長い文章と短い文章

最近、仕事で書く文章は長いものが多い。5000文字とか、単行本だと10万文字以上。
そんなに長い文章を書くのは大変!というのは、割と誰でも分かってくれると思うけど、短い文章なら楽かというと、簡単にはそうともいいきれない部分もある。

もちろん、長ければ長いほど、中身となる材料がたくさんいるから、調べたり取材したりという時間は当然たくさんかかる。それをどういう風に組み立てるかっていう構成も大事。実際に文章を書く以外の部分に手間がかかるってことだ。

逆に、短い文章の場合、盛り込むべき内容っていうのはそれほど多くないから、そういう下準備の時間はそれほどかからないことも多い。(その分野について根本的な知識が欠けている場合は別)

その代わり、使う言葉とか、リズムとかにものすごく気を遣う。それは短くなればなるほど。

その最たるものがキャッチコピー。ほんの10文字ぐらい、サラッと適当に書けちゃいそうだけど、そこに言いたいこと、伝えたいこと、イメージを凝縮しなくちゃいけないから、ピタっとハマルものを探すのって意外に大変。形容詞ひとつとっても「美しい」のか「きれい」「ビューティーフル」その他、使う言葉ひとつでイメージが全然違ってくるから。そして、クライアントや編集者の好みもあるし。

その文章なり製品なりが一番伝えたいイメージは何なのか。ターゲットはどんな人で、その世代や性別に一番刺さるワードは何なのか。

Webや雑誌みたいに「流し読み」されることが基本の場合は、タイトルや小見出しも似たような苦労がある。そこで目をひいてもらわないと、いくら本文でイイコトかいても読んでもらえないから。

しかも、1つのページの中に、いくつもキャッチコピーや小見出しを造らなくちゃいけないときなんて、かぶらないようにするのも大変。

たとえば、スイーツのお店の特集ページがあったとする。同じようなエリアの同じようなメニューのお店のキャッチをどう書き分けるか。

読む人にしてみれば、こんなの深く考えないで適当にサクサク書いてるんだろうなと思われるだろうけど、結構苦労してるんですよと。

なんでこんなことを書く気になったかというと、今日、久しぶりにすごく短い文章を書いて、「一つひとつの単語選び」に気を遣うっていうのが、久しぶりだなぁと懐かしく思いだしたから。

昔雑誌が中心だった頃は、文字数の制約も厳しかったから、そこにおさまる文字数でピッタリの言葉を探すって、もうパズルみたいな世界だったっけ。

その点長い文章は、書いても書いても終わらないし大変なんだけど、長々説明できる分、そこまで「単語一つ」にこだわることってしてなかったなって。文字数もかなりざっくりだし。

そういう意味で、久々に頭の体操をした気分(笑)。


2015.10.16 | | コメント(2) | トラックバック(0) | おしごと



コメント

私は800字に

私も今、長女の高校から800字程度で親からの手紙を書くというのをやっていて、子供が特定できないようにメッセージをというものなんですが締め切りが迫っていて苦戦しています。書き始めると800字があっという間で(^^;)。書きたいことをうまくまとめるのって本当に難しいですね。

2015/10/17 (土) 08:34:12 | URL | mako #/Gbb2fdw [ 編集 ]

makoさんへ

800文字って、結構難しいですよね~。ちょろっと書こうと思うとなかなか埋まらないし、書き出すとおさまらないし。「慣れ」っていうのはもちろんあるんですけどね。

2015/10/17 (土) 22:33:27 | URL | びっけ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: