FC2ブログ

Amazonのやらせレビュー

布団圧縮袋って、ある程度時間が経つとすぐ膨らんできちゃう……という、「あるある」な悩み。今まであまり考えずに適当に買ってたけど、ある程度高いものを選べば、そんなことないの?と思い、ネットで物色してみた。


Amazonで検索すると、評価の高いものがたくさんある。全員が満点とかなら、間違いない?

話がそれるけど、海外のホテルを探すとき、小さなB&B(ペンションみたいの)で、全員が満点をつけてる宿というのは、ハズレがないという経験値がある。そういうところはだいたい、オーナーが良い人で、宿自体に細かな不満はあっても、相対的には大満足!となるからだと思う。

でも、通販の商品となると、事情は違ってくる。詳細を見てみると、商品説明の日本語がヘン。中国産か。まあ、それ自体はいいとして。レビューを読んでいくと、レビューの日本語もヘン。日本人なら絶対しないような表記がいっぱい出てくる。ってことは、やらせかー。

そもそも、そのメーカー自体はどういうところなんだろう?と検索してみても、全然会社情報がヒットしない。出てきたのはこんな記事。

Amazonの偽レビューは詐欺同然!評価を鵜呑みにすると安物買いの銭失いになるぞ!

この人は圧縮袋を買ったわけじゃないけど、同じメーカーの製品を買ったらしい。レビューの高評価に騙されて買ってみたら粗悪品。腹が立ったので調べて見ると、クラウドソーシングで偽レビューを書かせる案件をたくさん見つけたという話。まあ、ありそうな話ではある。以前問題になった、食べログの件と同じだ。(おかげで、最近は食べログの評価はまったく信用してない)

そもそも、Amazonのレビューって書いたからといって、ポイントバックとかあるわけじゃなく、書いた人とって何のメリットもない。と思ったけど一応調べてみると、たくさんレビューをすると、何かの「先取りプログラム」に招待されるとかはあるらしい。単純にランキングが上がると嬉しい人、書評代わりに自己表現、記録として使う人とか。

でも、楽天のようにレビューを書いたらオマケがもらえるとか、アフィリエイトでポイントつくことがあるとかいうダイレクトなメリットじゃないのに、たかが日用品のレビューをせっせと書くのは、やっぱり怪しい。

先のサイトでは、その手のやらせレビューを使っている怪しい商品に共通する条件も書かれているので、一応見ておくと参考になるかも。

単にお金をもらってレビューをかいてるほとんどの人は日本人だろうから、私が見た「日本語がヘン」→怪しい、という話とはまた違うんだけど。

こんなことを調べだしてしまったおかげで、結局圧縮袋の決定版にはたどり着けてない。

おすすめがあったら教えて~。

2018.10.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ネットでお買い物



ホームベーカリーを買い換えよう

最近、パンの膨らみが悪い。夏場はどうしても過発酵になりがちなので仕方ないか、、とも思っていたけど、お水や粉を冷やしておいたり、水の量を減らしてみたり、、と毎年夏にやることをトライしても、あまり効果がない。


どうしたもんかねぇと思っていたら、もしかしたらホームベーカリーが劣化してきたのかも?と思い当たった。

いつもは夜寝る前にタイマーセットするのだけど、タイマーじゃなければいいのかなと、今日の午前中お昼用に焼いてみた。普通の食パンコースだと4時間以上かかってしまうので、久しぶりにパン生地モードで、自分で小さいパンに整形して焼くことにした。(後から考えたら早焼きモードもあったのに、ずっと使ってないから忘れてた)。

材料をセットして1時間。生地が出来上がったところで取り出してみると、あれれ、バターがかたまりのまんま。ちゃんと混ざってないじゃーん! 生地もベチャベチャ。苦労して取り出すと、羽根が途中で取れちゃってたみたいな感じ。それでもなんとかまとめて、整形して焼いてみた。

とりあえず膨らんで、なんとかパンらしきものなり、焼き立てはそれなりに美味しく食べられたけど、場所によってふんわり膨らんでるところと、固いところと、ものすごくムラがある。

ということは、最近おいしくできなかったのも、HB自体に問題があるのではないかと。

試しにググってみると、やはり羽根が取れて膨らまないという経験のある人は結構いるみたい。

今使っているHBを買ったのは2010年の10月。もう8年も前か。毎朝食べるものだし、思い切って買い替えちゃう?

以前、格安HBの話を書いた(格安ホームベーカリー)。3000円代のでもいいんじゃないかって話。あいにく、あのとき紹介したモデルはすでに売ってなかった。

このモデルに限らず、価格がだいぶ違うならマイナーなメーカーでもいいかなと思ったけど、ちょっと見てみた限りでは、あまり変わりはない感じ。シロカとかMKとかツインバードあたりだと安いのは7000円ぐらいで買える。でも、静かな方がいいなとかで上位モデルになると、1万円越えになる。

一方のパナソニック。高いのは4万円超えだけど、1万ちょいのもある。機能を見る限りそれでも十分な感じ。だったら、やっぱりパナソニックがいいかなぁ。

で、今一番の候補はこれ。


パン・ド・ミというモードで作るパンが美味しいという噂。1時間余計にかかるけど、いつもタイマーだからあまり関係ない。このモードだとイーストも半分でいいというからコスパもいいかも?

パナ以外では、タイガーも気になる。IHヒーターを使っているのが特徴で、微妙な温度管理が得意で、焼きも高火力なのでパリッと焼けるらしい。ちなみに商品名は「炊きたて」ならぬ、「焼きたて」!


ちなみに、8年前に買ったこちらも、まだ現役で売ってた! 今、これをこの値段で買う人もいるのね~。


HB使ってる人、おすすめあったら、おしえてね~。

2018.09.15 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ネットでお買い物



知らないうちにAmazonプライム会員になっていた話

昨日、JCBカードから7月10日に引き落とされる分の明細が届いた。


ざっと確認してみると、「Amazonプライム会費」として400円引き落とされている。

え?登録した覚えないんだけど。

Amazonで買い物をすると、「プライム会員の無料体験」のお誘いがくどいぐらいに出てくる。よく見ないでそのまま進むと、知らないうちに無料体験に申し込むようになっていて、登録したくなければ、注意深くこのお誘いをはねのけて、注文完了までたどり着く必要がある。

ということは気をつけていたつもりなんだけど、間違えて無料体験をクリックしちゃったのか?

うちは夫がプライム会員になっているので、お急ぎ便が必要なときなどは夫のアカウントから買えばいい。だから、自分からふらっと「試しに~」なんて思っちゃう可能性はゼロなのだ。

Amazonにログインしてみると、確かにプライム会員になっている。取り急ぎ解約の手続きをすませておいた。この時点で解約すれば6月23日付で請求が上がった分(8月10日支払い分)は返金されるとのこと。

結果、「被害額」は、たかが400円なんだけど、なんだか悔しい。しかも、腑に落ちないのは、その頃Amazonでは買い物をしていないこと。買い物のときに気が付かずに、、ということはあっても、何も注文しないのに、わざわざ無料体験申し込みのクリックをするなんて、ありえないと思うのだが。

文句をいったところで返金してもらえるとは思えないけれど、どういう経緯でこういうことになったのかは知っておきたい。問い合わせ先を探すと、チャットサービスがあったので、さっそく尋ねてみた。

その結果、4/23付で無料体験を申し込んでおり、その無料期間が終了した5/23付で月会費が発生したという説明をされた。

4/23の注文履歴はないと反論すると「お客様のみ登録の手続きを行なうことができますため、何らかの操作時に誤ってご登録された可能性が考えられます。恐れ入りますが、登録された経緯につきましては、当サイトでも詳細をお調べすることができませんことをご了承ください」との回答。

いや、それにしたって、普通「プライム会員登録ありがとうございます」というメールが来るはず。と食い下がると「4月23日 12時44分ごろに「****様 Amazonプライム無料体験へようこそ」の件名にてプライム会員のご登録のご案内をしておりました」という。

もちろん私はそのメールは見た記憶がないし、今の時点では見つからない。でも、ゴミ箱や迷惑メールフォルダは、もう4月の分なんて残ってないから、そちらに入ってしまっていた可能性はもはや否定できない。というか、それを主張できたとしても、先方の送信履歴にある以上、受信していないという主張は意味をなさないだろう。

ただ、7月10日に引き落とされてしまう5/23付の第一回目の月会費についても「当サイトにて返金の手配をさせていただきました」という。つまり、結果的に「被害額」はゼロですむということになった。

そもそも、無料体験から有料会員への移行は、確認をされることなく自動で行われることになっており、そのことによるクレームはかなり多いらしい。それ故、申し立てれば返金というのはマニュアルとして決まっていたと思われる。

今回、Amazonのチャット担当者のOさん(姓のみの実名表記)は非常に丁寧な対応だった。最初の段階から「当サイトにわかりづらい点があり、ご心配をおかけしておりますことをお詫びします」と言っていた上に、最後になにか?と聞かれて、「今後はこういうことのないように、サイトの作りを検討してほしい」と書いた所、「当サイトの表記に分かりづらい点があることは私も認識しておりましたため、担当部署に改善いただくよう報告させていただきます」と。

「私も認識」という表現があると、なんか個人的に共感してもらえた気分になって、嫌な気分も少し収まってしまうという(笑)。

その効果を狙ったクレーム対応のか。もしかして、相手はAIかもしれないし?!

でも、自分の非を認めるようなマニュアルをアメリカの企業であるAmazonがつくるかな? 結局返金されたことだし、ここは「生身の人間が真摯に」対応してくれたのだと信じておくことにしよう(笑)。

ちなみに、最近この手のサポートをチャットで受け付けてるところが増えたけれど、なかなかにおススメ。au、マイネオ、Amazonと3つ体験したけれど、いつでもすぐに対応してもらえるし、回答が画面で残るのでとっておける。人によっては、文章で書くのは面倒くさいと思うかもしれないけど、私としては電話で話すよりずっと気がラク。何か問い合わせのあるときは、ぜひお試しを~。

それと、やっぱりクレジットカードの明細は、目を皿のようにしてよーくチェックしなくちゃね!





2018.06.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ネットでお買い物



Amazonは、ギフト券がお得

最近、久しぶりにマイルやポイント関連の情報を見ていて見つけた、Amazonヘビーユーザー向けのお得ワザ。


それは、タイトルの通りギフト券を買うこと。「ある条件」を満たすと、2.5%のAmazonポイントがもらえるという。

Amazonポイントは、楽天ポイントとかと違って、ポイントがつく商品がすごく限定されている。だから、普通に買い物してる分にはほとんどつかないことの方が多い。存在自体忘れちゃうほど。

でも、ギフト券を購入する際には(条件を満たせば)必ずポイントがつくので、1回ギフト券を買ってそれで支払うという手間を挟めば、実質すべての商品でポイントがもらえることになる。

その「条件」とは。
1.「チャージタイプ」のギフト券を購入すること
2.支払いは、コンビニ・ATM・ネットバンキングで現金払いすること(クレジットカードNG)

1の「チャージタイプ」というのは、ギフト券購入と同時に自分用のアカウントに直接登録されるタイプのもので、他人にプレゼントできたりするタイプのものは不可。

2については、カード払いにできないならカードのポイント(マイル)がつかないのに、びっけさんともあろう人がなぜ?と思った人は鋭い!(カードのポイントなんていらないから、少しでもAmazonで割引された方が嬉しいという人は、素直にコンビニで現金で支払うかネットバンキングで払うだけでもお得だと思うけど)

もちろん、マイラーな私は、素直に口座振り込みや現金で払うなら、こんな方法は使わない。

そこで、出てくるのが「セブンイレブンでnanako払い」という合わせ技。

税金など振込用紙を使ってコンビニで支払うものは、セブンイレブンでnanako払いにすれば、間接的にクレジットカード払いができるという話は、だいぶ前にも書いた通り(税金をnanakoで払ってマイルにする)。簡単に言うと、クレジットカードからチャージしたnanakoを使って払うという方法だ。

で、気になるには、ポイント付与率よね。

チャージする金額ごとに代わり、たくさんチャージするほど付与率も高くなる。そして、一般会員とプライム会員でも違う。

●一般会員の場合は、
5,000円~19,999円:0.5%
20,000円~39,999円:1.0%
40,000円~89,999円:1.5%
90,000円以上:2.0%

●プライム会員の場合は、
5,000円~19,999円:1.0%
20,000円~39,999円:1.5%
40,000円~89,999円:2.0%
90,000円以上:2.5%

わが家は夫がプライム会員になってるので、夫のアカウントで10万円購入すれば2.5%。つまり2500円キャッシュバックという感じ。

ひょえ!10万も買ってどうするの?と思うけれど、退職後オーディオ関連の仕事をしている夫は、仕入れ?か何かで、かなりの金額をAmazonに投資しているようなので、これぐらいは軽く使っちゃうというし。

さっそくサクッと購入して、セブンイレブンでnanako支払いをすませておいたので、後は夫は普通に買い物すればいいだけ。

ちなみに、チャージしたAmazonギフト券の有効期間は10年。(さすがにAmazonといえど、10年先はどうなってるんだろう??と思わなくもないけど)。

こうやって、どんどんAmazonの囲い込みに縛り取られていくのねぇというのも悔しいけど、とりあえずガンガン使う予定があるのなら、なかなかお得な話だと思う。

ということで。興味のある方は、トライしてみては?



2018.04.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ネットでお買い物



ビートウォッシュの使い心地

おととい届いた新しい洗濯機、日立のビートウォッシュ。


ちょうどお天気もいいし、大物ガンガン洗えるのがうれしい♪

今まで使っていた東芝のとの違いは。
スイッチの操作体系は似たような感じ。スタートを押してから実際に動き出すまで30秒ぐらい?かかるので、最初は「え、まだ何か押さなくちゃいけないの?」とビビったけど、そういう仕様らしい。

音は静かな気がする。より静音を望むなら東芝と言われたけど、これで十分。

うれしいのは、仕上がった後に蓋をあけると、洗濯物がふわっとほぐれていること。「脱水ほぐし」なる機能があるらしいのは知っていたけど、前のみたいにギュギュっと絞った状態じゃないから、広げて干す手間がだいぶ軽減される感じ。

脱水後のガチガチ状態をほぐすために、前の洗濯機では脱水後に「風乾燥」モードを使ってたことがあるけど、同じようなことを普通のモードで自動的にやってくれる。その分すごく時間がかかるということもない。

もっともこの機能は日立に限らず、最近の洗濯機にはみんなついてるみたいだけどね。

とにかく、途中で止まらないって幸せ!

と思ったら。今日毛布を洗ったときは、最後の脱水でピピピピと警告音。でも、一度開けて偏りを直したらすぐ復活したので、まあ許容範囲かな。昨日タオルケット2枚洗ったときは平気だったし。

毎日使うものだから、やっぱりストレスなく使えるメリットは大きいね!

2018.04.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ネットでお買い物



«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: