インドVISAに挑戦

海外旅行のとき、国によっては入国にVISAが必要になる。日本人の場合、なしで行ける国も多いし、アメリカ、オーストラリアなんかはネットで簡単に申請できるし、インドネシアは到着時に空港でお金を払うだけと簡単だった。

8月にいったロシアで初めて「本格的な」VISAが必要で、ロシア大使館までわざわざ行ったりして面倒臭かったけど、巷に出回ってるノウハウ通りにやれば、それほど大変ではなかった。

今度はインド。これは大変だった!

ロシアと違って、①大使館に出向く方法以外に、②郵送や、③申請だけしておいて現地到着時に空港で発行してもらうという3つの方法が選べる。

大使館のある場所が仕事でときどき行く場所に近かったので、最初はついでに直接窓口に行こうと思っていたのだけれど(その法が手数料が安いらしい)、窓口で何やかやといちゃもんをつけられ、お金を加算されるという噂も耳にした。「インドの洗礼」なるものの予行練習?ブログネタにもなる?とか思ったりもしたけど、やっぱりめげて、③の現地発給をチョイス。②だとパスポートを郵送しなくちゃいけないのがなんとなく不安で。

いずれにしてもWebで作成する申請書の入力項目がとても多いのだ。
パスポート番号や住所氏名、本拠地、宿泊予定地などは当然としても、父と母の名前と生まれた場所(すでに他界していても)、宗教、職業、勤務先などなど。勤務先って、私はフリーだし、夫は無職だし???

もちろん、記入例などのサイトはたくさんあるのだけど、情報が錯綜しているというか、そのときごとに先方の対応が違ったりすることも多々あるようで、「どれが正解」というのが分からない。○○と書いて「大丈夫だった」という人もいれば、「ダメだと言われた」という人も。

総合的に理解したのは、普通の常識が通じるとは思ってはいけないらしい、、、ということ(泣)。

結局、いくつものサイトを渡り歩いて、「正解らしき」ものをさぐり、入力するまで、いったい何時間かかったことやら!!!!

大変、大変、もう嫌になっちゃう!!と訴えても、夫はまったく他人事だし(怒)!!!!!
出発までに片付けちゃいたい仕事もたくさんあるのに(涙)。

という愚痴はともかく。

どうにか書き上げたフォームを恐る恐る送信してみたら。
翌朝、すぐにOKとおぼしきメールが届いた。あとは、現地の空港で入国審査のときにこの紙を見せればいいらしい。

のだけれど、本当にこれで大丈夫なのか、めっちゃ不安。
最後の訪問国なので、もし入国拒否されたとしても、すごすご日本に戻ればいいだけで、他の行程には影響しないんだけどね。

どうぞ、そんなことになりませんように!

2015.11.28 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 日々のできごと



コメント

インドって、安倍さんのブレーンで行くの?

2015/11/29 (日) 19:43:52 | URL | サトケン #- [ 編集 ]

サトケンさんへ

ああ、アベちゃんも来月行くみたいね。日程かぶらないといいんだけどー。警備とかめんどくさそうで。

2015/11/29 (日) 20:31:16 | URL | びっけ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: