ブログの快適利用法

「ミクシィでの暗黙の5つのルール」なるものを書いているブログをみつけた。

曰く、
・マイミクの日記は毎日必ず読みに行き、何かコメントをつけなくてはいけない。
・自分の日記にもらったコメントには、必ずレスをつけなくてはいけない
・落ち込んでいる日記や作品を発表している日記はスルーしてはいけない(なぐさめる&ほめたたえる)

あとなんだっけ。忘れちゃったけど。

コレを書いている人は、自称「ミクシィ中毒」なんだけど、実際しんどいと思う部分もあり、それは何か、ということでこの「5つのルール」を書いている。

読んでいて思ったのは、これってミクシィに限らないよね。同じことを感じてる人は、スゴク多いはず。

以前、雑誌のブログ特集で何人かのブロガーにインタビューしたときも、「ブログがにぎわうコツ」として、「自分からいろいろな人のブログを訪問すること」と言っていた人が何人かいた。

実際、コメントがたくさんついているブログというのは、ごく一部の超人気サイトをのぞいては、お互いが訪問しあってコメントを残し合うことで、にぎわっていることが多い。

そういうのって、確かにお友だちがたくさんできて楽しいし、ブログをやる醍醐味のひとつでもあるんだろうけど、やっぱりある程度「しんどい」と思うことも多いんだろうなぁと思う。

私は、人の日記をマメに読んだりコメントをつけるのは、あまり苦にはならないほうだけど、でもやっぱり半ば義務となってしまうと、楽しくなくなっちゃうよねぇ。

楽天日記をやりはじめたときはそう言う部分があって、正直なんてコメントつけたらいいのかわからない日記のときとか、すごく困ったっけ。

でも、いったんお休みをはさんで、「韓流」テーマで再開してからは、その悩みからも解放された。というのも、テーマがある程度はっきりしていると、純粋にテーマに関わることだけでつながってるっていうのが気軽。お互い、興味のあるときにだけコメントするっていうスタンス。つけてもらったコメントにはレスはするけど。名前はなんとなく覚えていても、どこのどういう人なんだかよくわかってない場合が多い。

この姿勢でいると、ブログを通してお友だちができる、っていう感じはないけれど、それはそれでいいかなというか、そのぐらいが私には心地いいのかも。

このブログも、たぶん読んでくれてる人は、検索でたまたまたどりついたイチゲンさんか、リアルな私を知っていて、近況チェックでのぞいている友だちぐらいだと思う。私も、友人のブログしか読まないし、滅多にコメントもしない。

だから、このブログもコメントがつかない日の方が多いけど、実際にあったりメールしたりすると、「この前のあの話さ」なんて、ブログに書いたネタを振られたりして、ああ、読んでくれているんだなぁと思う。

そもそもが「ひとりごと」で、日常リアル会話する機会の少なさをこのブログで発散してる&自分の記録として残る、ってのが、このブログの一番の存在理由なのかな。新しい友だちができればうれしいけど、そのために日々努力するガッツはなし。

と、まだムダに長文。

でも、コメントもらえば、やっぱりうれしいです(^^)。
何か感じたら、ぜひ、ひとことくださいませ。

2006.08.02 | | コメント(6) | トラックバック(0) | mixi



楽天リンクス

SNSネタなので、ミクシィのカテゴリで書いてみる。

「楽天リンクス」とは、最近楽天が始めたSNS。楽天では、ずいぶん前から「楽天広場」というブログのようなものを運営していて、私もずいぶん前から利用している。「ブログ」ってものが、今ほどメジャーじゃなかった時代から、それに似た機能を「日記」というわかりやすい概念で定着させたところはエライと思う。

元々、パソ友の記事にするために仮に登録してみたら、いかにも主婦向きにできているのが気に入って、安住していた私。こうやって別のブログを書きながらも(こちらは違うブログに2回乗り換えている)、楽天は楽天の魅力があって続けてきた。

その楽天広場で始まった「楽天リンクス」。すこぶる評判が悪い。その理由はというと、一言でいえば、既存の広場ユーザーに十分な説明がないこと。

実際私もそれを知ったのは、マスコミ向けのリリースで。すでにサービスが開始されたというので、「へー、楽天でもSNS始まるんだ、どんなのだろう?」と思ってさっそく、自分のページからリンクをたどってみると、「招待されないと利用できません」だって。

ミクシィのように、概要やサンプルを説明したページがないので、なんだかさっぱりわからない状態。わからなきゃわからないで、みんな使わなければいいだけのことなんだけど、たちの悪いことに、全員のプロフィール欄に「招待待ちで泣いてるアイコン」なんて勝手につけられちゃったもんだから、みなさんご立腹。

楽天リンクス


なんだかわからないものを、勝手に待ってることにされて、泣かされて、何だかわかんないけど、感じ悪い~と。

今回の「リンクス」では、一番最初は「スタッフに選ばれた」ユーザーだけが参加できて、あとは、そこから順次招待制で広げていこうということらしいけど、そもそも、楽天広場のようなすでにたくさんユーザーのいるところで、今さら「招待制」の空間を作ろうというのが間違っているのでは? 

マスコミ向けのリリースによると、この「リンクス」の開始でビジネスチャンスを広げることを狙っているらしいけど、こんなユーザーの利便性や感情を無視したやり方じゃ、かえって利用者減っていくだけなのでは。

2006.04.20 | | コメント(2) | トラックバック(0) | mixi



ミクシィが少しわかってきたかも

カテゴリ作った割には、最近全然話題にしなかったけど、実は、ここのところよく「コミュニティ」をよくのぞいている。

コミュニティとはつまり、昔のパソ通の「会議室」とか「フォーラム」に当たるようなモノで(と説明して、わかる人がどのぐらいいるのだろう。。)、テーマごとに設けられた小部屋のようなもの。登録制になっていて、登録しておくと、新着書き込みがあったときに一覧に載るので、見に行けるあたりが、さすがに昔のパソ通より進んでる。(だから比べるなよって)

ミクシィの中に、いったいどのぐらいの数のコミュニティがあるのかわからないけど、数少ないミクシィ友だちが登録しているものを覗いたりして、韓国語のお勉強系と、ライター系のコミュニティにいくつか登録してみた。

タイトルをみて、気になったものだけをのぞいていみるのだけれど、「フリーライターとして使うFAXは何が便利か」とか、「編集者とライターの権限の境はどのあたりか」とか「電話番号ミスなどの誤植を防ぐ方法」などなど、なかなかためになる話題が盛りだくさんなのだ。

ミクシィは、クローズドな世界だから安心、みたいな話を聞いても、偽名でだって登録できちゃうんだから同じじゃん、なんて思ってたけど、少なくとも、ネットにあふれている掲示板などよりは秩序が保たれていて、ちゃんとした場になっているのは、事実っぽいという印象。

私自身は、知り合い3人で作った情報交換用のコミュニティ以外は
ROM専で書き込みしたことはないけど、書き込んだ人の名前にリンクが張られて、自動的にプロフィールやその人のブログが読めたりするので、これをきっかけにして交友関係を広めたりという可能性は大きそうだ。

実際、「●●系に強いライターを求む」みたいな書き込みも多いし、この場を通じて仕事先をゲットしている人もいるんだろうな。

とはいえ、まだまだ引っ込み思案な私。知らない人の世界に書き込みデビューできるのは、いつの日のことやら(笑)。

2005.10.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | mixi



古きパソ通時代を思い出す

しばらく試行錯誤が続きそうなので、「mixi」のカテゴリを作ってみた。ということでmixiデビュー記の第3弾。

mixiには「コミュニティ」という登録制の部屋があって、これに参加すると楽しいのだと、諸先輩方から教えてもらった話は、先日書いた通り。そのうちのひとりが、さっそくクローズドのコミュニティを作ってお誘いしてくれたので、参加してみた。ふんふん、なんとなく雰囲気がわかったかも。

友人の友人と芋づる式に人のページを渡り歩いて、それぞれの人が登録しているコミュニティをちらちら覗いてみるのもいいよ、と教わり実践してみたり、キーワードから検索してみたりして、とりあえず「ライター」と「韓国語」についてのコミュニティに登録してみた。

結局、なんかありきたりだなぁと呆れつつ思い出したのは、むかーし、パソコン通信デビューしたときのこと。私が入会した「ピープル」というパソ通では「会議室」という部屋を選ぶようになっていたんだけど、会議室一覧をみて、「はて、何に入ろうか」と悩んだ私は、とりあえず名前に「ママ」と言う言葉がついてるからというだけの理由で「ママのパソコンクリックマム」という会議室に入ったのだったっけ。

当時、パソ通なんてやってる人は圧倒的に男性が多くて、怖いイメージがあったし、子育て真っ最中で仕事もしていなかった、ただの専業主婦の私。「ママ」という言葉にどれだけの安心感を抱いたか(笑)。

そんなベタな理由で適当に選んだにもかかわらず、ここに顔を出したことが、その後、ど素人の私がパソコンで仕事を始めるきっかけになったのだから、運命なんてわからないもの。

なーーんてことを、懐かしく思い出してしまった。私の古い友人のアナタも、きっとこれを読んで、懐かしさに涙が出そうでしょ(笑)。

2005.06.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | mixi



mixi

昨日の日記で、仲間が作れるブログに引っ越そうかどうしようか、という話を書いたら、ライター仲間のS美さんから「mixiはどうですか?」というメールをいただいた。

mixiとは今流行のソーシャルネットワークで、招待制のブログコミュニティ。前々から、S美さんをはじめ、いろいろな人から噂は聞いていたのだけれど、イマイチよくわからなくて敬遠していた。しかし、ネットの新しもの好きな人の間で人気らしいので、この機会に招待してもらって、登録してみた。

今日の所は、S美さんをはじめ、ぶらぶらといろいろな人のブログを読みに行ってみたりして、なんとなく雰囲気をみてきたところ。テーマごとの「コミュニティ」というのがあって、ここに属すると友だちができやすいようだ。

まだmixiの住人として居着くかどうかは決めかねているんだけど、問題は、このブログをまるまる引っ越してしまうか、それとも新たに始めるかということ。ここを丸ごと引っ越してしまうと、招待した人しか見られなくなるので、友人全部を招待するのが面倒かなぁとも思うし、このシステムを敬遠して離れてしまう人もいるだろう。かといって、こことは別にもう1個日記を書くのは辛いかなぁと。

そして、コミュニティに参加するとしたら、どんなジャンルの? 一番話題がつながりやすいのは韓流だけど(そしてこの手のコミュニティもたくさんあるようだ)、このジャンルはもう楽天でごちそうさまだから、今さらって感じだし。となるとライター稼業関係か。多少は興味あるけど、その業界の人と特に知り合いを広げたいという感じでもないしなぁ。というのが、悩みどころ。

そして、あの閉じた空間というのがいいのか悪いのか、微妙なんだよなぁ。以前、似たようなネットワークでecho!というのに登録したものの、結局まったくなじめなかった私なので、あまり自信はないかも。。。さて、どうなりますか。

2005.06.21 | | コメント(7) | トラックバック(0) | mixi



«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: