父の入院、その後

昨日の続き。

昨日の夜寝てから夢を見た。

次の日病院に行くと、父が元気にベッドに座ってる。普通におしゃべりもしてる。
「あれ、お父さん、どうしちゃったの!」「なんか、昨日まで心配してたのが嘘みたいだね。まるで夢でも見てるみたい」ってみんなで笑って。

そしたら、目が覚めて。なんだ、こっちが夢だったのか。現実は現実のままなんだよなーと。

でも。夕方母からかかってきた電話によると、現実の父も昨日の様子が嘘のように元気になっていたと!
食事も昨日の夜から普通に食べているそうだ。

搬送されてきたことはまったく覚えてないようで、着替えたいのに下着もないし、時計がないから時間も分からない、お金がないから家に電話も出来ないとか、文句たらたら言ってたそうだ。

下着は、昨日「この棚に入れておくからね」とさんざん言ったのを、たぶん分かってないだろうなとは思ってたけどね。

まだ導尿してる身じゃ、お金あっても売店なんか行けないんだけどね(^^;)。

でも、そこまで元気になっていたとは、一安心。母もほっとしてる様子。

お医者さんにはまだ会えてないけど、看護師さんに聞いた話では、とりあえず内臓にはどこも問題がなさそうなので、特に検査もせず様子を見ているという。

熱の出た原因は、オシッコがつまっちゃっていたとか。やっぱりそっちか。

詳しくは知らないんだけど、もともと泌尿器系で調子が悪かったようで、何年も前からその病院の泌尿器科にかかっていたらしい。今日はいつも診てもらってる担当医にも診てもらえた様子。

よく分からないけど、ささっと調べた感じでは、前立腺肥大とかそういうのかな。高齢の男性に多いらしいし。

搬送されたときは9度8分もあったっていう熱も平熱に戻って、頭も普通に戻ったっていうのは、意識の混濁はやはり発熱のせいだったのか。

看護師さんにも「あんまり安心しすぎないでください」と言われたらしいけど、なんとなく原因も分かって、致命的な病気ではなさそうなこと、それほど長く入院しなくてもすみそうな感じになりつつある感じで、本当によかった。

昨日の時点では、このまま入院が長引いてるうちに心身弱っちゃって、そのまま衰弱して、もう家に帰れなくなったりして?なんて悪いことばかり想像していたので。

まだ退院の見通しも立たないけれど、心配してくれたみんなへのとりあえずのご報告でした。


2015.09.29 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 日々のできごと



コメント

乙。

2015/09/29 (火) 22:25:55 | URL | サトケン #- [ 編集 ]

楽観はできなさそうですが、心配したほどではないようで何よりです。 基本的に、生命力強い世代ですね。ビッケさんも旅行に続く非日常で体調くずさないようにね~

2015/09/29 (火) 23:25:38 | URL | おぐママ #- [ 編集 ]

サトケンさんへ

ども!

2015/09/30 (水) 17:55:21 | URL | びっけ #- [ 編集 ]

おぐママさんへ

ありがとうございます。好き放題遊んでて体調崩したとか、誰も同情してくれなそうなので、気をつけます(苦笑)。

2015/09/30 (水) 17:56:35 | URL | びっけ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: