FC2ブログ

アイスランドってどんなとこ?

「アイスランドに行ってきた!」と聞いても、「それどこ?」「何があるの?」って言われそう(笑)。


icelanf.jpg

こちらgoogleMAPより。左上の赤い印のついてる島がアイスランド。エリアとしては北欧。さらに左上のある白い部分はグリーンランドだ。

つまり寒いところ。なんだけど、緯度の割には暖かく、今の時期でも0度前後。オーロラが見られる場所としては一番暖かい場所として知られている。というのが、今回目的地に選んだ理由のひとつでもある。

2年ほど前に、「もっともオーロラ遭遇率が高い」というデータを頼りにカナダのイエローナイフというところへ行った。マイナス20度とかの世界でめちゃめちゃ寒かったけど、確かに3晩のうち2晩見られた。でもちょっとだけ。もっと大きいのを見たいなぁ、でも、オーロラだけを見にまたわざわざ行くのもなぁ。

オーロラ以外には何も見るものもすることもなかったイエローナイフと違って、この時期のアイスランドならドライブしながら風景をも楽しめるらしい。以前グランドキャニオンの現地ツアーでいっしょになった日本人も、「アイスランドはすごく良かった!」と言っていたし。じゃあ、オーロラは見えたらめっけ物と思って、観光目当てで行こうと思い立ったというわけ。

実際、専用の防寒具がなければいられなかったイエローナイフと比べると、寒さもそれほどでもなかった。ヒートテックとかたくさん着込んでれば大丈夫。スキー場にいるときぐらいな感じ?

そして景色はというと、滝がたくさんあったり、氷河の直ぐそばまで行けたり、日本では見られないような異様な風景が見られたり。
IMG20191101141059.jpg

IMG20191101133458.jpg

こちらは、ユーラシアプレートと北米プレートの裂け目。
IMG20191030132234.jpg

ちょっとだけ見られたオーロラの写真はこちら。
IMG20191103210847.jpg
実はオーロラというのは、目で見てもこのように見えるわけではなかったりする。白くぼんやり雲みたいな感じで、写真に撮るとこんな風に緑色や赤に映る。ある程度大きなものだと目で見てもはっきり分かるらしい。今回のは「そうだと思ってよーく見ると」肉眼でも確かに緑っぽくゆらゆら揺れてるのが分かった。

首都のレイキャビクは、1986年に「冷戦の終わりの始まり」と言われたレーガンとゴルバチョフの歴史的首脳会談が行われた場所。なんでこんなところで?と思ったけど、地図を見ると、モスクワとニューヨークの中間あたりに位置するのね。

観光的には、カラフルで可愛い街だった。
IMG20191104155649.jpg

IMG20191104160041.jpg

人口も少ないせいか、治安はめちゃめちゃいい。車にスーツケース入れておくのさえドキドキしていたシチリアとは違って、貴重品も置いたまま外に出ちゃえるという(笑)。そういう意味では、日本人にはおすすめの国と言えるかもね!



2019.11.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019アイスランド



«  | ホーム |  »

びっけのおすすめグッズ

カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: