足の指を使って歩く

久しぶりの外反母趾ネタ。

見たところ、典型的な外反母趾ってほどじゃないんだけど、長く歩いてると親指の横の骨が痛むという話。どうやら歩き方が悪くて、必要な筋肉が衰えたせいらしいということで、いろんな改善策を試している話を何回か書いた。→最新のは「膝を伸ばして歩く

前に書いたときは、どうやら膝を伸ばして歩くのがポイントらしいというところまでたどり着いた。
街で人々を観察していると、膝を伸ばさないで歩く、いわゆる「ペタペタ歩き」は、圧倒的に女性に多く、男性はよほどのおじいさんではない限り大丈夫だということに気がついた。その理由はハイヒールのせいなのかしらね、と書いてたんだけど。

その後、痛くない靴を探すポイントみたいな記事を読んでいて、新たな事実に気がついた。

その記事では、痛くならない、歩きやすい靴を見分けるには、試着したときにつま先立ちしてカカトを思い切り上げてみなさいとあった。その状態でカカトが脱げるようでは×だと。

ああ。まさにそれだ!

私は若い頃からパンプスを履くと踵がすぽすぽ抜けてしまうのが悩みだった。それを防ぐために、カカトをあげない、つまりつま先を使わない歩き方が癖になってしまったに違いない。

その記事によると、日本人女性にはカカトが細い人が多く、それなのに既存の靴は踵が広めにできているので、こうなってしまう人が多いらしい。

で、足の指を伸ばして、地面から離れるときには五本の指で地面を蹴るというのが、「正しい歩き方」なのだそうだ。

さっそく実践してみた。

確かに、今までは足の指、ほとんど使ってなかったということを実感。足の指でしっかり地面を蹴って歩くと、自然に膝も伸びて、大股になって、背筋もすっとする感じ。

今までは、足の指のかわりに、親指の付け根の拇指級のあたりで地面を蹴ってたから、ここに力が掛かって、横の骨が痛くなっちゃったのかもしれない。

この歩き方を何日か意識してみると、スネとか腿とかが、なにげに軽い筋肉痛。ウォーキングとかしたわけじゃなくて、普通にその辺を歩いてるだけなのに(笑)。

これって、今まで使ってなかった筋肉を使ってるってことだよね。ということは、効果があるかしらん。

最近、取材が続いてて、外に出る機会が多いんだけど、今のところ、いつもの痛みは出てない。この調子で、痛みとサヨナラできるといいな!

2015.01.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: