人生がときめく片づけの魔法が世界でブレイクだって

NHKニュースで英会話。月~金は毎日更新されるサイトにアクセスしてチャレンジしてる。

4月28日に更新されたのは「2 JAPANESE MAKE 'TIME 100'(日本人2人が“世界に影響力”)」というニュース。アメリカの週刊誌「タイム」が毎年発表している「世界で最も影響力のある100人」に、村上春樹と近藤麻理恵が選ばれたという内容だ。

ニュースを見るようなオジサマ方の間では、村上春樹はともかく、近藤麻理恵って誰?って思う人も多いかも。前に読書録を書いた『人生がときめく片づけの魔法』の著者だ。

当時の読書録を読み返してみると、こんな若いねえちゃんの片付け本なんて、と半分バカにして手に取とったけど、意外にモチベーションアップに役立つかもという好意的な評価だった。

確かに、この本が提唱している、持ち物を捨てるかどうかで迷うときは、「心がときめくかどうか」を基準にしましょうという論理は、今も心の中に残っていて、役に立ってるような気がする。

この本、日本で大変なベストセラーになってドラマ化までされた話はしってたけど、なんとこんなのに選ばれるほどアメリカでも話題になっていたとは。

ニュースによると、アメリカでも60万部以上が売れて、今や「Marie Kondo」は、誰でも知ってる名前なんだとか。補足説明では、サイトによると世界30カ国で翻訳されてるとも書いてあった。ひぇ-。

ニュースでは、アメリカも最近狭い家に住む人が増えていて、彼女のアドバイスを有益だと捉える人が多いのだそうだ。

具体的なノウハウじゃなくて、精神論なところが万国共通なのかしらん。

ちなみに、タイトルは、「The Life-Changing Magic of Tidying Up」。「人生がときめく」は「人生を変える」になってるけど、ニュースでは、彼女のお片付け論を「possessions that no longer "spark joy" in the heart should be thrown out but with a sense of gratitude for having once served a purpose.」(持っていてももう心が「ときめく」ことがない物は捨てるべきだが、かつて役に立ってくれたことに感謝しながら捨てるべき)」と紹介していて、「ときめく」は「spark joy」と訳されている。なるほどー。

いやー、それにしてもすごいね、こんまりちゃん。
日本でその後出版した2冊目は今ひとつでその後の本も読んでないけれど。恐れ入りました。

2015.04.30 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 日々のできごと



コメント

ミクシィニュース

前にミクシィニュースを見て開いたら、彼女の顔写真が出てきたので、見出しと内容が間違ってる!と思って2回くらい閉じて開いてをしました。

私も捨てられないんですが、後から捨てないで良かった!って思えることのほうが多いんです。
どうしたら良いでしょう?(๑´•.̫ • `๑)

2015/05/01 (金) 07:07:04 | URL | ミーナ #- [ 編集 ]

ミーナ さんへ

ほんと顔だけみると、その辺のおねーちゃんですよね(笑)。私の場合、必ずあるはずなのに物が多すぎて見つけられないっていうのがすごくストレスなので、なるべく捨てたい願望が強いです。結局は、何が一番自分のストレスになるのか、で決めるしかないのかなぁ?

2015/05/01 (金) 10:43:42 | URL | びっけ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: