FC2ブログ

亡母の携帯を五輪メダルに!

いよいよ後2年に迫った東京五輪。こんなのやってるは、みんな知ってるよね?


都市鉱山から作る!みんなのメダルプロジェクト

みんなの不要な携帯や家電からリサイクル金属を集めて、五輪のメダルの材料にしよう!ってやつ。

始まったのが2017年の春だから、1年半前。当時は、もう母の命が長くないことが分かっていて、そのニュースを聞いたとき、母の携帯がいらなくなったらこれに提供しようと思ったのだった。

というのも、東京五輪が決まったとき、母が「楽しみね」みたいな話をすると、父から「いい年して、あと6年も生きようと思うなんて図々しいやつだ」とバカにされたという愚痴を何度も聞かされていたから。もちろん、そのときは父も母もまったく元気で、単純に「もう高齢なんだから」という話だったんだけど。まあ、だからこそ、そんなこと言えたんだよね。

まさか、本当に五輪より前に母が死んじゃうとはそのときは思いもしなかった。そして、そう言ってもうこの世に未練などないらしい父の方は、どうやら五輪も見届けちゃいそうな勢いであるとは、なんと皮肉なことか。先のことは分からないけど。少なくとも、そんな話をしたことを覚えてないことは確かだ。

でも、とにかくその話がずっと頭に残っていたので、せめて母の使っていた携帯をこのプロジェクトに提供してあげれば、母も五輪に参加できたことになるかなぁなんてね。

調べてみると、回収先は市役所などのほか、ドコモショップでも扱ってるらしい。市役所も近いけど、ドコモショップなら隣だ。ドコモのユーザーじゃなくても、ドコモの携帯じゃなくても関係ないようなので、さっそく今日行ってみた。

ついでに、スマホになる前に使っていた自分の携帯もそのまま残ってたので、一緒に持っていった。
IMG_9686.jpg 

白いのが母のガラケー。右のが昔使ってたやつ。スライド式なんて懐かし~。

連休だから混んでるかと思いきや、この手のすぐ終わる用件は違う窓口でやってくれるのか、5分ほどですぐ対応してもらえた。担当は若葉マーク付きの新人さん。うん、こういう受付なら簡単だもんね(笑)。

携帯本体についてる製造番号を確認して、PC上から登録していた風。その製造番号が書かれた「所有権を放棄します」という書類にサインだけすればOK。データは消去してなかったので、専用の穴あけ器で穴を開けてもらって、SIMカードもハサミで切断したのを確かめて、手続きは完了。かかった時間は全部で15分ぐらいかな。
IMG_9687.jpg 

「5」のところに穴が開いてるの、見えるかな?これをやるとボタン操作ができなくなって情報を抜けなくなるんだそうな。

「ちなみに現在ドコモの回線はおもちじゃないですか?」「いいえ」「auですか?」「mineoです」「月額いくらですか?」「600円ちょっとです」「データ容量などでお困りではないですか?」「いいえ、まったく」。ちーん。営業トーク不発でごめん。

みなさんも、おうちに眠ってる携帯あったら、参加してみたら~?

2018.10.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 時事ネタから



非常時に備えた、バッテリーの備蓄

今回の北海道の地震では、大規模な停電があって大変そうだ。停電への備えといえば電池の備蓄。311のときも、あわててスーパーに電池を買いに走ったっけ。


昔から非常用といえば乾電池はすぐ思いつくけれど、今やそれと同じぐらい命の綱になるのがスマホ用のバッテリー。家の固定電話も電気がないと使えないことが多いし、電話つながらなくてもLINEで通じたという話もよく聞く。テレビも見られない、ラジオなんて最初から持ってないという状況では、情報はネットだけが頼りだ。新聞は情報遅いし、そもそも届かないかも。

テレビでも盛んにスマホのバッテリを節約する方法を案内している。これについては、旅行中にバッテリがなくなりそう……を散々体験してるので、体得ずみ。iPhoneだったら、まずGPSを切って「低電力モード」に設定。LINEなどをリアルタイムに受信する必要がなければ、Wifiも切っておくとよいかも。

ただ、それでも限度がある。せいぜい1日か2日。通話に使ったら、もっと早くなくなりそう。

外出時に持ち歩くモバイルバッテリーの常にフル充電しておかなくちゃ。

と思っていたら、夫曰く、我が家には巨大なバッテリがあるという。詳しくはよくわからないけど、最近PCを使ったオーディオをやっていて、それ用にかなり大容量のバッテリを常に充電しながら使っているんだとか。それがあれば、スマホぐらいなら1ヶ月は持つのではないかと。ホントなら、かなり心強い話。

ついでに思い出したのが、ちょっと前に買ったUSB電源のライト。



枕元で使おうと思って買ったけど、あんまり使ってなかった。安い(999円)と衝動買いして失敗だったかなと思ってた。USBのバッテリがあるなら、停電時にこれも活躍するね!

備蓄ではなく、その場で発電!という発想では、手回し式のもあると安心かも。スマホ充電にどのぐらいかかるのかよくわかんないけど。ラジオやライトにもなるみたいだし。


備えあれば、憂い無し。改めて防災用品チェックしなくちゃね~。
昔はキャンプ道具一式を車に積んでいたので、いざとなればそれでいろいろ生活できちゃいそうだったけど、もうだいぶ前に全部手放しちゃったしね。

2018.09.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 時事ネタから



テーブルの輪じみ取りで撃沈。

夏休みを経て久々に再開したあさイチ!のテーマは「テーブルの輪じみを取る」だった。

ついに解決!テーブルの『輪じみ』

その方法は、マヨネーズを刷り込むこと。ついたばかりのシミならこれでOK。ダメなときはマヨネーズを拭き取った後にあて布の上からアイロンで熱を加える。

生放送中、最初アナウンサーがカメラの前でトライしたときはまったく消えず(笑)。でも、いったん下げた後、「裏でスタッフががんばったら取れました!」と、きれいさっぱり見えなくなったテーブルが登場。差し替えてない?ってほどきれいになってる。

我が家のテーブルにもいくつかある輪じみ。熱いものは直接置かないように気をつけてたつもりなんだけどな。もうすぐ新しく買ったのが来るので、今更どうでもいいんだけど、今後のために実験してみた。

まず、マヨネーズを塗り込んで1~2時間放置。まったく変化せず。
お次はアイロン作戦。そしたら。
IMG_9554.jpg 

あらら~。見事アイロンの跡がついちゃったよ。たぶん、あて布が薄すぎたのが原因。熱の加わったところむしろ剥がれてるし。大失敗。もうすぐ廃棄処分になるものだし、ダメ元だったから、いいけど。

まだ使うテーブルで試したい人は、気をつけてね~。

ちなみに、別の箇所でもっと厚いあて布を当てたところ、ダメージはなかったけど、効果もまったくなかった。

こちらがビフォーで
IMG_9555.jpg 

こちらがアフター。
IMG_9556.jpg 

うちのシミは、すでにシミというより塗装が剥げちゃってる感じなので、こういうのには効かないみたい。残念。ま、夏休みの実験ということで(笑)。

新しいテーブルにできちゃったときは、気がついた時点でなるべく早くマヨネーズぬりぬりを試してみよう。

2018.08.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 時事ネタから



マンションで民泊を禁止する

何年かぶりで、マンションの総会に行ってきた。今年で17期というけれど、夫婦どちらかでも出たのは5、6回ぐらいかなぁ。私個人ではたぶん3回目ぐらい?


全戸97のうち参加は30ちょっと。まあそんなもんか。

この日の議題の一つが、民泊禁止をマンション規約に明記することについて。今の規約では、「住居以外の目的での使用禁止」としか書いてないので曖昧。政府の通達か何かで、今後は民泊を認めるのか禁止するのかを明記しなさいという指導があったらしい。

あらかじめ理事の人たちが話し合って提案されたのは、「禁止」を明記することだった。この日の総会でも、「違反があった場合はどうなるのか?」というような質問はあったけれど、「禁止」に反対する意見はなし。採決でも満場一致で「禁止することに賛成」。

旅行者の目線でいうと、日本にも民泊が広まればいいのに、とずっと思ってた。今年法律が厳しくなって実際に稼働できるところが激減したと聞いて、あらららーと思ってた。

でも、自分のマンションに……となると、賛成はできない、という本音を思い知る。

自分のマンションの敷地内に、その日限りの宿泊客が入ってくるというのは、やっぱりねぇ。。。と思ってしまうので、たとえ一戸建てといえど、すぐお隣のうちにそういう人が出入りするのはやはり考えちゃうかも。

日本で普通のマンションを使った「民泊」も、その鍵の受け渡しをどうするかがネックになるので、コンビニを活用しようなんていうシステムも始まっていると聞く。

でも、改めて自分ごととして考えてみると、そもそも「民泊OK」なんて明記できるマンション、日本中にどのぐらいあるんだろうか? となると、日本で民泊が普及するのはかなり難しいかも~。

空き部屋活用で収入って、やっぱりハードル高いのね。

最近、私も海外でアパートメントタイプのホテルに泊まることがよくある。キッチン付きでお部屋がいくつかあって広いわりにリーズナブル。ただ、その建物内にオーナーがいるわけではないので、あらかじめ到着時刻を伝えておくと、その時間にあわせて現場で待機してるとか。ただ、私が利用したことがあるのは、Airbnbtとかではなく、普通のホテルサイトに「ホテル」として掲載されているところなので、その建物全体が宿泊用に使われているものばかりで、いわゆる「民泊」とはちょっと違う。

「ホテル未満、民泊以上」的な、宿泊専門の施設を増やすのが現実的なのかな。

2018.08.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 時事ネタから



世界中が猛暑です?!

暑い、暑い、暑い。今年の夏は本当に暑い。エアコン嫌いの私も、さすがに今年は昼間も夜もエアコン三昧だ。だって「命にかかわる暑さ」なんだもんねぇ。今、原発事故があって計画停電になんかなったら、いったいどれだけの死者が出ることやら!


この暑さ、どうやら日本だけじゃないらしい。

カナダ東部に熱波、33人死亡 ケベック州(※7月のニュース)
週末、ヨーロッパにまた熱波。最高気温は48度を突破も
欧州で40度超え、ドイツでは河川の水位低下で投棄兵器が露出
インドとパキスタンで猛烈な熱波 (※6月のニュース)
ここも40度超え! 北朝鮮が記録的猛暑で農作物に被害、食糧不足深刻化か

今が冬の南半球は別にして、どこもかしこも尋常じゃない暑さのようだ。

さっき「エアコンがなかったら」という話を書いたけど、実際インドや北朝鮮なんかは、自宅にエアコンのない人もたくさんいるだろう。西欧の国だって、元々が涼しい国はエアコンを持ってないことは珍しいことじゃない。

実際、スイスの小さなホテルに泊まったときエアコンがなくて、小さな扇風機では全然涼しくならずに暑かった。その他の国も古い建物が多いから、エアコンなしということはよくある。ウィーンのシェーンブルン宮殿を観光したときも、人いきれもあっって、ひたすら暑かった記憶が。

一昨年パリに行ったときも、もう9月も半ばだから肌寒いかも……なんて、長袖いっぱい持っていったのに、めっちゃ暑くて現地でノースリーブを買ったぐらい。幸いホテルはエアコンあったけど、カフェとか涼しくないところもあって、暑かった~。

と、真夏を外したつもりでも暑かったりするので、夏の旅行を計画するときは、ホテルにエアコンがついてるかどうかは要チェックだ。

でも、このペースで毎年暑かったら、もう旅行どころじゃないかもね~。それ以前に、電力不足とか食糧不足とか、いろんな病気とか害虫とか、深刻な問題が出てこないか心配。やっぱり地球温暖化やばいのでは。

とりあえず、この暑さ続きで、秋になって体調崩す人がたくさんいそうなので、みんな気をつけようね。






2018.08.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 時事ネタから



«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: