ヨーロッパで英語の通じる国

面白いデータを見つけたのでご紹介。

english-eu.jpg

ヨーロッパで英語で会話ができる人の割合だって。スイスとかノルウェーとかのデータがないのが残念だけど、なかなか面白い。

イギリス、高いけど、100%じゃないのね。地方や階級によってもずいぶんなまりがあるらしいけど、それはあくまで英語の話だから、そもそも違う言語を話す地方もあるわけで。ウィキによると、特にウェールズではウェールズ語を話す人が多いらしい。そういう言語って、英語とどのぐらい違うものなんだろう?

北欧やオーストリアが高いのはなんとなく納得するけど、オランダの90%ってのもすごい。オランダ語は英語にすごく近いって聞いたことあるけど、それも関係してるのかな。

ちょっとずれるけど、トルコ語と日本語も実は語順とか似ているらしくて、「だから日本語は勉強しやすい」ってトルコのガイドさんは言ってた。親日国で、かつ日本人観光客が多いっていう前提があるにしろ、日本語の上手なトルコ人が多い理由はそれもある?(似てるという意味では、韓国語が一番よく似ていて、日本語の上手な韓国人が多いのも同じ理由かも?)

ヨーロッパに話を戻して。昔から、よく「フランス人は英語を話したがらない」って言われるけど、このデータで見る限り、フランスよりイタリアやスペインの方が英語は通じないっぽい。

ドイツは、ある程度教養のある人なら英語を話すって聞いたことあるけど、データもそんな感じかな。

ギリシャとか、意外に高い印象。外国語なんて勉強したがらなそうだけど(笑)。外国人観光客が多いから、そういう仕事に携わる人も多いのかな。同じ人気観光地でも、フランスやイタリア、スペインと比べて、母語(ギリシア語)の分かる外国人なんていないだろうからねぇ。

要はどのぐらい必要に迫られる場面があるかってこと?

これはヨーロッパ限定のデータだけど、日中韓とか東アジアのデータも見てみたいなー。

なお、ネタ元はこちらです。

2014.11.19 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 日々のできごと



コメント

現在公開中の「至宝のエトワール」という映画を観たら、フランス人ダンサーがフランス語でも英語でもインタビューに応えるシーンがあったわ。東京文化会館で、出待ちしてた時も、英会話聞こえたし。…聞かれたくない内容はフランス語、ってこともあるらしいけど。

2014/11/20 (木) 10:59:24 | URL | おぐママ #WKW2cJuI [ 編集 ]

おぐママさんへ

グローバルに活躍する人は、英語ができるのは常識なんでしょうね。なんて、今さらだけど。

フィギュアスケーターでも、記者会見に通訳を付けているのは日本人ぐらいかも。せいぜい、ロシアのまだすごく若い子とか。

2014/11/20 (木) 11:15:35 | URL | びっけ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: