電車の振替切符

ちょっと前から、iPhoneに「Y!乗換案内」というアプリを入れてあって、よく使う路線で遅延があるとお知らせが届くように設定してある。

そのiPhoneがお昼前にピコンと鳴った。小田急線が人身事故でストップだという。マズイ。今日は新宿で取材があるのに。

予定の出発時刻にはまだ1時間ぐらいあったけど、とりあえず急いで用意をして駅まで行ってみた。幸い、最寄り駅から海老名までは折り返しで運転しているというので、それに乗って海老名へ。そこで相鉄を乗り継いで、なんやかんやで遠回りして、結局現場に着いたのは、約束の15分過ぎごろ。

何度も一緒に仕事をしている相手なら、信頼関係もあるから、今日みたいな実質影響のない遅刻は、もうしょうがないかと開き直れるけど、今日の相手は初めて会う人だったので、いつも遅れてくる人と思われたら感じ悪いかなとか緊張するのだ。

家を出る前に、PCからメッセージを入れておいて、時間が読めた段階で電話も入れてあったので、到着した時点でお詫びを言う私に、「大丈夫ですよ、たどり着けてよかったです」と優しい言葉をいただき、ほっとする。

「電車が遅れて」っていうのも、言い訳になるようでならない気もするのだけど、帰りにいっしょに駅まで来たときも、まだ小田急が遅れてるという情報が出ていて、「あーまだ遅れてるみたいですね」と言ってくれたので、少なくともウソじゃないてのは分かってもらえただろう。

いや、それにしても。人身事故、多すぎでしょ! 本当にやめてほしい~。

電車に遅れはつきもの、と早めに出るにしたって、今日みたいに1時間も早くでて間に合わないとなれば、どんだけ早めに出ればいいのって。逆に今日なんか、もっと早く出てたら、ちょうど動いてない区間に閉じ込められて、よけいに遅くなっちゃったかも。

ところで、振替切符って、無条件でもらえるんだっけ?

本来は定期を持ってる人のためのものだから、私には関係ないと思って素通りしちゃったけど、後から考えたら、改札のところで、手を出してる人に普通に配ってた。そして、それを持って相鉄に行けば、フリーパスで乗れちゃうぽかった。

あの時点では、お金より1分でも早く着くことしか考えてなくてなかったけど、じゃあ私ももらっちゃえばよかったのかな?なんてね。そういえば、昔定期を持ってたころも、別に定期を見せなくてももらえてたような気がするし。

なんてセコイこと考えてないで、とりあえず大事に至らなくてよかったということで。

2014.12.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: