父とプチけんか

母の入院以来、実家とは何かと接触が多い毎日。毎日のように母とはメールや電話でやりとりし、父とも2日に1回ぐらいは電話で話している。(母にメールをおぼえてもらっておいて、ほんとよかった)

病状や様子を確認することに加えて、父がトンチンカンなこともあり、母に頼まれて父に何かを伝えたり、説得したりという役回りも仰せつかったり。

昔から、実家では母と姉は直情タイプなので、何かと気むずかしい父とはケンカが絶えない。そんな姿を見て育ったので、私は人と争いごとをするのがトラウマになってるところもあるんだけど、とにかく私はケンカに参加せず(ある意味我関せずで)、冷静でいることが多くて、比較的父とは衝突が少ない。

今まではできるだけ関わらないようにしてたけど、今回は首をつっこんじゃったもんだから、何かというと「あんたからお父さんを説得してよ」みたいに頼まれてしまう。

面倒臭いなぁと思いつつも、間にたってあげてたのだけれど。

今日、「他人に口出されることじゃない」ってて逆ギレされた。他人ってさー、おいおい。
「お前は未熟ものだから分かってないだろうが、世の中というものは……」、みたいな説教口を叩かれて、さすがに私もムッとした。分かってないのは、どっちなのよー。
「じゃあ、好きにすれば!」ってケンカ越しで電話切っちゃった。

父にしてみれば、何かとアレコレ指示されるみたいなのが気に入らないんだろうと思う。母と裏で連絡とりあって自分だけをのけ者にしてるみたいにすねちゃってるところもあるんだろう。そして、何年もゆっくりいっしょにいることがなかったから、最初の頃は遠慮しておとなしくニコニコしてたけど、慣れてきた分、「父と娘」みたいな昔の関係性に戻ってきて、そういうことにイラつくようになったようだ。

ってのは分かるんだけどね。

まあ、この調子で退院後もあれこれ仲介をさせられるのもたまらないなぁと思ってたので、一歩引くいい機会かなとも思う。
病気の母、ボケが始まっちゃった父、というのがかわいそうで、仏心?を出したけど(笑)、毒舌復活の母にしても、そんな0000元気があるなら、ふたりでどうぞ好きなようにケンカでもなんでもやってくださいって感じ。

でも、父との一件を母にメールで報告したら、「嫌なことばかり頼んでごめんなさいね」なんて殊勝な返事が来て、またちょっと可哀想になったり。

と、いろいろあったけれど、とにかく14日に退院が決まったようだ。

「遠いんだから、もう来なくていいわよ」とは言われたけど、一応当日に実家に行って、買いだしとその日の夕飯ぐらいしてきてあげようかなと思う。泊まらないでさっさと帰ってくるつもりだけど。

幸い、退院後もとくに安静にしてなさいという感じでもないみたいで、普通には動けるようなので、後は、もう知~らないっと。

と言いつつ、年が年なので(ふたりとも今年で米寿)、すぐまたこんなことがありそうだけどね。

そして。あの分じゃやっぱり父に認知症の診断につれて行くのは、むずかしそうだ。。。。困った、困った。

2016.04.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 母の入院



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: