読書録:『日銀を知れば経済がわかる』


日銀を知れば経済がわかる (平凡社新書 464)日銀を知れば経済がわかる (平凡社新書 464)
(2009/05/16)
池上 彰

商品詳細を見る


おなじみ、池上センセイの本。

最近、「量的緩和」とかなんとか何かと話題に上る日銀。日本の中央銀行で、経済政策の重要なポジションだということは分かっていても、それ以上は??という人のために、いつも通り分かりやすく解説してくれる。

そもそも、銀行って何? 紙幣って何? お金って何?みたいなところから始まって、そして、日銀っていうのがいったい何をしているところなのか。日本の経済の中でどんな意味があるのかまで、優しくかみ砕いた説明はさすがの一言。

ほー。そうなのか、となんとなく分かってきたような感じ。(といいつつ、ここで要約できないのは、結局そこまでよく分かってないのか?? )

惜しむらくはこの本が2009年の本であること。つまり、ちょっと昔のもの。
説明の中で、かつてのバブルとかリーマンショックとかのときのことも解説してくれてるんだけど、じゃあ最近のアベノミクスはどうなんだ?ってところも、教えてほしい。ニュースでよく報じられてたことが、どういう意図で行われたものなのか、それはどんな風に受け取られていて、効果はどうなのか。

きっと、どこかでそういうことについても書いてるはずだと思うんだけど、Amazonで見た限りでは、ドンピシャな感じの本は見つけられなかったのが残念。

2015.01.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書録



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: