健康診断2014

年に1回恒例の健康診断にいってきた。

8時半受付開始。いつもだったら5分ぐらい前に行くんだけど、すでに受付の段階からちょこちょこ待たされるので、今日は15分前ぐらいに行ってみた。

狙い通り窓口ではすぐ受け付けてもらえただけじゃなくて、すべての検査が待ち時間なしにスイスイ。

いつも一番待ち時間が長い胃カメラも、今日は何と一番最初に回ってきた。いつも最後なのでそのつもりでいて、思わず「え、いきなりですか」とプチ同様する私。「今なら空いてるから先にやっちゃいましょう」と誘導されてお部屋の中へ。

いつものように、看護婦さんに背中をさすってもらって、親切な説明を受けながら検査を受ける。その時点で、「あ、そういえば去年初めて、今まで聞いたことないコツをなんか聞いたんだっけ」。でも、肝心の中身が思い出せない。あー、来る前にブログで確認してくればよかった。

今後のために、今確認してみたら、「ゲップが出そうになったら息をこらえると良い」ってTipsでした。来年は覚えてるといいな。

喉を通るときに多少おえっってなるのは苦しいけど、「ここなら大丈夫」っていう安心感は大きい。ほんと、胃カメラって、内視鏡を入れる先生の腕の違いも大きいけど、いかにリラックスできるように配慮してくれるかで、苦痛は全然違うと思う。

ただ、今回ちょっと辛かったのは、胃に入れた空気が大量だったぽいこと。実際に量が多かったかどうかは分からないけど、「空気を入れて膨らませますね」と言われてから(これはいつものこと)、どんどんお腹がパンパンになって、うううう、苦しい。苦しいといっても、おいしいものをお腹いっぱい食べて苦しい~っていう、あの感じなんだけど。おいしいものどころか、朝食抜きでお腹空いてるのにお腹いっぱいって変なのと思いつつ、耐える。こんな感覚は初めてだな。

何はともあれ、無事終了。検査後、先生が撮影した写真を見せながら説明してくれる。例によってポリープはたくさんあるけど、最大で7mmあとは2mm程度のがパラパラ。昨年の映像とみても変化はないので大丈夫でしょうと。上部の方に多少炎症が見られるけど、特に胸焼けとかの症状がなければ心配するほどのものではないと。

すごくいろいろ丁寧に説明してくれるので、ずっと気になってたことを聞いてみた。

私すごいゲップ体質なのだ。炭酸飲料とか飲むと、尋常ならぬ巨大なゲップが出る。おっさんみたいな。本人は、胃が膨らんで苦しかったのが、それでスッキリするのだけれど、家族からはいつも冷たい視線が。

先生曰く、ああー、そういえば、胃の口が多少緩んでいる感じなので、上に上がってきやすいのかと。特に女性の場合、妊娠したときにお腹の重みで緩んでそのままになることもあるそうだ。あとは加齢でも緩んでくる傾向はあるらしのだけれど。(ゲップ体質は昔から。でも、そういえば結婚する前なそんなことなかったかも)

結局、すべての検査1時間で終わっちゃったよ。最短記録。来年からも早めに行こうっと。


2014.10.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: