ガンいろいろ

今日は、「乳がんもどき」の術後検診で東京共済病院へ。例によって2時間半も待たされたけど、超音波検査の結果、異常なし。ヨカッタ。


先生曰く、「(ガンだと思ったら)生検でひっくり返されちゃったんだよね。でも、5年経ってその後ずっと大丈夫ってことは、やっぱりガンじゃなかたんだね」って。オイオイオイ。

「ただね、生検の先生に言われたの。○×◆(聞き取れなかった)だから、この後も気をつけてみてあげてって」

○×◆というのは、要するに乳腺の細胞?だかなんだかが「勢いがある」タイプだから、こういう人はガンになりやすい、っていうことを言いたいらしい。まあ、乳腺の具合がどうとかっていうのは、ずっと前に別の先生にもなんか言われたことあるから、何かそういう傾向であることには間違いないのかも(疑ってるわけじゃないけど)。

あのときはガン告知だの入院手術だと、大変な思いをしたけれど、後になって思えば、ほんの一瞬でも「ガン患者の気持ち」を味わったのは貴重な経験で、その後の気持ちの持ち方にも影響したと思ってる。今回の母の件でも、あのときにガンについていろいろ勉強したことが役に立ってるし。

で、いつものように世間話を始めた先生に、「うちの母が口腔ガンになっちゃって」という話もしてみた。専門じゃないので詳しくはなさそうだったけど、「放射線で焼いたとしても、口の中が火傷みたいになっちゃうから食べ物が食べられなくて、高齢者はそれであっという間に参っちゃう人も多いんだよねぇ」と。相変わら思ったまま発言する自由な先生(苦笑)。なんたって、「大変、あなたガンだよ」っていきなり告知した人だからね!

でも、確かにそうかもねー。

口の中って、やっぱり意外とやっかいなのかも。
母の方は、今週の金曜日に検査結果を持って診察に行く予定。手術のスケジュールも決まるかな。体力的にも心理的にもなんとか最低限の負担ですみますように。

2016.05.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 母の入院



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: