映画『帰って来たヒトラー』

前にも書いた、地元の名画座。なかなかいいじゃん!と年会費払って会員になったので、また行ってきた。


今日見たのは、『帰って来たヒトラー』というドイツ映画。(以下ネタバレあり)

タイトル通り、あのヒトラーがタイムスリップして現代に蘇るというお話。最初の方こそ、時代錯誤なトンチンカンで笑わせるシーンが多いけれど、コメディ映画ではなく、とても考えさせられる見応えのある作品だった。

ある日突然この世に現れたヒトラー。売れない映像作家が、モノマネ芸人だと信じこんで作ったビデオがYouTubeでバズって、テレビでも大人気に。本人が大まじめに政治論をブツほどに大衆はそのそっくりぶりに大喜び。

本人は、「話を聞いてもらうことが先決」として、芸人だと思われることも気にしない。街では気軽に人々と2ショットセルフィーに応じる。そして、街中の人に「今の政治はどうだ?」とインタビューを重ねるうちに、現在のドイツは第二次大戦前とよく似てると感じ、今まさに自分がこの世に現れたのは「神意」だと考える。やがては、本も執筆し映画化もされ、フェイスブックで親衛隊を募集するなんてことにまで。

持論を熱く語りかける口調は人をひきつける力があり、本物のヒトラーもこうやって支持を集めていったのかなと思わされる。

彼が「ブレイク」するきっかけを作った映像作家は、とある出来事をきっかけに、このヒトラーが本物であることに気づく。「歴史が繰り返される」ことを恐れ、彼を消し去ろうとするものの、結局自分が精神病院に入れられてしまうという結末。エンディングは、現実に起きている暴動や移民排斥デモなどのニュース映像が流れるなか、それを見たヒトラーが「まさに好機到来」とほくそ笑むというシーンで終わる。

この映画はセミドキュメンタリータッチで作られていて、ヒトラーが街の人にインタビューするシーンは、台本なしで実際に街で行ったものらしい。(なので、ところどころ街の人の顔にモザイクがかかっている)

ドイツだけでなく、世界中の国が右傾化しているといわれている今、ヒトラーのように人心をつかむ強力な指導者が出てきたら……と考えると、とても笑ってはいられない。

というような問題意識を投げかける社会派映画なのでした。そこをタイムトリップ技を使うことで、娯楽性も持たせて堅苦しくなく見せたのは秀逸だと思う。

ドイツの今の政治勢力とか、ヒトラーの頃の将軍の名前とか、ほとんど知識がないのでよく分からなかった部分もあるけれど、ドイツ事情に詳しい人が見れば、もっと笑えるところ、感じるところが多いんだろうと思う。

#ひとつだけ、例のよくネットでも出回っている「総統閣下がお怒りです」のパロディーシーンは気がついたよ!

もうロードショー系の映画館ではやってないと思うけれど、機会があればぜひ!

ちなみに、原作の本もあります。こちらもベストセラーになったもの。
記事を保存

2016.09.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画など



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: