FC2ブログ

英会話教室2回目

昨日は英会話教室2回目だった。(行き始めた話はこちら


内容は前回とほとんど変わらない。適当にペアを組んで「週末にしたこと」を話すとか。人数が少ないので2回目ともなれば、お互いの顔やキャラクタ、レベルもなんとなく分かるようになってきた分、和やかに話せる感じだ。

ただ日本人同士だと、どんな変な英語でも言おうとすることがなんとなく分かっちゃうのがいいのか悪いのか。相手が外国人だったらこうは行かないよなと言う感じも。しかも、初心者寄りの人が多いので、ちょっと英語っぽい言い回しをすると「?」という顔をされてしまうこともあったり。

そういう私も偉そうなことは言えなくて、旅行先のホテルやレストランで話すような、ある程度決まりきった英語ならともかく、フリートークとなると適当な表現が思いつかないこともしばしば。そんなときはせっかくなので、先生に質問したり、後からネットで調べたり。実際に言えなかった経験とセットになると記憶に残りやすいのが収穫。

あと、これは前にスカイプのオンライン英会話でフィリピンの先生と話したときにも感じたことなんだけど、ある程度長い文章を話そうとすると、頭に浮かんでくる言葉と英語の語順とのズレを感じてしまうのがネック。

この前書いた「おしゃべりに見る老化現象」じゃないけど、前フリのディティールばかりが先に頭に浮かんでしまって、なかなか骨格の部分が出てこない。無理に長い文章にしようとせず、頭に浮かんだ順に短い文を重ねていくという方法もサバイバルとしてはアリだと思う。ただ、それって、きっと外国の人からしたら、「で、結局この人何を言いたいの?」ってイライラされそう。

ということを考えると、この前読んだ『外国後を身につけるための日本語レッスン』という本に書いてあったように(読書録はこちら)、まずは日本語を英語脳で話す練習をするというのも有効なんだろうなと改めて納得。

ところで、今回の講座は全6回のところ、最後の2回はアイスランド行きと重なっちゃうので行けない。最初から分かっているのに参加して申し訳ないなと思っていたけど、例の来週からアイスランド行きのおばさまも来週と再来週お休みだというし、昨日話をした人も、「あさってからアイルランドへ行く」というし、別の人は「昨日までタイに行ってた」というし。さすが「海外旅行大好きの人集まれ」という講座だけのことはある!

しょっちゅう海外旅行行っていると、どんだけ金持ち?みたいに思われることもあって、ちょっと周囲には言いにくくもある。でも、この講座に来ている人も、特別金持ちには見えない(市の格安講座に来ているんだもんね)。余裕がなければ海外旅行なんて行けないのは事実だけど、何にお金を使うかは本当に価値観の問題なのだと、改めて意を強くした。

例のおばさまとはメルアドと携帯番号を交換。現地でのオーロラ情報などを知らせてくれるという。「ツアーだからあまりお役に立てないかも」というけれど、服装の目安など参考になりそう。これも神様のはからいね!




2019.10.09 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 語学



«  | ホーム |  »

びっけのおすすめグッズ

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: