母のガン、手術はせずに放射線で

母の付き添いで病院へ。

今日は、例の頼りないおねーちゃん先生はサブで、別の40代と思われる男の先生が説明をしてくれた。忘れないように記録、記録。

まず、先週姉に付き添ってもらって行ってきたペットCTの結果、全身への転移はなし。よかった。

ただ、患部の範囲が大きく(腫瘍は5~7cmぐらい)、骨にかなり浸潤しているので、完全に取り切るのはむずかしいという前提で、治療の選択肢3つについての説明があった。

1.手術
あごの骨を残すことはできないと思われる。骨を削った後に金属プレートなどを埋め込み、さらに腕やお腹から取ってきた皮膚や筋肉などの組織を移植するという大手術になる。

入院は1カ月ぐらい必要で、術後1週間は絶対安静になるので、この年齢だとそのまま歩けなくなる可能性が高い。しかも、整形後、飲み込みにくくなったりもするので、食事も今まで通りにするのは難しくなる。(人相が変わったりもするらしい)

ガンを取り切れる可能性自体は一番大きいが、完全に取り切れるという保証はない。

2.化学療法(抗がん剤)
カテーテルを入れる。強い薬を大量に使うので腎臓や肝臓に負担がかかる。場合によっては透析が必要になる可能性もある。1カ月に1回に10日間入院を3回繰り返す。

3.放射線
1回は5~10分、月~金で計30回ぐらい、期間にして1ヶ月半が目処(詳しくは後日)。基本は通院だが、毎日通うのが大変なので入院も可能。副作用として口の中が火傷のような状態になるので痛む、食事もとりずらくなる。入院していれば、点滴や鼻チューブなどで水分や栄養分の補給もできる。

年齢を考えた場合、入院させてもらって放射線が一番良さそうと判断し、その方向で準備を進めてもらうことにした。

ただ、どのぐらいガンを小さくできるか、消せるか、やってみないと分からない。特に骨の中には残ってしまう可能性があるので、いずれまたどこかに出てくることが考えられる。その場合は、もう抗がん剤も放射線も手術も、できないとのこと。

この前のねーちゃん先生の話だと、2週間ぐらい入院して、簡単に切って終わりみたいだったのに、ずいぶん話が違うじゃん!ということで、楽観視してた母はかなりショックだった模様。

今すぐ命にどうこうというわけではないけれど、次の治療はない、ということは、遠からず諦めなくてはいけないかもしれないわけだから、そりゃそうよね。。

とはいえ、キレイになくせるかもしれないし、仮に残ったとしても、この年になればそうすぐには進行しないだろうし、あとはうまくつきあっていくしかない。

世の中、そうやってガンと共存して元気に生きてる人だってたくさんいるし。

と、あれこれいろんな話をして一生懸命励ましてきた。

あまりに落ち込んでる&父に説明しなければ、で、自宅までいっしょに行って母を送り届けて、父にも話をしてきた。

駅から電話をして「私もこれから行くから」といった時点で悪い予感がしたらしくて、そわそわ待っていた父。神妙な顔をして、「そういうことなら、助け合っていかなくちゃならんな」なんて分かったようなことを言っていたけど、またすぐ忘れちゃうのかな。

覚えてたら覚えてたで、また次は自分が病院に付きそうとか言い出して、それはそれでめんどくさいことになる。(行っても邪魔なだけで、何の役にも立たない。でも本人は役に立ちたいと思いたいという気持ちも分かるのだけれど)

当面の問題は、また1カ月半の間、父をどうするか。この前2週間の入院とい言われたときは、姉が夏休みの分で1週間休暇をとって実家に帰ると言っていたのだけど、1か月半となると。私だってずっとは行っていられないし。うーん、困った。




2016.06.03 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 母の入院



コメント

放射線

びっけさん、お久しぶりです。
お母様、大変ですね。そして親族の方も。
2年前、義父が肺がんでがん細胞も大きめで骨に浸潤している状態でした。痛みがひどく辛そうでしたが、かなり進んだ状態で手術はせず、抗がん剤と放射線治療をすぐに開始しました。やけども最初に言われましたが全然大丈夫で、がん細胞がかなり小さくなってすぐに痛みも減りましたよ。放射線が高齢者には一番良い治療だなと義父を見て感じましたね。その後は抗がん剤とモルヒネを少量飲み続けてはいますが、正直抗がん剤の副作用で体のあちこちに副作用がでるほうが辛そうです。減らしたり薬を変えたりしてはいるようですが、飲まないとガンが進行してしまうが生きるために他の症状と向き合わないといけないようです。今は病院にも遊びにも自分で出掛けられる状態です。ちなみに義父は68歳。義父のように放射線治療でガン細胞が小さくなってくれるといいですね。

2016/06/04 (土) 11:23:54 | URL | mako #/Gbb2fdw [ 編集 ]

makoさんへ

情報ありがとうございます。お義父さんはまだお若いのに大変ですね。でも、2年たってもお元気にしtらっしゃるとは心強いです。

うちの場合はもう高齢も高齢なので、ガンをなくすことよりも、いかに体の負担を減らして現状を保っていけるかということを考えるかですかね。

2016/06/04 (土) 12:02:08 | URL | びっけ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: