読書録:『この複雑な世界が手に取るようにわかる』


最近流行の、現在の国際情勢を理解するために、それにまつわる歴史をおさらいしようというコンセプトの本。「序章」として全体的な解説をした後、アメリカ、ロシア、中国、イスラム圏という4つのエリアに分けて、それぞれの歴史を現在の情勢と結びつけて説明している。

各項目、見開きの右ページにやさしい文章での解説、左ページにマンガやイラストという構成で、堅苦しい本は苦手という人もなじみやすいようにできている。

ただ、全体的な印象として、ざっくりした説明しかない割にはピンポイントな話が突然出てきたりして、ちょっとアンバランスな感じも。加えて、同じエリアの話でも時系列順になっていない部分もあるので混乱してしまう。

総じてちょっととっちらかた感じが否めないので、そこは編集の仕方にもう少し工夫があってもよかったのではと思った。

と辛口になったけれど、気楽に世界史全体をなんとなくおさらいしたいとか、サラサラ読み流しながら、ちょっとしたウンチクを知りたいみたいな用途にはおすすめできるかも。

2016.06.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: