通販で贈り物を贈る

母の日が終わったと思うと、父の日、お中元と立て続けに贈り物が続く、このシーズン。今年は特に、最近3回も立て続けに義父のお見舞いに行って、そのたびに手みやげを持っていってるし、ネタ切れ感アップで困ったもんだ。

数ある両親への贈り物で、ここのところ一番楽チンなのが、うちの父へのプレゼント。日々晩酌で飲んでいるお酒を送ると決めてしまったので。そんな高いものじゃないのが申し訳ないけど、もらって困ることは絶対ないものだし、重たいものだから、届けば便利だろうし。ちなみに、お酒の種類は二階堂一択(笑)。



そんなわけで、義父の父の日もお中元もまだ決められない中、これだけは昨日のうちに注文しておいた。

銘柄が決まっているので、楽天のトップで検索かけて、本体価格+送料が一番安そうなところに決める。最安値ショップは毎年微妙に変わるので、お店は決めずにその都度検索する。

昨夜、最初に目についたお店は、注文ページを進むと、最後のところで「注文日より1週間以上の期日指定はできません」だって。それじゃ父の日に贈れないじゃん。ってことでキャンセル。

次に目についたお店は、最後の注文画面で、宛先は注文者のところで間違いないか?という確認のコメントがある。父の日の指定なのに宛先が自宅になっている場合、このコメント欄で「はい」って確認メッセージを入れておかないと、後でメールで確認させていただきますって。

ああ、宛先変更するの忘れちゃった!ってこと、よくあるもんね。そういうトラブルを避けるためなんだろうけど、親切だと思う。

そして、宛先が違う場合は値段のわかる書面は同封しませんという断り書きもあり、いやあえて入れて欲しい人はここの●をしてください、みたいなコメントもあった。

ここまで細かく予防線はってるお店って珍しい。

と思っていたら、今朝届いた受注確認メール。

========
この度は父の日のご注文ありがとうございます。
父の日のカードと包装をしてお送り致します。

6月15日午前指定でお届けします。

※早く出荷する場合もございますがご指定通りに
お送りいたしますのでご安心ください。

金額のわかるものは同梱しませんのでご安心ください。
========

完璧だ。自宅以外のところに贈り物で届けたいときの心配事を、みごとにすべてクリアにしてくれてる。スバラシイと思う。

というのも、先週次女が、「ネットで父の日のプレゼントを注文したんだけど、もしかしたら注文票もいっしょに行っちゃうかも」って心配していたのだ。「ママが先に開けて捨てちゃって!」って(笑)。

「こういうときってどうすればよかったのかなぁ?」って聞かれたので、普通は宛先が違えば同封しないけど、心配だったら、注文のときのコメント欄か、別途メールかで事情を書いておけばいいんじゃない?とアドバイスしたばかりだったのだ。

この手の話で思い出すのは、もう何年も前に、父に落花生を送ったときのこと。当時はまだネット通販もそんなにメジャーじゃなかった頃で、うっかりそのお店の人が注文書を同封してしまった。母から嫌みたっぷりの電話をもらって、一応かいておこうとメールでクレームしたら、速効電話がかかってきた。

電話の主は年配のおじさんで、「そんなボケてるなら、もう引退しろって、息子にすごく怒られた」としょぼんとしてて(笑)。あまりに気の毒だったので、「今回は身内ですから、大丈夫ですよ~」って慰めてあげた。その後、そのお店はお詫びの品として、うちにもピーナッツ送ってくれた(^^)。

という話は、そのときもブログに書いたから、覚えてる人いるかな?
先日の話じゃないけど、書いたことはちゃんと覚えてますから、、、心配しないでね(爆)。

最後にお店への直接リンクも貼っておいてあげよう♪

2014.06.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: