウハウも貯まってきているはず。「一人でもだいじょうぶ」度はもっと高まってるはず。全国の一人っ子、およびそれに近いみなさん、楽観的にガンバローね!



2017.08.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書録



読書録:『余命1年のスタリオン』

夏休みで姉が実家に行ってくれたおかげで、父からの電話攻撃もなく平和な一日。久々に、介護ネタ以外で!


30代の人気俳優が突然末期がんを宣告されるというお話。と言っても、医療ネタでもなく、闘病記ネタでもなく、感動大作でもなく、基本コミカルであくまでそういう設定の軽く読み流せる小説。

末期がんの母を持つ身としては、肺がんの末期ってこういう症状になるのね、、なんていうところに反応してしまったりしたけれど(笑)。

あらすじとしては、プレーボーイだった主人公が自分の余命と向き合う中で、最期の仕事としての映画を撮影しながら、真実の愛を見つけるという内容。出てくる人はいい人ばかりで、すべてうまくいきすぎ~っていうところがいかにも小説だけど、個人的には、この時期に読む分には、このぐらい軽い展開の方が深刻にならずに読めてよかったかな。男の人の理想よね、って感じはするけれど。




2017.08.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書録



読書録:『アリガト謝謝』


2011年の東日本大震災のとき、台湾の人たちがもっとも多額の募金をしてくれたというのはよく知られている。これは、台湾在住30年の文筆家が、そのことを取材し物語仕立てでまとめた本。おおざっぱに言って、なぜ台湾の人はこんなにもしてくれたの?という素朴な疑問に答える内容となっている。

第一章は、台湾の事実上の日本大使館に勤める若い女性の目から「その日」の台湾の様子が描かれる。第二章では、台湾各地の人がどんな風に募金活動に参加したかをさまざまな人の目線で見る。そして第三章では、台湾からの支援に感謝しようとひとりの女性が行動を起こし、ネットで仲間を募り、台湾の新聞に感謝広告を掲載するまでの話。

感謝広告プロジェクトの過程では、その女性をバッシングする声なども出てきたりするけれど、基本、すべてが「いい話」でまとめられていて、さわやかな感動物語という感じ。

実際、うちの夫も震災直後に台湾に出張に行き、街中のあらゆるところに募金箱があってビックリしたと話していた。そもそも台湾が大変な親日国であることは日本でも有名な話。同じ日本統治を受けた国なのに、なんで?という疑問は私も感じていて、昔その手の本を読んだことがある。自分が台湾に旅行したときも、通りがかりの人にすごく親切にしてもらったこともあった。

とはいえ、あまりに「台湾は日本が好き」話ばかりなので、ちょっと面はゆいところはある。特に筆者が在台30年とはいえ日本人なので、これが純粋な台湾人の書いたものなら、もっと素直に感動できたかなという気もするかな。

それは差し引いたとしても、ここに書かれていることはウソじゃないだろうし、読んでいて心が温かく物語だと思う。

もし、台湾っていう国、あんまりよく知らないんだけど?という人がいたら、ぜひ読んでみるといいと思うよ。

2017.07.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書録



読書録:『ニュースの”なぜ?”は世界史に学べ』


駿台予備校の世界史講師が、現代の世界で起きている国際問題について、世界史に紐づけながら解説してくれる本。

「ウクライナ問題と難民問題」、「イスラム過激派と宗教戦争」、「アメリカのグローバリズムと中国の野望」という3章立てで、全部で100のQに対して、数ページずつで簡潔に説明していく。

最近この手の本は人気だけど(私も好きなのでよく読む)、昔学校で習ったことが、現代社会にどんな風に関係しているのか、それを知ると、ほー!なるほどと思うことも多くて、とても勉強になる。

特に世界史に強い人じゃなくても分かりやすく書いてくれてる分、ストンと納得しやすい一方で、そんなに断定的に書いちゃっていいの??という部分もあったり、特に後半の中国については筆者自身の思想をちょっと前面に出しすぎなのではと気になったりしたけど、まあ、それはそれとして。国際情勢ってこういうことが関係して、いろんな思惑が絡み合って動いているのねと。

ただ、この本2015年12月が初版の本なので、トランプとかBREXITとか最近の動きについては触れられていないのはもちろんだけど、よもやこんな風になるなんて想像してないだろうなぁという感じ。ぜひ、今のこの世界情勢をさらに分析してみてほしいわ。


2017.07.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書録



読書録:『認知症介護を後悔しないための54の心得』


認知症&癌の祖母を看取り、現在は認知症の母を遠距離介護する男性が書いた本。その介護の様子を綴った「40歳からの遠距離介護」というブログをもとに、介護体験者の目線から「心得」をまとめている。

タイトルに「医者には書けない!」とついている通り、まさに実体験にもとづくお役立ち情報が満載。あえて、同居ではなく遠距離で介護を続ける理由やそのメリットデメリット、そしてそれをうまくやっていくためのノウハウが満載だ。

介護をきっかけに離職し、祖母と母をダブルで介護。その間、数多くの本を読み、講演会やイベントに参加、あらゆる介護グッズも実際に使ってみたというだけあって、その内容には説得力がある。「うちの場合はこうだった」と書いていることで、上から目線じゃないところも好印象。

そもそもブログのモットーが「1人で抱えず、人に頼る。情報収集したことは発信し、同じ境遇の人をラクにする!」。実用的な情報もさることながら、「しれっと」介護という言葉が気に入った。

思い詰めず、考えすぎず、できることだけ、しれっとがんばれば、いいんだよね!

余談だけど。
この手の、介護の体験を書いた本を何冊か読んだけど、女性が書くと「こう感じた」という感情の描写が多いけど、男性の場合は実用的なことを淡々と書いている人が多い。っていうのも、なんか面白いというか、なるほどなぁというか。

ついでに、日経ビジネスオンラインで連載されてる「介護生活敗戦記」というブログも、認知症の介護の赤裸々な体験を男性が綴ったもの。興味のある方はこちらもどうぞ。

2017.06.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書録



«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: