FC2ブログ

アラビア語も加わった「旅するゴガク」2019年度版スタート

毎年楽しみにしているNHK Eテレの語学番組シリーズ。過去ブログを読むと、「テレビで○○語」が2016年度から「旅するユーロ」というシリーズになって、スタジオではなく全編現地ロケで旅情報もたっぷり織り込んでくれるのが魅力。ただ、今公式サイト検索してて気がついたけど、「旅するユーロ」ではなく「旅するゴガク」となっていた。


「~ユーロ」シリーズはイタリア語、スペイン語、フランス語、ドイツ語の4カ国だったけど、今年はなんとアラビア語もこのシリーズの仲間入りしたからかも。

アラビア語の語学番組はこれまでもあったようだ。見たことないけどwikiで歴史を紐解いてみると、2008年度からスタートして2011年度まで第1シリーズ(生徒役は宍戸開)を再放送し、その後は2012年度に始まった第2シリーズ(生徒役は渡部陽一)を繰り返し再放送していたらしい。

ロシア語やポルトガル語(ラジオのみ)もそうだけど、マイナーな言語は毎年新作作るほどの需要がないのかな。

ところが、今年は「テレビでアラビア語」改め「アラビーヤ・シャベリーヤ!」として、金子貴俊を生徒役に迎えモロッコでロケ。まさに「旅するユーロ」と似たようなつくりなのだ。モロッコといえば、私もいつか行ってみたいところ。インスタ女子にも人気の高い観光地だ。これはちょっと勝負に来た感じ? 

っていうか、モロッコがアラビア語だなんて知らなかった(笑)。アラビア語といえば中東の言葉というイメージで自分とは一生縁がないと思ってたから、私に限らずそのハードルをぐんと下げてることは間違いない。試しに見てみた感じでは、他の言語と比べてエンタメ色が強い感じ。とにかくはアラビア語への印象を変えてもらおうってことなんだろうな。

アラビア語の話が長くなってしまったけど、他のユーロシリーズも一通り見た。
ドイツ語は南西部の「黒い森」、フランス語はトゥールーズとバスク、イタリア語はシチリアが、粗それぞれ舞台。フランとをイタリアは行ったことあるところがいろいろ出てきそう。そしてスペイン語はアルゼンチン。

生徒役は去年からの引き続きはなしで全員「新入生」。でもスペイン語のシシド・カフカは、たぶん番組史上もっとも上級者。中学生時代に2年間住んだことがあり、大人になってからも2ヶ月留学してたこともあるという。他の人のカタコトスタートとはレベルが違う。

まあ、そもそもこの番組は、言葉を真剣に覚えましょうというよりは、その言葉や使われている国に親しみましょうって感じだからね。

2019年度版「旅するゴガク」の案内ページはこちら

これから半年間、楽しみだ!


2019.10.07 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 語学



«  | ホーム |  »

びっけのおすすめグッズ

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: