受話器がはずれてる?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
書いてたら、ダラダラ長くなっちゃったので、要約すると。
実家の電話が話し中でつながらなくて、プチ大騒ぎ。
光電話だと、受話器がはずれてるかどうか、調べる術もないのね、という話デス。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今朝10時すぎ、携帯が鳴った。画面の表示を見ると、実家の携帯からだ。

いつもは母が使っているのだけど、「お父さんが使いたいっていうから」と病院に置いていたという話を母から聞いていた。

ということは、父本人からだ。母の話では、もう週明けにでも退院できそうだっていう話だったから、その報告を自分でしてきたのかな?

と思って出ると。

「家に電話をかけてるんだけど、話し中でつながらないんだ」
「●●さん(母の友だち)とでも話してるんじゃないの?」
「いや、ついさっきかけたときは熱があって具合悪いと言っていたから、そんなはずはない」

どうやら、母がどうかしちゃったかと思って心配してるらしい。

「じゃあ、私もかけてみるよ」といって、電話を切り、かけてみるけど確かにつながらない。

心配なのは分かるけど、在宅してるはずなのに呼び鈴が鳴っても出ないならともかく、話し中ってことは、実際に話をしているか、もしくは受話器がはずれてるんじゃないか。

具合悪くて長話しできなそうな感じだったんなら、受話器がはずれてる可能性が高いかもしれない。

そういうときって、確か電話局に頼むと、ビーっていう警報音を鳴らしてくれたはず。調べてもらおう!

あれ。
でも、あれってNTTのサービスだよね。実家の電話はNTTじゃないはず。確かKDDIだって言ってたような。

auでもそういうサービスってあるのかなぁ?
Google先生に聞いてみると、auではやってないみたいな話が一杯出てくる。でも、検索結果は随分前の話が多いから、今なら事情が違うかも。

auのサポートページに行ってもよく分からない。急ぎの話だし、直接電話したほうが早いと思ってサポートにかけてみた。

ちょっと待たされたけど、比較的すぐつながったので、聞いてみた。

結果的には、ダメだった。
auメタルプラスという契約なら調べられるんだけど、実家の場合はauひかりマンションという契約なので、話し中かどうか調べることも、警報音を出すこともできないという。

それでも、出来る範囲のことで、、と、信号を送ってみたら取り付けられているauの機器までは正常に通信が行えていることまでは確認してくれた。

ちなみに、非常に丁寧な対応でしたよ。。

お礼を言って電話を切る。

たぶん、普通に受話器が外れてましたってことだろうけど、このままじゃ父が落ち着かないだろうから、私が直接行ってみてくるしかないか。

最初に電話をもらってから、私がいろいろ調べている、ほんの30分の間も、「分かったら電話する」って言ってるのに、何回も「どうなった?」ってかけてくるんだから。。。 そのたびに、調べかけてたこと中断されて。おそらくジリジリしながら、談話室で携帯握りしめて待ってるんだろう。待ってるときって、1分が10倍ぐらいに感じるよね、確かに。そもそも、ただでさえ気の短い人だし。

「お父さん、心配なのは分かるけど、分かったらすぐ電話するから。どうしても連絡とれなかったら、私これからすぐ行ってみてくるから」と言って待ってもらう。

おそらく、父の頭の中では、自宅で倒れて動けなくなっている母の姿を妄想しちゃってるんだろう。自分のことで連日病院と往復して疲れてるのも分かってるし。

そもそも、具合悪くて寝てるならその様子見も兼ねて行くしかないかと腹をくくって(すぐ出ても着くのは2時間後だけど)、念のためもう1回と実家に電話してみると。

ルルルル。あれ、鳴るじゃん。
と思ったら、ちゃんと母が出てきた。

「具合悪いんだって、大丈夫?」と聞くと、「あら、なんであんんたそんなこと知ってるのよ?」と不審がる。

やっぱり、●●さんと話してたらしい。
で、手短にその30分間の顛末を話すと、「いやねぇ。お父さんたら。●●さんが、~っていうから、それでもって、ああで、こうで」と話し始める母を遮り、「話はまた後で聞くから。とりあえずお父さんが心配してるから電話してあげて」というと、「携帯の番号なんか分かんないわよ」

おいおい。。。。

「わかった、じゃあとりあえず私から連絡しておく」
「うん、おねがい。今日は行かないって言っておいて」

すぐ父にかけると、やっと一安心。

そして、やおらまた自宅にかけて母と話す。
正確には熱じゃなくて血圧が高かったそうだ。でも、それは昨夜の話で、今朝はもう下がってるらしい。

「あのひと、元気になったとたん、アレコレうるさいったらありゃしない(怒)」ってわけで、多少話を盛った感も(?)

まあ、確かに電話口の父は、まったくいつも通り元気そうだった。
本人が言うには、もう今日明日にでも退院の許可が出るだろうと。(希望的観測かもね)

そんなわけでまた10分ぐらい私と話していた母の電話は話し中だったわけで、父はその間も、「また話中だ」ってじりじりしてたのかもね、もしかしたら(笑)。

で、つながった途端、またケンカなんだろうなー。
「具合悪いなら、長電話なんかしないで寝とけ」
「あんたはいちいち大騒ぎしすぎるのよ、まったくうるさいわねぇ!」的な。

まあ、平和な日常に戻りつつあるってことですね。

と、そんなわけで。
光電話をお使いのみなさん、受話器はずれてても、調べてもらえない時代なのでご用心ってことで。

まあ、携帯が当たり前の現代、そもそも「受話器外し」って何?って話にもなりそうだけどね。そういう意味でも、シニア世帯にも携帯は必要かも。(携帯の方がバッテリ切れとかの可能性あるけどね)









そのちょっと前にかけたとき、母が熱が出て具合が悪い

2015.10.05 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 日々のできごと



コメント

イエ電ねー。悩ましくてタイムリーな話題です。
イマドキってイエ電引かない人が増えてるっていうじゃない。娘が一人暮らしするにあたって、不動産屋さんも「最近はほとんどイエ電引きませんよ~。回線はありますけどね」って言うので、そうだろうなと思って引いてないんだけど、うちの娘、恐ろしいほどの寝坊クイーンで、ちょっとやそっとじゃ起きない!
アラームやら目覚ましやらかけても止めて二度寝しちゃうらしいし、携帯電話の音なんかじゃ全然起きない。で、最近「やっぱりイエ電引こうか」って話になっているという。
でも、前仮住まいしてたとこでやっぱり起こすためにイエ電にかけたけど、呼び出しが鳴るだけで留守電にもならないし、ってことがあった(受話器が外れていた)のでどうしたもんかねえ…とためらってるんだけど。
auに聞いたらやっぱり光電話になるって言ってたな。停電の時は使えません。そうだよね。
でも今、停電でも使えるアナログ回線って残ってるのかな?と思ったり…
しかし老親に関しては、ケータイ持ってても自分がかけたい時に使うだけ(こっちからかけても出ない)とか、イエ電鳴らして出ないから心配してるとあとで「あら、そう、なんか鳴ってる気はしたの。あれあなただったのね」と言われたり…ああこれは私の愚痴だった、ごめん。
いろいろ振り回される世代なのよ。私達。ガンバろう。

2015/10/05 (月) 12:57:54 | URL | YUcana #jcOaHd1Q [ 編集 ]

YUcana さんへ

うちの娘たちも固定電話は入れてないよ。いらないでしょ。目覚まし問題は、うーん、いつまでも他力本願ってわけにもいかないんだから、失敗したら自分で学んでもらうってのじゃ、ダメ?(^^;)

そういう私自身、高校時代、妙高行きの日に朝寝坊して上野駅にギリギリセーフで罰に男子トイレにTPもって行かされたりとか、中間テスト2科目受け損なったとか、痛い思い出が(苦笑)。自分の失敗は自業自得ということで。

その点、老親は、そうやって突き放すわけにもいかないしねぇ。日々成長していくヒトと、日々衰えていくヒトと。だもんね。

2015/10/05 (月) 16:29:56 | URL | びっけ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: