オトキソ2016バージョン

もう6月になっちゃったけど、今年も見てます、NHK Eテレの語学講座番組「おとなの基礎英語」。

シーズン5となる今回は、スタジオでのネイティブレギュラーを、4までずっと出ていたエイミーに代わり、サラ・オレインが担当。オーストラリア出身のアーチストである彼女、私はたまたま去年かおととしのアイスショーで羽生君と共演したというニュースを見て知っていたけど、巷ではどのぐらい有名な人なの?

wikiによると、オーストラリア生まれだけどお母さんが日本人らしく、日本語もカンペキでバイリンガル。どのぐらい話せるのかは分からないけどフランス語もイタリア語も話せるらしい。そして、東大に留学したとかシドニー大学を最高点で卒業したとか、めちゃめちゃ優秀な人という説明。

番組開始当初は、なんか暗い&コワイ感じで違和感があったけど(前任のエイミーのハッピーな感じとは真逆)、回数を重ねるにつれて、こちらもあちらも慣れてきたのか、これはこれで落ち着いた感じでいいかも。今回は、たぶん番組の方針として、ネイティブならではの発音のワンポイントアドバイスなどもあって、バイリンガルならではの分かりやすい指摘がいいと思う。(シーズン3までの坂下千里ちゃんのときは、発音なんてどーでもいい!っていう感じだったのにね) それにしても、内蔵がちゃんと入ってるのか怪しまれる細さに毎日目が釘付け。

生徒役は、モノマネタレントの福田彩乃。彼女がマジメでしっかり復習もしてるっぽく、毎週木曜日のウィークリーテストなんて毎回ほぼ満点じゃない? 歴代の生徒の中では一番優等生かもしれない。真似るのが得意だから、きっと発音もすごく上達しちゃうのでは。

ただ、番組のレベル自体は少し優しくなった感じ? 毎年4月は初歩的なところからスタートするというのを差し引いても、番組の構成自体が、今までは月~木と4回あったドラマが月~水の週3回となり、木曜日は全部復習。ということは毎回1つずつ覚えるキーフレーズも全体数が減っちゃうわけで。木曜日に用意されてる先生からのアドバイスコーナーも、中学生向けのごく簡単な文法の説明だったりして、ちょっと物足りない。むしろ千里ちゃんが生徒のときに、こういう説明してあげればよかったのに(笑)。

題材となるミニドラマの主人公は宮沢 氷魚(”ひお”と読むらしい)。あのTHE BOOMの宮沢和史の息子だって。ひお君は、wikiによるとクオーターって書いてあるけど、お父さんもお母さんも日本人っぽいのは謎。アメリカ生まれということで、歴代のドラマ主人公初のバイリンガル。おかげで彼がしゃべってるときも聞き取れないときが。。(現地のオージーおじさんの発音はもっと分からんが)

シーズン4ではドラマ自体は断片的な会話シーンの寄せ集めでつまらなかったんだけど、そんな苦情?が多かったのか、今回はちゃんと物語になってる。日本で忙しさのあまり情熱をなくした若きシェフが刺激を求めて渡豪。カワイイ女の子との出会いと別れなんてロマンス的要素も盛り込まれてる。

後半の7月からは主人公が交代するという話だけど、舞台は引き続きオーストラリアで、前編で出てきたメンバー出てくるようなので、話自体は続いているのかも。

正直、シーズン5ともなると、キーフレーズも前に出てきたものが多くて、目新しさはないんだけど、引き続き最後まで見るつもり~!
記事を保存
おまけ。オトキソと言えば。
シーズン1~3までドラマの主人公を演じていた肘井ミカちゃん。その後ニューヨークに留学して勉強を続けたとかで、この前「ニュースで英会話」という番組で英語のインタビューもやってた。発音もオトキソのときより数段もうまくなってたよ!

2016.06.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 語学



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: