読書録:『同時通訳者の頭の中』


ある言語を耳で聞きながら、同時に別の言語に通訳してしまう、同時通訳者。頭の中はどうなってるの?という素朴な疑問から、それを可能にするためのトレーニング方法、そして、英語の学習者に向けた勉強方法を紹介した本。

まず、タイトルにもなっている「頭の中」の秘密について。「聞く」ときについては言語化しないというのがポイントらしい。聞いた内容をイメージとして捉え、それを通訳する言語で口に出していく。なるほど、二つの言語がバッティングしないようにってことなのかな。

そういえば、やはり同時通訳の経験のある、NHKラジオの「攻略!英語リスニング」という番組の先生が、「リスニングのコツは、聞いたないようをビジュアライズすることです」と言っていたっけ。数年前にこの講座が始まったときは、その「ビジュアライズ」という作業がひとつの目玉になっていたような気がするけれど、不評だったのか(笑)、最近は「ビジュアルライズ」ということは言わなくなった、そういえば。

一般の学習者への勉強方法は、とても具体的な方法がたくさん示されている。語彙力を付けるにはエクセルを使うとか、レスポンス力を鍛えるにシャドーイングとか、そもそも英語学習を継続するには、TwitterやGoogle検索の使い方、辞書の使い分け方、海外のニュースサイトやTEDのおすすめ、などなど。とにかく幅広いので、全部と言わずとも何かしら、自分にもできることがありそう。

私自身はあまり関係ないから読み流しちゃったけど、最後の方にあったビジネスマン向けのアドバイスも、人によっては役に立つのでは。

印象に残ったのは、リスニング力を鍛えるのに最強の方法はディクテーション(聞き取って書く)であると強調していたこと。このことは、結構いろんな人が力説している。本当に一生懸命やれば、きっと力が付くんだろうな。時間もかかるから、なかなかハードル高いけどね。。。。




2016.07.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書録



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: