読書録:『イニシエーション・ラブ』(ネタバレなし)


イニシエーション・ラブ (文春文庫)イニシエーション・ラブ (文春文庫)
(2007/04/10)
乾 くるみ

商品詳細を見る


タイトルにも書いたけど、最初に念を押しておくと、この記事中にはネタバレの答えは書きません。

大学卒業前後の「僕」と「マユ」との青春ラブストーリー。予約してずいぶん待ったけど、なんでこんな本読もうと思ったんだろう?と不思議に思いながら読み始めた。途中で、背表紙にある概略を読むと。

最後から二行目(絶対先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。

とある。そうだ、これが気になって読もうと思ったんだった。なんだろー?

今まで読んだ本のうち、最後でどんでん返しといえば、『アクロイド殺人事件 (新潮文庫)』や、『葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)を思い出す。

前者は読み始めようと思ったところで、姉に「ああ、これ犯人が●●なやつでしょ!」とネタバレされた恨みの思い出(笑)。そして、後者は、作者の狙い通りまんまとダマされたけど、なんか読後感の悪い話だった。(どちらも、このブログを始める
前に読んだものなので読書録が残ってないのが残念)

で、この本。オチはなんだろうと想像しながら読んだけど、見抜けないうちに最後まで来ちゃった。

あれ。でも、最後まで読んでも分からない(笑)。確かに「最後から二行目」はあれ?と思う。でも、それが何を意味してるのかが分かんなかった。気持ちが悪いので、「イニシエーションラブ ネタバレ」でネットで検索してみると……。

えー。そういうことなの?? →1分で分かるネタバレ

なんで、そんなこと分かるんだろう?と不思議に思ってもう少し探してみると、詳細な解説サイトを発見。→謎解き『イニシエーション・ラブ』

すんごい詳しく分析してる(笑)。全部は読んでないけど。

でもここをさらっと読んだだけでも、なんとなくトリックの基本は分かったし、なるほど「必ず二回読みたくなる」というのも納得。

残念ながら、今日が返却日なのでもう1回読む暇ないんだけどね。

反省点としては、すごく薄い文庫本なのに、お風呂に入る間だけしか読まなくて、4回か5回に分けて細々読んだので、前の部分を良く覚えてなくて、伏線に気がつかなかったかなと。あと、話自体は大した話じゃないので、早くオチが知りたくて、かなり斜め読みしちゃったせいもあって、細かい描写はほとんど気に留めてなかった。

なので、この本をちゃんと味わいたい人は、じっくりと描かれてる状況を把握しながら読み進めることをオススメ。

最後に一言付け加えて置くと、物語の舞台が1986年で、当時のドラマとか流行り物とかの話がいっぱい出てくるので、ちょっと大人な方には、その辺も懐かしく楽しめるかも。

2014.12.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書録



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: