モネ展と、?年ぶりの動物園

シルバーウィークに、現地まで行きながらあまりの混雑であきらめた上野のモネ展。

チケットを買っちゃってたので、リベンジにいってきた。平日午前中なら空いてるだろうと思ったら。

あれれ~、やっぱり混んでるよ。

入口では10分待ちって書いてあったけど、20分ぐらい待ったかなー。

多少人数調整してるみたいだったけど、それでもやっぱり中は相当な混雑。頑張って一番前をゲットしないと人の頭越しになっちゃう。特に印象派の絵って、あまり近くで見るよりも、ちょっと離れてみた方がよかったりするのに、離れると見えないという。。。

せっかくだからと、オーディオガイドも借りたけど、絵の横についてる説明とあまり変わらなかったような。

展示の目玉は、「印象、日の出」。「印象派」という言葉の起源になったと言われる作品。すごくきれいだったけど、ちょっと照明が明るすぎたような気もする。

モネって若い頃は勉強が嫌いで、先生の似顔絵とか描いて遊んでたんだって。それがすごく上手だったことから、、10代の頃は風刺画で注目されていたらしい。それを見た画家から才能を見出されて風景画を描くようになったと。

それで、その初期の頃の風刺画も展示されてて、面白かった。

最後の方は、晩年に描いた睡蓮とか庭の花。白内障を患っていたこともあって、ぱっと見ると、なんだこりゃ?な抽象画みたいな絵なんだけど、試しにメガネ外してみると(今日はコンタクトじゃなくてメガネだった)、あら!これが。

今までワケわかんない塗ったくりだと思ってた絵が、3Dみたいに立体的な深みのある絵に見えてくるから不思議!!

近眼と白内障とは見え方は違うと思うけど、なんとなくモネが描きたかったものが分かったような気がした。自己満足だけど。

まわりのオバサンたちが、「こんなになっちゃうと、もうなんだか分かんなくて、ちょっっとねぇ」なんてヒソヒソ話してるのが聞こえてきて、「おー、君たち、分かってないね~」なんて、ひとりでほくそ笑む(笑)。

いっしょにいた夫は近眼じゃないのだけど、試しに私のメガネを掛けてみたら、「なんとなく分かるような気がする」と。ピントが合わないってのは同じ???

と、なかなか満足なモネ展だった。

それにしても、今日はめっちゃいいお天気。せっかくだから上野公園でも散歩していこうか、というのが、ノリで?動物園に入っちゃおうということに。

だって、この前シルバーウィークに来たとき、すっごい行列だったのを見てたから、並ばずには入れるなら入らないと損みたいな気になって(笑)。

上野動物園に来たのは、高校生の時以来。遠いから子供が小さいときには来たことなかった。

入ってすぐ、主人公のパンダちゃん。私が前に見たときは、カンカン、ランランだよねぇ。夫は初めて見るらしい。

IMG_3842 (2)

今も2匹いるらしいけど、運動場に出てたのは1匹だけ。それも奥の方で寝ててよく見えないよ~。

IMG_3843.jpg

ズームしてみると。
IMG_3845.jpg

これをお目当てに混んでるときにきて、並んだあげくにこれじゃ、ガッカリしちゃうね。パンダ見るなら和歌山行ったほうがいいのかも(行ったことないけど)

全体に、表示はあるけどいなかったり、居ても奥の方にいてよく見えなかったり、と、残念なところも多かった。動物園ってこんなもんだっけ?

でも、目を輝かせてみてるちっちゃい子とか、ワーキャー言ってる田舎の女子中学生とか見てるのもたのしかった。

あと、意外にYou(外国人)が多いのにビックリ。ノンバーバルで楽しめるから? それにしては、他の国の動物園と特に違って面白いこともないと思うんだけど。でも、日本人の日常の姿が見えて、それはそれで面白いかもね。





2015.10.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: