DVDの映画で予習

世界一周第二弾、いよいよあさって出発。

成田発、ヘルシンキ経由でロンドンに入り、イギリスを1週間、その後マドリードに飛んでスペインを1週間、ミュンヘンに飛んでドイツをちょっと見てから陸路でウィーンに抜けて、ウィーンから(エコノミーで)一時帰国するのが9月の9日の予定。

イギリスでは、ロンドン郊外にあるスタジオへのハリー・ポッターツアーに行くのと、オックスフォードなどでとロケ地になったところへ行く。

それで、今日、第一作目の「賢者の石」のDVDを見返した。私にしては珍しくセルDVDを持っているのだ。もちろん、映画公開と同時に映画館にも行ってるんだけど。たぶん、DVDが珍しかった時代だから買ってみたかったのかな。結局、なんやかんやでも4,5回は見た気がするから、十分元はとった感じ。

ハリーの映画を見たのはもうずいぶん前なので、せっかくならイメージを思い出しておこうと思ったんだけど、さすがに何度も見てるので、特に今さらこんなシーンあったっけというところはなかった。でも、それにしてもあの頃のラドクリフ君のかわいかったこと! ハーマイオニーは美人女優さんになってるのにねぇぇぇ。

そして、ロンドンでは待望の本場ミュージカル「オペラ座の怪人」に行く。「オペラ座の怪人」は、劇団四季のを見てるし、その後映画版も見てるから、今さら予習しなくても大丈夫と思ってたんだけど。

たまたま、春にBSでミュージカル版のテレビ放送があったのを録画してあったので、せっかくだから行く前に見てみようと思ったら、これが、なんか記憶と全然違う話で。

よく見ると、タイトルにわざわざ「ケン・ヒル版」と書かれている。調べてみると、劇団四季や映画で見た、日本で有名なのはアンドリュー・ロイド・ウェバー版で、これとはまったく違う台本、演出家によるものらしい。知ってる曲も全然なくて。あれれという感じ。

オペラ座の怪人は、前に四季を見た後に映画をみようとDVDを借りてきたら、間違えて『オペラの怪人』という、これまた違うストーリーのを借りてきてしまった前科がある(そのときの話はこちら)。いろんなバージョンがあってややこしいのね。それだけメジャーな題材ってことだけど。

今度ロンドンで見るのは、アンドリュー・ロイド・ウェバー版なのだけど、どこがどう違ったのかなと思っても、思い出せない。このままだと気持ち悪いので、あわててTSUTAYAで借りてきたというわけ。

前にこのDVDを見たときの日記を読むと、怪人の生い立ちなど、ミュージカルだけでは分からない部分もよく分かってよかったと書いているのだけど、これがまあ、びっくりするぐらい覚えてなくて。

なんとなくこんなシーンあったっけというのはところどころあったけど、その先どういう展開になるのか、全然思い出せなくて最後まで見ちゃった。おかげで、新鮮に楽しめたのだけれど。自分の記憶力の悪すぎがちょっと怖い。。

ついでにいうと、このときの日記に自分で書いている内容も、読んでみて、今さらへーという感じでまったく覚えてない。困ったもんだ。

オペラ座の怪人といえば、去年冬のフィギュアスケートで、この曲を使って滑っていた選手がたくさんいたので(たとえば羽生くんのこれとか)、よけいに曲にはなじみがあった。ここでトリプルルッツ!とか、ストーリーとはまったく関係ないことに頭が行っちゃったのはご愛敬。

この前の『王様と私』では、直前に映画を見ておいたおかげで、ストーリーはバッチリよく分かった。コメディなので、ちょいちょい会場が沸くシーンがあっても、顔の表情とかしぐさでおかしいのは分かっても、セリフまわしのジョークはついていけなくて、みんななんで笑ってるのかなーってシーンがあったけどね。

実際に劇場で見るのはちょうど1週間後なので、少なくとも眠くならずに見られることでしょう!


2015.08.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 世界一周



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: