ただいま!

結局、旅行中は更新できないままに終わっちゃったけど、一昨日木曜日の午後、無事に帰国しましたです。


この前アップしたベルギーのブルージュというところから、鉄道でオランダへ行き、ブリュッセルに戻って、飛行機で南仏へ。レンタカーで4日間ほどまわり、再び飛行機でパリへ。そこからまたレンタカーで、モンサンミッシェルなどノルマンディーをドライブ、パリに戻って4日間ほど過ごして帰国というスケジュール。

ブリュッセルだのニースだのパリだの、なんでまた今そこへ?と言われそうなルートだったけど、、、結果的には何ごともなく無事に帰ってこられてよかった。もう好きなことたくさんやったので、自分自身は何かあっても悔いはないけど、今死んだら老親の面倒をひとりでみる姉に悪いし、老親も可哀想だし、ヨメイリ前の娘たちも悲しむだろうし。とまわりの人のことを考えるとね、ホントによかった。

どこも警戒は厳しいみたいで、特にブリュッセルなどはウィークエンドビールというイベントをやっていたこともあってか、銃を持った兵士が街中を歩いてた。パリはどこの建物に入るにもセキュリティチェック。ユニクロでさえ! でも、ニューヨークもそうだったから、これはIS云々ではなく、最近は常識なのかも。

本来はEU内なら国境なしでフリーパスのはずが、ブリュッセル→マルセイユと空路でフランス入りしたときには、普通に入国審査があったり。そういえば最初にブリュッセルで入国したときも、「帰りの切符を見せろ」と言われたのは初めての経験。

滞在中も、在仏大使館からメールがきて(外務省の「たびレジ」というのに滞在の予定を登録していたので)、「ノートルダム大聖堂付近にてガス缶を積んだ不審な車両が発見された事案に関する注意喚起」なんてメールが来てたり。(関連ニュースはこちら

IMG_1003.jpg 

これは9月13日にノートルダム大聖堂前で見かけた光景。警官3人がこの車の中をしげしげと調べてた。

そんな状態なので、帰りのパリの空港もさぞかし警戒がきびしかろうと早めにいってみたら、あれれ、全然ノーチェック。インドの空港では入口でパスポートとチケット見せないと絶対入れてくれなかったし、バリ島とか他の国でも入る前に荷物チェックがあるところもあったのに、まったくなし。日本の空港と同様に、チェックインの後の搭乗前の荷物検査があるだけで。そんなんで大丈夫なの~と反対に心配になっちゃうけどね。

パリでは行列必須と言われるルーブルも意外にすんなり入れちゃったり、全体的に観光客が減っているのかなという印象。でも、名所には外国人観光客もたーーーくさんいて、みんな普通に楽しんでた。無事だったという結果論ながら、空いててラッキーだったみたい。

日数はたっぷりあるし、のんびり旅行のつもりが、結局よくばっていろいろ毎日忙しく動いてた。
IMG_1190.jpg 

普段は一日2000歩ぐらい、せいぜい5000歩ぐらいのところを、毎日1~2万歩近く歩いてた。年間の運動量と日射のほとんどを海外で稼いでいるような気がする。。。




2016.09.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016フランス・オランダ・ベルギー旅行



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: