読書録:『氣の呼吸法』


以前、仕事の関係で『人生が変わる! 無意識の整え方』という本を読んだときに(そのときの読書録はこちら)、著者の対談相手の一人として出ていた合気道の専門家の話に興味を持った。その流れで読んだこの本は、その専門家の父であり、心身統一合氣道の創始者である藤平光一さんという人が書いたもの。

幼少時代病弱だった著者は、合気道を学び、その後「心身統一合氣道」なるものを創設し、その普及に努めた。それを現在受け継いでいる息子が先日読んだ本の人という関係。

心身統一合氣道とは何か。この本を読んだだけでは詳しくは分からないけれど、心と体が同一であることを自覚することが大事で、そのためにいかにうまく「氣」を使うかを修行するというような感じ?

この本では、むずかしい話はヌキにして、正しい姿勢、正しい呼吸法を身に着ければ、心身の健康が保たれ、免疫機能が保たれたり、冷え性や肩こり、不妊症、不眠症、うつ、更年期障害などの症状が治まるということが、わかりやすい話し言葉で書かれている。

シンプルにいうと、「氣の呼吸法」によって、全身に酸素を送り、毛細血管のすみずみまで血流がよくなることで、自然治癒力が高まり、いろいろな心身の不調が収まるということ。

呼吸法だけでガンも治る等と言われると怪しげだけど、言っていることはあながちウソじゃないと思う。基本的に呼吸が体の基本というのはその通りだと思うし、イメージとか心の持ち方次第で、体の健康にも関わってくるというのも、本当だと思うし。

なので、「氣の呼吸法」とやら、私もマスターしてみたいけど、この本をさらっと読んだだけでは、そう簡単に身につくものではなさそう。一度講習会とか受けてみたいかも(笑)。



2016.09.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書録



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: