映画「マイ・インターン」を見てきた!

日曜日に、次女と「マイ・インターン」という映画を見てきた。

ちょっと前に次女から絶賛オススメされていて気になっていたところに、友人からも「おもしろかった!」という話を聞いたので。

じゃあ一緒に行こう!と約束した別の友人の都合が悪くなったので、もう1回みたいという次女といっしょに行くことになったというわけ。

主演はロバート・デニーロとアン・ハサウェイ。
事前の情報は、「プラダを着た悪魔」の続編的な話というのと、とにかくローバート・デニーロが「かわいい」という評判。それ以上詳しい話は知らないまま、いざ映画館へ。

想像したよりも、おもしろかった!
みんなが言うように、ロバート・デニーロがとにかくチャーミング。

実は彼の作品って今までひとつも見たことがないんだけど、なんとなくハードボイルドな印象があった。

ところが。この映画の彼は、いつもニコニコ。愛すべきおじいちゃん。

若くしてネット通販の会社を立ち上げたヒロインは、自分の代わりに専業主夫となってくれた理解あるやさしい夫とカワイイ娘もいた「勝ち組」。だけど、内実は毎日の忙しい生活、夫との問題とかもあって、いっぱいっぱい。そんな彼女の元に「シニアインターン」として入社してきた彼の「年の功」の魅力に癒され、心を開いていく、というお話。

一世代前のシニアと、時代の最先端をいうネット企業というギャップ。一見役にたたなそうなおじいちゃんが、実はみんなの苦境を助けてあげて、みんなに好かれていくっていうは、見ていてほっこりする。徹底的に憎まれ役だった、プラダのメリル・ストリープとは180度違う存在ね。

邪魔にされたり馬鹿にされたりがちなシニアだけど、年を重ねた人だからこその魅力っていうのが、人間にはあるんだよ的な描き方がステキだなと思ってしまうのは、自分がシニアに近い年代だから?

すべて都合よくできていてハッピーエンドっていう典型的なハリウッド映画ではあるけれど、現実離れしているとは分かっていても、ハッピーな気持ちになれるのは、ひとえにロバート・デニーロの魅力かなと思う。

すごく感動するとか、考えさせられるっていう映画ではないけれど、見てよかったなと思える作品だったと思う。

2015.11.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画など



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: