親切すぎて不親切

今月は誕生日=免許の更新月。

お知らせのハガキが来て、初めて気がついた。5年なんてあっという間ね~。

免許証の更新って、確かその場では終わらなくて、後日新しいのが郵送されるか、また取りに行くかどっちかだったよね。取りに行く場合は何日後ぐらいになるんだっけ?(今月末から2週間旅行に出ちゃうので)

と、ハガキをよーく見てもどこにも書いてない。Webで調べてもハッキリしない。10年前(!)に書いた自分のブログによると、「1カ月先」とあるんだけど、今も同じなのかしらん。

ま、運転しないから、余り関係ないんだけどね。

ところで、このハガキ。びっしりいろいろ書いてある割に、というか書いてあるから?すごく分かりにくい。
IMG_7441.jpg 

理由はたぶん、「~な人」に当てはまるパターンがいろいろあること。更新の種類(優良、一般、違反、初回、高齢者)、更新場所(地元警察署、即日交付のできる近くの警察署、試験場)、その他、外国籍の人とか変更事項のある人とか。。。

これらがびっちり書いてあるから、自分に関係ある箇所とそうでないところを、パッと見て見分けることができない。最初から順に追っていって、「ここは関係ない」「ここは関係ある」と判断しなくちゃならない。よく問い合わせのあることを、すべて先に書いておこうというのはありがたいけれど、情報入れすぎて分かんなくなるというパターン。

ちょっと前に、こんなのも見かけた。
親切からカオスになった!セブンイレブンのセブンカフェにおけるコーヒーメーカーの注意事項

これじゃ、そもそも読む気が萎えるし、お年寄りなどにはサッパリ分からない。

最近、理解力の落ちた年寄りが身近なので、特に気になる(笑)。

実家に行ったとき、さまざまな家電を使えない父を見ていると、ホント、日本の家電はボタンが多すぎると思う。電子レンジなどは、基本的にドアを開けて食品を入れて、ドアを閉めて「スタート」ボタンを押せばいいだけなのに、それ以外のボタンがいっぱいあるもんだから、分からなくなっちゃう。スタートボタンだけ色が着いてるから分かりやすそうなものだけど、父レベルになると、それでも迷っちゃうみたい。

せっかく「簡単」な設計も用意されてるのに、それ以外のものが目につくところにあるばかりに、「それだけ」を見ればいいという肝心なことが伝わらない。

機能やボタンが多すぎる、って話はよくいわれるけど、私も実際に父や母の生活に密着するまでは、あまりピンと来てなかったフシがある。モノ作りをしている現場の人は私より若い人がほとんどだろうから、やっぱり分からないんだろうねぇ。

これからどんどん高齢者社会が進むと、もう少しシンプルなものが普及するようになるのかしらねぇ。



2016.08.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: