IT化と連絡方法とビジネスマナーと

ちきりんさんのブログにビジネスコミュニケーションの「常識」に注意しましょうrというエントリーがあった。

知らない相手にコンタクトをとるとき、いきなりメールを送りつけるのは失礼。紹介者をたてるとか、郵送で手紙を送るとかするのが「常識」っていうのは、どうなのか、って話。

確かにね。メールの返事なら簡単に書けるけど、手紙もらってその返事って結構ハードル高い。わざわざ文書で返事なんて絶対しないし、こちらから電話かけるのもなんだか。メールアドレスが書いてあっても、手打ちでアドレス入れるの面倒。やっぱり、メールやSNSの連絡先が分かるなら、そっち経由でもらった方がよっぽどいい。

というのは、仕事でネットを使い慣れている人なら、もはや常識だよね?

もちろん、そうじゃない「業界」もあるんだろうということはちきりんさんも認めているけれど、ITリテラシーの低い相手とは、いっしょに仕事をする気にならないっていうのも、納得。

同時に、電話もほとんど使わないという話。今や電話を使うのは、よほど親しい相手、待ち合わせの途中、あるいは進行中の案件について入り組んだ話なので直接話しちゃった方が早いという場合のみと。

これも共感。というか、そうしたいと私は思ってる。

だけど、実際には、未だにすぐ電話かけてくる人も結構いる。私みたいに文章書くのが仕事の人間じゃないと、言いたいことを文章にするのは面倒くさいから口で話したいってのは、まあ分かるんだけどね。あと、年配の人は、やっぱり直接(電話にしても)話をしないと感触が分からない的に感じている人もいるのかな。

でも電話で話した内容って記録に残らないから、不安。(もはや一種の病気かも)。なので、日時とか場所とか細かい重要なことがあるときは、電話を切った後にメールも入れておいてくれると大変助かる。(というのも、ある意味ビジネスメールの常識だと思うんだけど。誤解や勘違いなどのトラブル防止に)

それ以上に困惑するのは、新しい案件をいきなり電話で打診されること。引き受けるか、断るか。メールならひとりで画面を見つめながら、そして家の中を歩きまわりながら、「うーむ」と考えてから返事ができる。でも、電話だと、即答はしないまでも、その場でなんらかのリアクションをとらなくちゃいけないし。

そもそも、この時代、やっぱりいきなり電話で相手の時間に割って入ってくるっていうのは、なんだかななんて思っちゃう気もするし。それは自分がかけるときも同じで、緊急で今すぐって要件でかけるとき以外は、いつどのタイミングでかけたらいいのか、すごく迷う。そして、おっくう。

ああ、でも電話がおっくうなのはむしろ仕事よりもプライベートかも。何かの問い合わせ、手続き、親戚、家族。どれもなんだか気が重くて、つい伸ばし伸ばしになっちゃう。メールですめば、どんなに便利かと思う。もう完全に電話する能力が退化しているのかもね。

ネットを使った連絡法も、メールか、FacebookかLINEかとか、それはそれで問題があるわけですけどね。



2015.02.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: