ヨガのルーツに出会う映画『聖なる呼吸』

恒例の地元シネマで観てきた映画。


聖なる呼吸

ヨガの起源に興味を持ったドイツ人監督が、南インドを訪れて「近代ヨガの父」と言われているティルマライ・クリシュナマチャリアの子供たちや弟子にインタビューするドキュメンタリー映画。

ヨガの起源は古いと言われるけれど、元々はインドでも年配者や僧侶が細々とやっていて、ヨガをやる人への偏見もあったらしい。それを、このクリシュナチャリアという(絶対名前覚えられないね!)人が、哲学と実践を大学で教え、それが当時の王様に雇われることになり、身体能力を高めるためのものとして発展したと。そして、彼が確立した方式が現代に伝わるヨガの源流となったらしい。現代のインドでどのぐらいポピュラーなものかはよく分からないけれど。

ドキュメンタリーなので、映画自体はめっちゃ地味。普段ヨガをやっている私にはなかなか興味深かったけど、ヨガに接点のない人がみても眠いだけだと思う(笑)。

ここで出てくるヨガは、まさに修行で、今私たちがお気楽にやってるハリウッドヨガとかパワーヨガとはかなり違うもの。なので、この映画を観たからといって、ヨガをやる上で何かの役に立つというわけではないのだけれど。

映画の中では、監督自身が、登場する師の教えに従ううちに、できなかったポーズが上達するシーンなどがあった。体の中の力を入れる場所とか意識する場所のツボを教えてもらうだけでも、ずいぶん効果があるみたい。そして、辛そうに見えるポーズも、完成すると楽なのだと。そういえば、普段習ってるヨガの先生も「アーサナ(ヨガのポーズの総称)の基本は快です」って言ってたっけ。

正直、私にとってはストレッチの延長みたいなものだけど、こんな運動音痴の私でも続けられる貴重なスポーツだと思って、末永くがんばりましょっ。




2016.11.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画など



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: