ありがとう

昨日の、超ネガティブな日記を読んで、いろいろな人が心配してくれた。


かけてくれた言葉に共通してるのは、今の私のこと、これまでの私のことを肯定してくれたこと。自分のことと重ね会わせて共感してくれたり、私の性格を分析して「そう感じるのは当たり前」、「自己嫌悪になることなんてない」ということを言ってくれたり。

表面的な言葉じゃなくて、ちゃんと私という人間の中身を分かってくれて、自分自身でも気がついてなかったことを「良いところ」として認めてくれていて、すごく救われる気がした。勝手にひとりで孤軍奮闘してる気になってたけど、みんなちゃんと見てくれてるんだって。

人に愚痴とか辛いこととか言うと、どんどんネガティブになっちゃいそうで避けてた部分もあるんだけど、こうやって吐き出せば、助けてくれる人がいるんだってことが分かって、すごく楽になれた気がする。

励ましてくれたのは、友人だけじゃなくて、次女もそのひとり。先週会ったばかりなのに突然帰ってくるっていうから何かと思ったら、ブログを読んで心配してくれたらしい。(いつも読んでるわけじゃないのに)

お得意のシフォンケーキを焼いてくれて(写真忘れた!)、白髪も染めてくれて(笑)、いろんな話もしてくれた。一番心にしみたのは、こんな話。

「辛いかどうかは、人と比べるものじゃない。感じ方は人それぞれなんだから、もっと大変な人もいるんだからと言って我慢することはないんだよ」って。
「いつもいつもポジティブでいようとすると、よけい自分を苦しめちゃうよ」とも。

彼女も、ここ数年就職してからいろいろ大変そうだった。それに対して、その都度いろいろ話を聞いたり励ましたりしてきたつもりだけど、私はこんな気の利いたこと言えたかどうか。でも、その気持ちはちゃんと伝わってて、今度は自分が励ます番だって思ってくれたんだよね。

そして、以前彼女が病んでたときにプレゼントした本を、「今度はママが読んで」って持ってきてくれた。自分が本が好きだからって言って、やたら人に本をプレゼントするのも迷惑がられてたりするかな、なんて思ってたけど、ちゃんと役に立ってたのね。

で、「ハグするとストレスは30%軽減されるんだって」って言ってハグして帰っていった。

帰宅後も、ダメ押しの長いメールをくれた。

正直、自分の娘からこんな風に励まされるとは思いもしなかった。いつの間にか、大人になってるのね。年もとるはずだ~。

そんなわけで、スパイラルの出口が見えてきました。

みんな、本当にどうもありがとう!!




2016.07.09 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 日々のできごと



コメント

娘の存在

辛そうなビッケさんに年下の私がなんて声をかけたらいいのかと思っていたのだけど、娘さんのお話を読んで暖かい気持ちになりましたよ。私も辛い時は娘にハグされたいな^^心の辛さを理解してくれて包んでくれる存在があるなんてびっけさんは幸せですね!

2016/07/11 (月) 07:54:47 | URL | mako #/Gbb2fdw [ 編集 ]

makoさんへ

心配かけてスミマセン。makoさんのところも娘さんふたりですよね。うまく説明できない「こころ」の問題って、やはり同性ならではのわかってもらえる部分ってありますよね。makoさんところも、娘さんふたりだから大丈夫!

2016/07/11 (月) 09:53:57 | URL | びっけ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: