読書録:『白蓮れんれん』


白蓮れんれん (集英社文庫)白蓮れんれん (集英社文庫)
(2005/09/16)
林 真理子

商品詳細を見る


かな~り、今さらですけど。「花子とアン」を見終わる頃に予約したので。

というわけで、花子の心の友だった、れん様こと白蓮さんを描いた小説。知らなかったけど、作者は林真理子だったのね。彼女のエッセイは昔たくさん読んだけど、小説は初めてかも?

この小説は、れん様が九州の石炭王のところにお嫁入りするところから、愛人と出奔して世の中を騒がせた後、関東大震災のドサクサ?で一緒に住めるようになるまでが描かれている。さんざんドラマを見ているので、ついついドラマと比べてしまのうだけれど、大筋はほとんど同じなので、どちらも比較的史実に作られているのかな。

ただ、この小説には、花子はほとんど登場しない。れん様の友人はたくさん出てくるけど、終盤、彼女を応援する文壇の一人として名前がちらっと出てくる程度。

小説ではほとんどが九州時代の話という理由もあるのだけれど(女学校時代に仲良しだったのは本当らしい)、ドラマでは九州で孤独だったれん様も、実はあちらでもお友だちが結構いたらしい。

ドラマを見ていたとき、あんな大騒ぎまでして駆け落ちした割には、その愛人ってのが今ひとつ魅力的に見えないのが気になっていたんだけど、それはあこの小説でも同じだった。どちらかというと、九州での生活が辛くて、そこから逃れたかっただけみたいに見えてしまうのは、現実もそうだったからなのかな。

その割には、一時の気の迷いということもなく、死ぬまで仲良く添い遂げたらしいのだけれど。

それにしても、あの時代によくもあんなに大それた事したよねー。姦通罪もあった時代だから、文字通り命がけ。
恐れ入りました!

2015.03.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書録



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: